« 何とか間に合った | トップページ | 修理のスキルが上がった »

2014年9月26日 (金)

できるだけ、人体に近い形で干す

今のマイブームは、洗濯もの干しです。天気の良くない日が続いたとき、ハンガーに掛けたシャツの腋の下の乾きが悪いのが気になりました。生地が重なる部分に、風が通るような形で干せばいいんだと、いろいろ、やってみました。袖の部分が伸びるように、着物ハンガーみたいなものを作ってみたんだけど、その形では、襟の部分が落ちてしまい、いまいちでした。結局、ハンガーの肩先に、適当な長さに切ったペットボトルをはめて、身体の厚みを作るのが一番いいみたい。いくつか作って、かなり、気に入って使ってます。干すものは、ヨレヨレになったシャツや、Tシャツなんですけどね。厚手の長袖を着るようになったら、袖の部分をどうするか、また、考えます。

|

« 何とか間に合った | トップページ | 修理のスキルが上がった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/60378940

この記事へのトラックバック一覧です: できるだけ、人体に近い形で干す:

« 何とか間に合った | トップページ | 修理のスキルが上がった »