« 今日も、天水桶で遊びました | トップページ | コゲパンと墨丸 »

2013年4月 8日 (月)

小暮写真館、ドラマ化

小暮写真館、初回の放送を見た後、読み直しました。何回か読んだ本なので、読み返すといっても、初めから通してじゃなく、日によってパタンと開いた所を読むいい加減読みだけど。初回はそうでもなかったんだけど、昨夜の2回目を見たら、原作とあまりに違うのでびっくり。ふたつの話を1本に押し込んだので、話が食い違わないように、余分な処理をしたり、わかりやすい結末にしたり、ここまでしていいのかなあ。そのせいかどうか、今まで映像化されたのを見ると、頭の中にあったイメージが消えて、ドラマの配役に乗っ取られちゃんだけど、今回はそういうことはありません。中でも、ピカとテンコは、私の頭にあるイメージと、全然、違う。そのうえ、次回の予告を見たら、次の心霊写真を持ち込むのは、コゲパンみたい。コゲパンがコゲパンじゃないみたいなんだけど、コゲパン好きなので、ほんとにそうなら、残念至極です。

|

« 今日も、天水桶で遊びました | トップページ | コゲパンと墨丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/57132231

この記事へのトラックバック一覧です: 小暮写真館、ドラマ化:

« 今日も、天水桶で遊びました | トップページ | コゲパンと墨丸 »