« 家の中がすごい事に | トップページ | ご馳走様でした »

2012年4月13日 (金)

本屋大賞決定

「舟を編む」が、本屋大賞に決定したようです。候補作の中で読んでたのは、「舟を編む」と、「ビブリア古書堂」だけなんだけど、この二作の中では、「舟を編む」だろうと予想してたから、まあ妥当という感じです。「ビブリア古書堂」になったら、文庫版で受賞するのは初めてだったから、残念な気もします。しかし、本屋さんの商魂はたくましい。決定前に、候補作を並べるのはわかるとして、「ビブリア古書堂」の横には、中に出てくる本、「クラクラ日記」とか、「それから」とかが並んでいました。「ビブリア古書堂」を読んで、中に出てくる本も読んでみようという人、どれぐらいいるんだろ。私はそういう気にはならなかったけどな。でも、「舟を編む」を読んで、手持ちの辞書に思いが行くことはあっても、じゃあ、辞書を買おうという人は多分いないと思う。してみると、「ビブリア古書堂」が受賞した方が、本屋としては良かったのかな。今まで、2冊出ていて、3冊目も、そのうち出るはずだから、一粒で三度おいしいって事になったのにね。

|

« 家の中がすごい事に | トップページ | ご馳走様でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/54462403

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋大賞決定:

« 家の中がすごい事に | トップページ | ご馳走様でした »