« 書類上は夫 | トップページ | おやつは乾パン »

2012年2月17日 (金)

この誤読は、ちょっとねえ

今、休ませてもらってるけど、対面リーディングしてる方から、メールをいただきました。某・長編時代小説を読んでたら、聞きなれない名前が何回か出てきた。初耳の名前だなあと思ってたら、章が進み、その人が、ある築城工事を任された。でも、その築城工事をしたのは、○○という記憶があるので、本の読みは誤読してるんじゃないだろうか。気になるんで、調べてくれませんかという依頼でした。
そりゃ、誤読でしょう。そんな有名人ではないけれど、私でも、何となく知ってる名前です。でも、会に所属していたころ、実在の人物・地名などの固有名詞は、自分の知識を信じちゃいけない。きちんと調べるようにと叩き込まれました。その本、若いころ読んだことはあるんだけど、手元にはないので、私の思ってる読みと、音訳者の読みと、2回、ネットで検索しました。当方の読みでは、いろんなページ出てきたけど、音訳者の読みでは、ひとつもヒットせず。著者がルビを振ってる可能性ないわけでもないけど、史実に忠実な記載をする著者なんで、その人だけ、変なルビが振ってあるとは考えられません。こんな誤読をするとはねえ。どういう誤読をしているか書くと差し障りがあるので、書きませんが、将棋の羽生さんを、ハニュウさんと言ってるようなものです。今、音訳に携わってる関係者の方、どの本か、気になさるだろうけど、最近の音訳ではない、かなり前の録音です(書くこともないんだけど、当地の音訳ではありません)。誤読わかったにしても、大長編ものだから、全部読み返すことなんて事は、勿論しないだろうし、その人の出てくる部分だけ読み直すこともしないだろうな。今、録音してはめ込むと音質もずいぶん変わるしね。私は、もう、プライベートしかしないから気が楽だけど、誤読には気を付けよう。でも、相手のほうが知識あるから、「それ間違ってませんか」と教えてもらう展開になるかな。

|

« 書類上は夫 | トップページ | おやつは乾パン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/54008929

この記事へのトラックバック一覧です: この誤読は、ちょっとねえ:

« 書類上は夫 | トップページ | おやつは乾パン »