« パソコン1台、あきらめる | トップページ | のんびり »

2011年12月26日 (月)

王妃の簪・その2

先だって、「トンイ」の王妃の簪のことを書いたので、昨夜も、簪に目が行ってました。前王妃、宮廷に返り咲いたけど、簪は、赤い珠をくわえた骨太の龍でした。ヒビンの簪は、2枚の大きな羽があったんで、龍じゃなく、鳳凰だと思うんだけど、精巧な華奢なつくりでした。王妃のみに許された金色の簪。所有権はどうなってるんだろう。王室所有なのか、個人所有なのか、どっちなんだろ。全然覚えてないんだけど、王様の母は、どんな簪してたんだろう。立派な簪だったという事だけは覚えてるから、今の王妃がしてる簪だったのかな。回想場面があればいいのに。ネタバレになってしまうけど、話が進むと、新しい王妃が出てくるはずです。その王妃がどんな簪を挿してるか、それも楽しみにしてよう。

|

« パソコン1台、あきらめる | トップページ | のんびり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/53572575

この記事へのトラックバック一覧です: 王妃の簪・その2:

« パソコン1台、あきらめる | トップページ | のんびり »