« 久々に声を出したら気持ち良かった | トップページ | 何の雑音だろ »

2011年8月 1日 (月)

ネットさま・さま

今、唐招提寺修理の本を読んでます。文中に、新しく作った「鴟尾」の銘文があり、読みがわからない。
「以往古鴟尾裂損金堂解体修理之間拠旧規造替之願大和上過海之鴻図与此鴟尾不朽」 (旧字は、今の字で表記したつもりなんだけど、間違いがあったらごめんなさい)

さあ、どうしよう。レ点があってもわからないのに、白文がわかる筈がない。前回、漢文の長文あった時は、相方の知り合いに教えてもらいました。人に頼る前にまずはネットで検索しようと、「唐招提寺・鴟尾・銘文」で検索してみました。そしたら、いくつめかのページに、この銘文を作った東野治之教授の著書「鑑真」があり、紹介文のなかに、この銘文の読み下し文が載ってました。その読み下し文は、以下の通りです。

「往古の鴟尾裂損せるを以て、金堂解体修理の間、旧規に拠りて之を造り替えす。願わくは、大和上過海の鴻図、此の鴟尾とともに不朽ならんことを」

こんな風に、ドンピシャでわかる事もあるんだ。岩波新書の新刊紹介で、岩波書店のホームページでした。岩波さんありがとう。この話をリクエスト主にすると、「今度は、その鑑真読んでください」なんて事になるかな。

|

« 久々に声を出したら気持ち良かった | トップページ | 何の雑音だろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/52363655

この記事へのトラックバック一覧です: ネットさま・さま:

« 久々に声を出したら気持ち良かった | トップページ | 何の雑音だろ »