« 図書館・利用者カード | トップページ | 天水桶の修理 »

2011年3月 7日 (月)

自分のアクセント辞典

下読みをしていると、アクセント辞典は必須です。今まで、NHKアクセント辞典を使ってたんだけど、この頃はアクセント調べるのもネットになりました。大辞林ひくと、アクセント表記があるので、もっぱらそれを利用してます。自分の本なら、アクセント記号書くんだけど、次は、図書館の本でやるので、書き込みができない。メモ程度だと、走り書きになって、自分の書いた字でもわかりにくいだろうな。エクセルで、ページ・言葉・アクセント番号を入力すれば、手書きするより早くて見やすいからいいかも。それに、録音する時。音訳ソフトの横に、エクセルも開けば、迷った時すぐ確認出来て、一石二鳥です(そんな事いうより、読む時迷わないように頭の中に叩き込みなさいといわれそうだけど)。ここで、遠大な計画。これから読む本、1冊ごとにそういう扱いにして、そのデータまとめれば、自分の調べた言葉の一覧、自分のアクセント辞典ができるじゃない。どういうアクセントが弱いか、一応、自分で承知はしているんですけどね。アクセント記号0が、4になって、下がってしまうことが多い。でも、どうせ入力するんだから、やってみよう。校正で指摘されたアクセントを、赤字か、太字で入力するというものありだな。どうして今まで気がつかなかったんだろう。新しい事をやるのは、ちょっと嬉しい気分です。

|

« 図書館・利用者カード | トップページ | 天水桶の修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/51055477

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のアクセント辞典:

« 図書館・利用者カード | トップページ | 天水桶の修理 »