« 赤鬼・青鬼2人分 | トップページ | のんびり朝寝坊 »

2011年2月 5日 (土)

長期戦になりそう

大正・昭和にまたがり、16年の期間を要した丹那トンネルの工事、当初の予定では7年でした。その後を追う訳ではないけど、「丹那トンネルの話」の音訳、当初の予定より、ずいぶんかかりそうです。工事の内容は、先回、子供向けの「トンネルの話」をやったのでわかってます。だから、そんなに苦労しないはずと思ったら、大間違い。大人向けの本は、難しい言葉が沢山でてくる。昭和8年の発行です。見た事のない字も次から次へと出てきて、何と読むのか、見当がつかない。時間かけて、漢和辞典で調べてます。

そういう難しい字だけが問題かというと、そうではない。「略東西南北」という言葉がありました。略って何と思ったら、「ほぼ、東西南北」でありました。この何ページか前に、略決定しましたというのは、ほぼ決定しましただったのかな。訂正しなくちゃ。仮令、四時、日子も辞書をひきました、仮令は、ケリョウ、意味は、たとえば、たとえ。四時は、シジ、春夏秋冬の総称。日子は、ニッシ、日数の事だそうです。このまま、音訳しても、たぶん聞いてる方もわからない。かといって、原文に忠実に読んで、カッコ書きをつけるというのも、聞いてて気になる。プライベート版なので、相手の意向を伺って、今、一般的に使ってる言葉に読み替える事にしました。そして、本命の旧字体、表示するの面倒なので、いちいち挙げないけど、読めない字が、これでもかと出てきます。「丹那トンネルの話」頼まれた時、「トンネルの話やったので、全国の音訳者の中で、丹那トンネルの事、いちばん詳しいかも」なんて冗談を言って引き受けたんだけど、漢字の事は頭になかった。長丁場になりそうです。でも、どんな時間かかっても、漢字を調べるのは、坐ってできる。丹那トンネル掘るのに比べれば、どうって事ない。本の内容、丹那トンネル掘る過程は、壮絶です。

|

« 赤鬼・青鬼2人分 | トップページ | のんびり朝寝坊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/50756330

この記事へのトラックバック一覧です: 長期戦になりそう:

« 赤鬼・青鬼2人分 | トップページ | のんびり朝寝坊 »