« 猫と一緒に昼寝 | トップページ | 小鼓の音、原因がわかりました »

2011年2月15日 (火)

発泡スチロールの蓋、活躍中

今、音訳しているもの、ネット上で公開されてます。でも、そのままでは見にくいので、A3でプリントアウトしてくれました。活字は大きくていいけど、何せ、紙も大きい。今までの書見台は使えず、大きめの菓子箱にピンでとめてやってました。でも、どうも、いまいち。もう少し大きければいいのに。そうだと思いついて、発泡スチロールの箱の蓋を使う事にしました。縦、横とも、A3より、少し大きいので、ジャストフィット。どうしてこれに気がつかなかったんだろう。ピンの穴だらけになった菓子箱は引退して、今は、発泡スチロールを使ってます。ピンもすぐ刺さって、誠に具合がいい。ほぼ、半分まで来ました。2月中に終わるといいんだけど、時間がかかる調べごとしながらだから、ちょっと無理だろうな。仕上がるころには、発泡スチロールも、菓子箱同様、穴だらけだろうけど、またの機会があるかもしれないから、取っておこう。

|

« 猫と一緒に昼寝 | トップページ | 小鼓の音、原因がわかりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/50870118

この記事へのトラックバック一覧です: 発泡スチロールの蓋、活躍中:

« 猫と一緒に昼寝 | トップページ | 小鼓の音、原因がわかりました »