« 招き猫に七福神 | トップページ | 追跡 家主がいない »

2011年1月22日 (土)

原文が違う

このところ、録音は、デジタル録音1本です。でも、利用者のもとに届けるのはテープ。テープに落とす録音デッキの調子が心許ないので、NHK俳句2月号、もうひとりの担当の方に、1巻・2巻とも読んでもらうようにお願いしました。校正・発送はやるんで、せめて、下調べはちゃんとしようと、昨日いろいろ調べてました。竹下しづの女の句が出てくるんだけど、その句集が、風偏に台の字。タイしか読みようがないだろうと、調べてみたんだけど、一向に出てこない。それではと、その句と、句集名のふたつで、検索したら、句集は「颯」でした。ハヤテなんだ。どこで、間違いが起きちゃったんだろ。今までは、まさか原文に間違いはなかろうと、長い時間あれこれ調べたんだけど、この頃は、もしかしてと、近道をするようになりました。でも、竹下しづの女も、ハヤテという句集出したのに、タイになってたら、あの世で驚いてるだろうな。

竹下しづの女、「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉(すてっちまおか)」が良く知られてます。夫の死に際し、「子供は立派に育てます。心配なさるなっ」と耳元に口をあて大声で言った気丈夫な女性と、当の記事に書いてあります。誤植なんかしてると、大音声で、怒られそう。

|

« 招き猫に七福神 | トップページ | 追跡 家主がいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/50652079

この記事へのトラックバック一覧です: 原文が違う:

« 招き猫に七福神 | トップページ | 追跡 家主がいない »