« アバター | トップページ | 朝から戸をはずす »

2011年1月13日 (木)

テープ化トラブル・顛末

NHK俳句、当会では、テープ発送です。1月号、90分を担当。デジタル録音し、テープに落としました(テープエクスポートではなく、手作業でテープに落とすだけ)。校正用の分はきれいに落とせたんだけど、修正後のマスター用は、キイキイ異音が入り、使えず。その後、何回かやり直したものの、テープの走行音やや高め。両方を聞き比べ、迷いに迷い、やはり全部修正したのがいいかと、昨日は、走行音高めをマスターにして、テープコピーしました。帰ってきて、コピーしたのを聞いたら、やはり気になる。校正で指摘された数箇所、許容範囲なので、修正するかどうかは任せると言われました。その中のひとつは自分でも気になるけど、今回は勘弁して貰おう。全体が聞きにくいより、ひとつふたつの言葉が気になる方がいいだろう。。気になったので、昨日あらかじめコピーしたけど、今日が発送日です。昨日の分をチャラにして、もう1回、校正用のテープをマスターにして、コピーし直しました。来月も、担当なんだけど、今回と同じ事になるのは辛い。もうひとりの方、仕上げるの早い方なので、事情話して、1巻、2巻とも読んでくださいとお願いしました。引き受けて貰ったので、ホッとしました。

でも、昨日、テープコピーしてたら、録音室から出てきた方に、デッキから雑音するので聞いてみてくださいと頼まれました。何も操作しないのに、スイッチ入れただけで、ザーザー音がする。これに比べたら、テープの走行音、やや高めなんて問題じゃありません。あんなデッキが使用可能状態になってていいんだろうか。その方、しかるべく連絡すると言ってたから、直ると思うけど。

|

« アバター | トップページ | 朝から戸をはずす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/50575629

この記事へのトラックバック一覧です: テープ化トラブル・顛末:

« アバター | トップページ | 朝から戸をはずす »