« 人間ルンバ | トップページ | さすが、プロ »

2011年1月 7日 (金)

アクセスエラー

音訳ソフトのPRS Pro、録音する時、XPでは、ときどき、アクセスエラーを起こしてました。7にしてからは順調だったんだけど、昨夜、アクセスエラー連発、どうしてなんだろう。俳句1月号の校正するべく、テープ預かりました。テープトラブルで痛い思いした事あるので、出来るだけ、テープの作業はしたくない。テープをデジタルに落として校正しようとしたら、録音途中でアクセスエラーで止まってしまい、何回かやり直しました。う~ん、何が原因なんだ。

自分の分も校正お願いしたんだけど、「訂正あると、もう1回テープに落とさなきゃいけないんで、許容範囲ならOKにしてください。テープに落とすのに90分かかるもんですから」と頼んだら、「えっ、そんなに時間がかかるの?」という答えが返ってきました。USBで校正してもらえば、90分1回で済むのにね。それだけじゃない。テープに落とすごとに、ちゃんと落ちてるかどうか聞き直さなきゃいけない。90分テープ1本作るのに、どれだけ時間がかかるんだ。テープで修正すればいいのにと言われそうだけど、私の録音デッキのリモコン壊れてしまいました。ただでさえ、操作音入るのに、本機で操作したら、もっと、操作音がひどくなる。それに、デジタル録音の修正に慣れてしまったので、もう、テープでの修正できません。当会、テープ録音してる人のほうが多い。その中で、デジタル録音やってるから、こういう余分な時間がかかるんだよね。でも、俳句の担当、あと1回だからいいや。そのあとは、ファイル便で送って校正してもらい、利用者にもファイル便で送るという、プライベート録音の個人的な活動にします。

|

« 人間ルンバ | トップページ | さすが、プロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/50512912

この記事へのトラックバック一覧です: アクセスエラー:

« 人間ルンバ | トップページ | さすが、プロ »