« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

すみません、誤読でした

「面白くて 傘をさすなら げんげん野」
NHK俳句1月号、「俳人のことば」に載っていた、長谷川かな女の句です。

げんげん野の読み、「げんげんの」か、「げんげんや」か、どっちだろう。調べてもわからなかったので、打ち合わせの時、もうひとりの担当の方に伺ったら、やはり、首をひねってる。俳句の読み、調べようと、その句が載ってる句集にあたっても、ルビなくて、結局わからずじまいの事がよくあります。その場では、「げんげんや」で読もうという事になりました。その句が載ってる「俳人の言葉・長谷川かな女」、私の担当の方に入ってます。家に帰ってからも、どっちの方がいいだろうと思っていたら、「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖降る」が頭に浮かんでしまいました。「げんげんや」じゃなく、「げんげんの」じゃないのかなあ。誤読の可能性もあるけれど、「げんげんの」で読ませてくださいと電話して、そのまま通させてもらいました。
昨日、30日が、そのコーナーの放送日。さて、どっちだろうと番組見てたら、「げんげんや」でありました。すみません。誤読でありました。あれこれ思わず、「げんげんや」で読んでおけば良かったなあ。「俳人のことば」、ご本人が、句を読んでます(亡くなってる方は生前の音声。この方、こういう声だったんだとそれも面白いです)。その句に対する思いも述べられていて、テキストの内容より、はるかに詳しい。こういうのは、番組見ればいいんだから、録音しなくてもいいんじゃないかなあ。入選句も、しかり。テープに入れるにしても、入選句は、遅れてテキストに載るから、番組の音声そのまま使えるのに、著作権どうこうがあってダメなんだろうな。「番組の音声使えるといいのに」なんて言ったら、また、「何考えてるの」なんて言われそう。こんな事書いても、誤読してしまった者の繰り言にしか聞こえないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

B4の原稿

B4版の原稿読み始めましたが、大きい。大きすぎる。書見台、パソコン周りの配置、大きくてもハードカバーの大きさまでの対応です。B4版、ペラの原稿を読むのは想定外。前回、新聞切り抜き「映画、そして音の旅」をやった時、菓子箱にピンでとめたのが具合良かったので、そのまま、菓子箱使ってます。しかし、五十肩が痛くて、左腕がちゃんと伸びない。もうちょっと取り回しが楽な大きさだといいんだけど。B4の紙ぐらい、どうってことないじゃんと言われそうだけど、これがなかなか大変なのであります。

さて、どうしてこんな時間に更新してるかというと、サッカーアジア杯・決勝のため起きてます。試合開始が遅いので、今までの試合、全然見てません。土曜深夜という事で、決勝くらい見ようかと思ってるんだけど、きっとハーフタイムくらいで寝ちゃうんだろうな。
同日14時追記
ハーフタイムまで持たなくて、試合開始10分後ぐらいに寝ちゃいました。夕御飯食べた後、サッカーに備えてひと眠り・ふた眠り。サッカー見なかったのに、翌朝は朝寝坊。日本中、寝不足の多い中で、いちばん寝てるかも。それでも、夜中の大きな声で、日本勝利はリアルタイムで知りました。
後日修正
「B4の原稿」とタイトルにまでしてるのに、正しくは、「A3の原稿」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

プライベート版5冊目、録音スタート

昨年末、プリントアウトしてくれたのに、手つかずでいた「丹那トンネルの話」録音始めました。ネット上でアップされてます。PDFなので、倍率大きく出来るんだけど、音訳するには、1行を全部表示させたい。先だっての「トンネルの話」は、倍率、1行表示、いろいろ勘案して、ギリギリセーフでした。「とても面白かった、もっと詳しい本があればいいのに」と言われ、同じ土木学会図書館で、大人向けの、「丹那トンネルの話」を見つけました。子供向けは、ややこしい周辺情報、抜いてますが、これは、そのあたりも全部載ってます。我家のA4サイズまでのプリンターでは、印刷してもさして大きくならないので、「大きく印刷してくれれば音訳できるんだけど」と言ったら、B4サイズのこりゃ何だというのが、ドサッと届きました。

プライベート版作るの、これが5冊目です。会で蔵書として読んだのは、数年で8冊だったのに、この1年弱で、5冊目にかかります。この違いはなんだろ。プライベートだからと言って、手を抜いてる訳ではない。校正もして貰ってるし、一連の作業は、蔵書と全く同じなんだけど。相手の希望やら、これ面白そうですけどどうですかと読んでます。5冊のうち、4冊は、たぶん、どこにも音訳版がないものです。前回の「映画、そして音の旅」(新聞連載なので本じゃないけど)、「映画好きにはたまらない内容なんですけど、どこかにアップする道はないんですか」と言われました。ウ~ン、ないのよねえ。今から読む「丹那トンネルの話」も、その子供向けバージョン「トンネルの話」も、戦前土木名著100著として、土木学会図書館にアップされてます。一時代前の古い話ではない、とても、面白い内容です。サピエ図書館に、データをアップできる図書館に所属してると、アップが可能です。私、現時点では、所属してるのに、どうして蔵書で読まないかというと、これを書きはじめると長くなるな。今まで散々書いてきたし。「あなたの読みが下手だからアップ出来ない」と言われれば、すぐ納得するんだけど、どうもそれが問題ではないみたい(もしかすると、それがほんとの理由だったりして)。「映画、そして音の旅」、全く個人的に読んだので、興味のある方いそうだったら、どうぞ、ご自由にムニャムニャという事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

安心して校正

NHK俳句2月号の校正終わりました。昨日、FAXで校正表送信。今回は、マスターではなく、コピーテープで校正したので、大安心でした。なんせ、テープトラブルとは仲良し。自分の録音したテープで、トラブル起こしても、トホホと泣くだけでいいけど、人さまのものはそうはいかない。おまけに、発送日決まってるテープです。テープトラブル避けるために、コピーで校正したんだけど、おまけにいい事もついてきました。マスターテープが相手の手元にあるので、校正終わってから、もう一度、出向く手間が省けました。大先輩からは、そういう手間をかけるのも仕事のうちと言われそうだけど、省ける事は極力省きたい。そういえば、蔵書に関する部に居た時、「蔵書の校正、マスターじゃなく、コピーテープでやったらどうですか」と提言した事ありました。問題にもされず、部会にかかる事もなく、実現はせず。今まで別にテープトラブルなかったし、校正のためにわざわざコピーするのもという事でした。あのころ、既に、私は、録音中も、自己校正中も、テープトラブルにあってたけど、他の人はそうじゃなかったんだろうな。「まだ新米なのに、いろいろ言うだけは言う」なんて事も言われてたのかも。

テープとのお付き合い、これが最後です。最後にトラブルなく終わって良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

残念、アカデミー賞ノミネートならず

映画好きじゃないんで、アカデミー賞、特に関心ありません。だけど、今年は大いに気にしてました。長編アニメ大賞の審査作品に、「サマーウォーズ」があったからです。「サマーウォーズ」をノベライズしたものを、プライベートで、音訳しました。サピエ図書館に、点訳版しかない。プライベート版で読んだのを、何とかサピエにアップする道はないかと探りつつ、発表の日を待ったんだけど、ノミネート逃しました。それと一緒にするのも何だけど、当方の、もしかしたらという道も、空振りに終わりました。所属してる図書館で登録すればいいんだけど、出来上がった音声データが手元にあっても、録音テープ版と同じ受付なので、完成扱いまでに時間がかかります。完成しても、地元優先という事で、何箇月か後にサピエにアップになる。アカデミー賞で話題になる時までには到底間に合わないから、何とかならないかと道を探したんだけど、ダメでした。もう、今から、所属してる図書館に登録しても、完成まで居ないから仕方ない。サピエにアップ出来たらいいのにという願いは、流す事にしよう。それに、去年の8月に完成させた本が、まだサピエ図書館のページでは、着手のままになってる。当地の図書館、サピエへのアップをどう考えてるのかわかりません。まあ、そんなことは、今更言っても仕方がない。「サマーウォーズ」は、ほんとに残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

相変わらず、トンマ

NHK俳句2月号、読み終わったと連絡受けたので、校正のテープ受け取るべく、図書館に出向きました。いつもは1巻づつ担当。読む前に打ち合わせするんだけど、今回は無理言って、2巻ともお願いしました。ここはこういう処理をしたから等、説明を受けて、さあ、家に帰って校正しよう。図書館を出て、かなり経った所で、コートを忘れてきた事に気がつきました。明日、図書館のすぐ近くまで行くんで、その時でもいいかと思ったんだけど、これ、誰のだろうと言われるのもなあ。やっぱり取りに戻る事にして、本日、2回目の駐車チケット。ほんとにトンマな奴だ。こんなトンマな奴が、校正しても大丈夫かしら。

前会長さんに、「○○さん、久しぶりねえ、道覚えてた?」と声をかけられ、「ええ、何とか迷わず辿り着きました」と答えたあたりまでは、ちゃんとしてたんだけどなあ。図書館での予定終わって、気が緩んで、コート忘れちゃったかな。コート、車の中に置いておけばいいようなものだけど、暖房控え目なので、寒い事もある。まあ、途中で気がついただけ、いい事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

マンモグラフィー初体験

市から、マンモグラフィーの無料クーポン券が来てたんだけど、そのままにしてありました。2月末日まで有効。身近で、乳がんになり大変な思いしてる人もいる。そろそろ行かないと。重い腰をあげて行ってきました。「オッパイ小さい人は、痛いんだよ」と、友達に散々脅されてたんだけど、何の痛みもなく終了。小さくても痛くないじゃん。市の検診では、マンモグラフィーのみ。超音波検査もやった方がいいと勧められ、二度手間になるのもと、無料検査から、自己負担検査に切り替えました。マンモグラフィーも1方向だけから、もう1方向追加で、2方向からとなりました。無料検査だと、結果は、後日、市から郵送だそうだけど、その場で詳しく説明して貰いました。へえ、私のお乳はこうなってるんだ。

何より大切なのは、日頃の触診。お風呂でやってくださいと、やり方教えてもらい、1年に1度の検診を勧められました。無料クーポン券は使わなかったけど、これが来なかったら、検診受けようとは思わなかった。いいきっかけになりました。来年の今頃、また行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

合槌をうってるうちにヒートアップ

このところ、録音図書を統括してる図書館から足が遠のいていました。だから、現状どうなってるか知りません。ここ2箇月、雑誌の担当なので、担当組むパートナーと会ったり、電話で打ち合わせしてると、申し合わせたように、図書館員に対する不満が出てきます。それに合槌を打ってるうちに、こっちの方がヒートアップして、拍車がかかって、いろんな事が出てくる。いかん、いかん、不満やクレームなら山ほどあるんだけど、言っても何も変わらないから、もう言わない事にしたんだった。図書館自体が方向転換したのか、その方の資質なのか、担当者が替ってから首を傾げる事が多くなりました。

1年ほど前、他の館の録音図書部門担当の司書が講師の講演会に出ました。ちょっとつながりある方だったので、「当地の現状こうなんですけど、図書館全体として、こういう方向を目指そうという共通認識はないんでしょうか」と、講演会が終わった後、個人的に聞いたら、「そんな図書館に所属してる事はない。気持ち良く活動できる図書館に変わったほうがいい」とアドバイスを受けました。そんな事いってもなあと思ってるうちに、個人的な場ができたので、図書館から足が遠のきました。担当者が替った2年前は、いろんな事に手を出し、図書館に行く事が多かったんで、みんなより早く不満を感じたのかもしれない。今まで仕事してきた中で、お目にかかった事のないタイプで、口アングリの事が多かった。そんなに若くない方なんですけどね。それが理由という訳ではないけど、この2月で、その図書館に行く事もなくなります。さて、今後の展開はどうなるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

追跡 家主がいない

昨夜のテレビ、メインは、「死闘 将棋竜王戦 渡辺明対羽生善治」 
竜王戦の流れ(と言っても、本筋の将棋ではなく、単に勝敗)は知ってたんだけど、とても面白かった。来期の竜王戦はどうなるんだろ。

それが終わって、見るでもなく、「追跡 迷惑 空き家が都会で急増」を見始めました。
へえ、すごいと思って見てたけど、空き家が増えてるのは、別に都会だけじゃない。今、住んでる所、隣保、もともと、戸数少ないのに、そのうちの3軒、空き家になりました。都会と違って、家主の所在はちゃんとわかってて、亡くなったり、施設に入ったりです。息子さんや娘さんの連絡先も、昔から住んでる方がちゃんと判ってるし、草ぼうぼうとか、家に植物が絡みついたり、ゴミ捨て場になってる事はない。それでも、空き家は空き家です。別にその番組を見たからという訳ではないけど、相方は、実家に出かけて行きました。ときどき草取りをし、庭屋さんも入ってるので、荒れた雰囲気にはなってないけど、不用心なのは一緒です。でも、我が家も何かあったら、空き家になっちゃいます。他人事ではありません。そう思いつつ、余分な事も。この番組、追跡チームが、2箇月、所在不明の家主を追ったというけど、制作費、いくらかかってるんだろう。もっと、金かかってる番組、いくつもあるんだから、それに比べれば些細な額なんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

原文が違う

このところ、録音は、デジタル録音1本です。でも、利用者のもとに届けるのはテープ。テープに落とす録音デッキの調子が心許ないので、NHK俳句2月号、もうひとりの担当の方に、1巻・2巻とも読んでもらうようにお願いしました。校正・発送はやるんで、せめて、下調べはちゃんとしようと、昨日いろいろ調べてました。竹下しづの女の句が出てくるんだけど、その句集が、風偏に台の字。タイしか読みようがないだろうと、調べてみたんだけど、一向に出てこない。それではと、その句と、句集名のふたつで、検索したら、句集は「颯」でした。ハヤテなんだ。どこで、間違いが起きちゃったんだろ。今までは、まさか原文に間違いはなかろうと、長い時間あれこれ調べたんだけど、この頃は、もしかしてと、近道をするようになりました。でも、竹下しづの女も、ハヤテという句集出したのに、タイになってたら、あの世で驚いてるだろうな。

竹下しづの女、「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉(すてっちまおか)」が良く知られてます。夫の死に際し、「子供は立派に育てます。心配なさるなっ」と耳元に口をあて大声で言った気丈夫な女性と、当の記事に書いてあります。誤植なんかしてると、大音声で、怒られそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

招き猫に七福神

新聞に入ってくる広告チラシ、ざっと目を通すだけで、ほとんど縁がない。なのに、今日のチラシ、呉服屋さんのチラシだけ、別にしてある。まさかと思いつつ、「着物か帯を買ってくれるの」と聞いたら、チラシの中の絵、大きな招き猫のあちこちに、七福神がのっかっていて、「シアワセ、コイコイ」と言ってるのが気に入ったそうな。誤解されても困ると、早速、切り抜いてます。ほぼ、葉書大。ちょうどいい大きさの額がないから、帰りに、百均で買って来るそうな。たぶん、今年1年は、この額が、メインの位置を占めるに違いない。チラシの切り抜きで、こんなに楽しめるなんて、「シアワセコイコイ」と呼びかけなくても、十分、幸せな奴です。お手軽、簡単で、身分相応。そんなのは初めから縁がないけど、巨匠の本物の絵があった日にゃ、枕を高くして眠れないもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

しばらく様子見

先日、積雪5センチで、大渋滞。車が動かなくて、予約してあった歯医者の予定、キャンセルしました。別にその日は治療ではなく、クリーニングの日。月が変わってから連絡すればいいやと思ってたら、昨日、左側の下のいちばん奥歯が、ズキンと痛みます。今まで経験した事のない痛み。ずっと続く訳ではなく、不意打ちでズキンと来る。そこに至る神経押さえてると楽になるんだけど、この痛みは何だ。生憎、昨日は、歯医者さん休みで、どうしようもない。今日は痛みないけど、電話で事情話して、予約の間に入れ込んでもらいました。レントゲンとったり、いろいろ調べたけど、歯は、別にトラブルないそうな。確かに、食事も、普通にいただけるし、歯を磨いても、何の違和感もないものねえ。どこかからの痛みを、歯からの情報と、頭の方で誤解してるのかな。歯医者さんの仰せの如く、しばらく様子見る事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

校正到着

1月17日に、「映画、そして音の旅」完成。校正してくれたの、大の映画好きな方。固有名詞のアクセント、何箇所か指摘があったので直しました。完成してファイル便で送り、年越しになっていたのが、やっと一区切り。去年から預かってて、手をつけてない本がある。さあ、取り掛かろうとしたら、校正するファイル到着。ダウンロードするのに、やけに時間がかかる。また大長編なのかと思ったら、MP3にしてなくて、PCMのまま送ってきただけでした。2時間弱なので、今からかかります。プライベート版なので、今回も、原本なしの耳だけ校正です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

今日はスイスイ

昨日は、積雪5センチで大混乱になりました。今日は、ちゃんと車は流れる。ブレーキを踏めばちゃんと止まる。あそこまで、大体、何分と目算がつく。いつも通りの時間に何事もなく着くのがこんなに有難いなんて。日頃、雪が積もる事はないので、昨日はずいぶん、車のスリップ事故が多かったようです。ほんとに事故起こしてたら、こんなことは言ってられないけど、昨日は、雪道の怖さがわかって良かったと思います。人から聞いただけでは、あの感覚はわからない。自分で、体感したことは、しっかり記憶に残ります。勿論、それなりの装備はしてるけど、雪国の人は、すごいなあ。そう言えば、昨日、朝刊はちゃんと配達されてました。新聞配達の人、大丈夫だったんだろうか。私が出かけるとき、雪の上に、猫の足跡がありました。猫は足が4本あるから、雪が積もってたり、凍ってたりしても、転ぶことはないんだろうな。猫の足跡の横に、私の靴跡がついたら。靴メーカーのロゴが、雪にしっかり刻印されて、何だか、おかしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

怖かった

今朝起きたら、あたりが真っ白。ワーイ、雪が積もってる。積雪5センチほど。こんな雪見るの何年振りだろ。この辺までは、ワクワク気分でした。雪を見ながら朝御飯を食べて、いろいろしてたら、一足先に出かけた相方から電話。車がちっとも動かないでどうしようもないとの事。私、今日は、歯医者に行く予定です。9時過ぎに出ればいいんだから、その頃になったら大丈夫だろうと思ったら、とんでもない。車がよく通る道はいいんだけど、細い道や、まだ日が当らない所は、雪があるし、凍ってる所もある。かなり、低速でしか走れない。でも、ガガガと変な音がして、ブレーキ効かないで滑ってるんじゃないのと思う事もあり、怖かった。こんな怖い思いして歯医者に行くことはない。引き返そう。というより。車、ちっとも進まないから、どうせ、行けやしない。やっと帰ってきて、歯医者さんに電話したら、留守番電話になってました。歯医者さんのスタッフも、職場にたどり着けないって事なんだ。キャンセルの旨入れて、しばらくして、「今日の午前中は休診します」という電話がありました。出社してすぐ電話入れて、まだ留守番電話の用件聞いてる余裕はないんだろうな。無理して行かなくて良かった。やっと辿り着いて休診だったら、目も当てられない所でした。積雪5センチでパニックになってます。途中で、事故も見ました。まずは、無事帰りついて、ホッとしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

1回千円余

先日、図書館のUSB(ウイルスチェック機能付…自分で同じもの買って使用可能かどうか不明)を借りに行くだけで、1時間かかるのは辛いと言ってたら、「バスを乗り継ぐので、往復2時間かかるし、お金も、1回千円以上かかる」という人がいました。雑誌のダビング担当になると、校正も合わせて3回来る週があるので、図書館に来るだけで、時間も金も、結構かかるそうな。1週間に三千円を超す出費、へえ、すごい。車で動くのは維持費がかかる。実際は同じぐらいかかってるのかもしれないけど、図書館に行くときだけ使う訳ではないから、実感がない。はっきり、三千円という数字になると、ウ~ムと思います。ひところ、音訳関係の出費多かった事あります。でも、ちゃんと、これを買おうと思って使ったから、いいけど、交通費だけで、それだけ出ていくのはなあ。

千円以上かかるという方、俳句1月号を一緒に読んだ方です。校正用テープ、校正済みテープを交換するのに、図書館で落ち合うんじゃなくて、その方の家の近くまで、2回出向きました。先方は、時間も金も助かったんだ。知らないうちにいい事してました。だからさ、原本はお互いの手元にあるんだから、ファイル便で送れば校正できるのになあ。そうすれば、交通費使って出向かなくて済むと言いたいけど、デジタル録音少数派なので、現状では無理。まだまだ、テープ主流です。いつまで、テープ体制つづけるんだろ。テープの利用者居るうちはと言ってるうちに、テープ録音者の方が最後に残ったりして~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

マイクの性能

今使ってるマイク、SONY F-V420。会に入って、業者さんから、録音デッキ買った時、セットでついてきたものです。こんなもんだろうと気にせず使ってました。今回、対面リーディングの相手が、新しくマイク買ったので、試しに使ってみてくださいと貸してくれました。SONY ECM-360 ウ~ン、こんなに違うんだ。マイクと口との距離とか、サウンドデバイスの音量設定とか、同じ条件で録音してみたら、借りたマイクの方が、大きい音量で入る。音訳ソフトの適正音量の案内、「大きい、いい、小さい」の3種類なんだけど、「いい」にするためには、マイクとの距離、かなり近づけてました。声も張ってたと思う。借りたマイクだと、距離を3倍くらい離して、声も楽に出す感じでOK.です。今、30分ほど録音した所。ちゃんと校正はしてないんだけど、口中音はどの程度拾ってるかな。先方に、今わかってる範囲の結果報告をして、「次の対面の時お返しします」とメールしたら、「しばらく使って、周囲の雑音どのぐらい拾うか検証してみてください」との事。それでは、お言葉に甘えて、もう少し使わせて貰います。

そっち方面の事、何もわからない。今、両方のマイク、検索して、違いを調べました。フンフン、そうなのかと、一応わかった気になってるけど、わかってないのかも。録音するなら、このマイクがお勧めというのがあったら、是非、教えてください。ひところ、音訳関係で出費多かったけど、この頃使ってない。そろそろマイク買い換えてもいい頃です。ハイ、新しいマイクなんて思ってるって事は、音訳、もう少し続けるって事です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

朝から戸をはずす

キイキイと異音をたてるのは、録音テープばかりじゃない。このところ、洗面所の引き戸が、キイキイいってました。1枚戸を戸袋に納めるようになっていて、空きは戸の部分だけ。おまけに、手がかかる所が1箇所しかない。戸に張り付けて、真空部分を作り、密着させて持ち手とする道具を借りてきて、先日、外しました。ここ、戸袋にする必要があったんだろうか。設計士は後のメンテナンスの事なんか、考えてないんだろうな。下はVレールです。外したら、前の方の戸車に、髪の毛がいっぱい絡んでいて、取っても、入り込んでしまったのは取れない。戸車がちゃんと回りません。その時、前後、ふたつとも替えればよかったのに、動きの悪い戸車だけ替えました。また、苦心してはめ込んだら、異音は相変わらず。こりゃ、後ろの戸車もダメだったのか。ここ、2~3日はバタバタしてたので一休み。今朝、また、引き戸を外しました。下に適当な板をかって、前の戸車、後ろの戸車と単体で動かしたら、やっぱり、後ろの戸車、音が出ます。動きは滑らかなのに、プラだから、すり減っちゃたのかな。確か、ひとつ398円。ふたつ一緒に替えればよかったのに、二度手間になりました。道具があっても、ひとりではやりにくいので、私、猫の手。実際の事をやる能力はないのに、あれこれ言うんで、口先棟梁と言われてます。猫の手にもなるし、口先棟梁と言われてもいいから、音が出なくなれば助かります。棟梁が戸車を買いに行ってる間に、口先棟梁はブログを更新してます。
追記
大成功。後ろの戸車を替えたら、音出なくなりました。これで、夜遅くでも、気兼ねなく、戸の開け立て出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

テープ化トラブル・顛末

NHK俳句、当会では、テープ発送です。1月号、90分を担当。デジタル録音し、テープに落としました(テープエクスポートではなく、手作業でテープに落とすだけ)。校正用の分はきれいに落とせたんだけど、修正後のマスター用は、キイキイ異音が入り、使えず。その後、何回かやり直したものの、テープの走行音やや高め。両方を聞き比べ、迷いに迷い、やはり全部修正したのがいいかと、昨日は、走行音高めをマスターにして、テープコピーしました。帰ってきて、コピーしたのを聞いたら、やはり気になる。校正で指摘された数箇所、許容範囲なので、修正するかどうかは任せると言われました。その中のひとつは自分でも気になるけど、今回は勘弁して貰おう。全体が聞きにくいより、ひとつふたつの言葉が気になる方がいいだろう。。気になったので、昨日あらかじめコピーしたけど、今日が発送日です。昨日の分をチャラにして、もう1回、校正用のテープをマスターにして、コピーし直しました。来月も、担当なんだけど、今回と同じ事になるのは辛い。もうひとりの方、仕上げるの早い方なので、事情話して、1巻、2巻とも読んでくださいとお願いしました。引き受けて貰ったので、ホッとしました。

でも、昨日、テープコピーしてたら、録音室から出てきた方に、デッキから雑音するので聞いてみてくださいと頼まれました。何も操作しないのに、スイッチ入れただけで、ザーザー音がする。これに比べたら、テープの走行音、やや高めなんて問題じゃありません。あんなデッキが使用可能状態になってていいんだろうか。その方、しかるべく連絡すると言ってたから、直ると思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

アバター

アバター、3D映画で話題になったのに、映画館に足を運ばず、テレビで見ました。普通のテレビなので、3D関係なし。先日、海の中を泳ぐ魚を3D画面で見て、目の前で泳いでいるような感じに驚きました。だから、アバターのこの画面が3Dになるとすごいだろうなと、変な想像をしてました。でも、そんな画面を長時間見ると、感覚が変になりそうな気がするけど、どうなんだろ。それに疲れそう。

3Dの画面が売りのこの映画、ストーリーの方の評価はどうなんだろう。このごろ、SF読んでないんだけど、アバター見て、「宇宙の戦士」と「ドラゴンの戦士」をもう一度読みたくなりました。ことほど左様に、これは、あの本のあれを持ってきたんじゃないのという所が多かった(私、機動戦士ガンダムは無縁なので、人が操縦する戦闘ロボットというと、宇宙の戦士です)。あれこれ思いつつ、最後まで見たんですけどね。
同日20時半追記
「ドラゴンの戦士」はすぐ手元にあるけど、「宇宙の戦士」はしまいこんである。書名、間違ってないよねと確認したら、「宇宙の戦士」の方は大丈夫。「ドラゴンの戦士」は、ゲームとか、違う内容の本しか出てこない。ずっと下の方まで見たら、「竜の戦士」で出てきました。手元にあるのは「ドラゴンの戦士」なんだけどなあ。アン・マキャフリイ著、早川書房発行。奥付を見ると、昭和48年発行です。今読もうとすると、ちょっと活字が小さいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

バードウオッチング

今朝、トイレで、「早く、早く」と声がするので、何事かと行ってみたら、トイレの窓から見える枇杷に、小さな鶯色の鳥が3羽ほどとまってました。「目白の子ん坊」との事です。もう少し大きなのは良くみるけど、こんな小さなのは初めて見ました。次にトイレに入った時はもう居なかったので、どこかに飛んで行ったんだ。小さなうちは、枇杷に居て、もう少し大きくなると、マキの木の方に移っていくそうです。へえ、そうなんだとこれも初めて知りました。ここに住んで、ウン十年にもなるのにね。我家に、バードウォッチングしてる人がいたのも、知らなかった。朝から、可愛い鳥を見られて、ちょっといい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

ノートPCを持っていけばいいんだ

デジタル音源をテープにきれいに落とせず、悪戦苦闘していましたが、何とかクリア。走行音、高めに入ってるかと気になったけど、これはテープ録音しても同じだろう。修正後の音源をテープに落としたのを、マスターにする事にして一件落着しました。キーキーと異音が入ったのは、たぶん、テープの不良だと思います。新品テープではあったんだけど、テープの質がひどいのは、今更言う事ではない。それで、デジタル録音に切り替えたのに、中途半端に、テープにかかわってるから、こういう事になるんだ。

中途半端派としては、「自分のUSBを使えなくなった。図書館のウイルスチェック機能付きのUSBを借りに行くのに往復1時間かかる」とぼやいてたけど、別に、ノートパソコン持ち込んで、デッキにつなげばいいんだと、仕上げたあと、気がつきました。そしたら、ウイルスがどうのこうのは関係ない。どうして、それに気がつかなかったんだろう。前段階として、図書館のデッキが、どれぐらいの状態かという事はあるけど。それに、走行音や、雑音、どれぐらいまでが許容範囲かというのもあるし。そういえば、今回、校正受けて、驚いた事ありました。一応気になる雑音、全部処理してます。波形で出るのは勿論、出なくてもイヤホンで聞いて引っかかるのは、消してます。2箇所、雑音が気になるというので聞いてみたら、イヤホンで聞いても、遠くでかすかにしているような小さな音でした。このレベルの音が気になるんだ。それとも、他の雑音を消してるから、かすかな音も気になっちゃうのかな。あれこれあったけど、あとはテープをコピー、発送して終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

テープ作業・限界

NHK俳句の校正帰ってきました。何箇所か気になるところはあるけど、許容範囲。修正するかどうかは任せると言われました。やっぱり聞きやすい方がいいからと、デジタル録音で修正して、改めてテープに落としたら、20分過ぎたあたりで、キイキイと変な音をたてはじめた。その部分、再生してみたけど異音が入ってる。校正に出したテープはそのままにしてあるので、どうしようもなかったらこれを使える。別のテープで、再度トライしてみました。異音はしないけど、テープの走行音がやや高めに入ってる。クリーニングテープをかけると、最初はきれいなんだけど、終わりの方の雑音が高くなるような気がする。ウ~ン、録音デッキが悪いのか、テープが悪いのかどっちなんだ。

自分のデッキが不調だったら、図書館のデッキで録音すればいいんだけど、自分のUSBは使えないから、まず、図書館に借りに行かなくちゃならない。それに往復1時間。データを移して、図書館のデッキで録音するのに1時間半。ちゃんと録音出来てるかどうか確認するのに1時間半。それで不具合があったらまたやり直し。図書館のデッキ、ベストの状態かどうかわからないしねえ。とても、そんな時間はかけられません。家にデッキがあって、録音できるからどうにかやれたけど、もう、デジタル録音をテープにする作業、限界だな。今回は聞き比べてみて、走行音気になるようだったら、修正しないままの校正用テープ使います。今はこんな風に書いてるけど、昨夜はカリカリしてました。結構遅くまでやってたので、今朝は起きられず。お日さまの出たずいぶん後に起きました。天下御免の日曜日だからいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

さすが、プロ

年末の水道検針で、いつもより水道使用量が多い。漏水の可能性があると指摘されたので、業者にみてもらいました。トイレのボールタップの劣化という事で、最少経費で済む事になって一安心。ついでに気になっていたいくつかもみてもらいました。新築当時から、風呂の隅に少しだけ、水がたまる。ジョイントが甘いんだろうとは思ったけど、建設会社が倒産してしまって、クレームをつけるところがない。風呂場だからいいやと思ってたら、水漏れ箇所のジョイント、緑青吹いてるから取り変えた方がいいという事になりました。もうひとつ、今まで住んでた家の給排水生かしてあります。トイレも、浄化槽に入れるようにして、使えるようにしてありました。そのトイレの配管が、ボロボロになってきて、何ともみっともない。見てもらったら、浄化槽からの臭気が原因だそうです。いつも使ってると、便器に水が張ってるんで、そんなことはないんだけど、ずっと使ってないと、その水が蒸発しちゃって、臭気があがってきてしまうとの事。配管がボロボロになるというのを目にはしてたんだけど、臭気が原因だとは思いませんでした。いい機会だから、浄化槽への配管も止め、トイレも撤去して貰う事にしました。これから使う事はないんで、いいだろう。でも、大ゲンカををしたら、敷地内別居をしよう。こっちの家に私が住むから、古い方に住んでねと言ってたんだけど、トイレ撤去すると、それができない。それだけは困ったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

アクセスエラー

音訳ソフトのPRS Pro、録音する時、XPでは、ときどき、アクセスエラーを起こしてました。7にしてからは順調だったんだけど、昨夜、アクセスエラー連発、どうしてなんだろう。俳句1月号の校正するべく、テープ預かりました。テープトラブルで痛い思いした事あるので、出来るだけ、テープの作業はしたくない。テープをデジタルに落として校正しようとしたら、録音途中でアクセスエラーで止まってしまい、何回かやり直しました。う~ん、何が原因なんだ。

自分の分も校正お願いしたんだけど、「訂正あると、もう1回テープに落とさなきゃいけないんで、許容範囲ならOKにしてください。テープに落とすのに90分かかるもんですから」と頼んだら、「えっ、そんなに時間がかかるの?」という答えが返ってきました。USBで校正してもらえば、90分1回で済むのにね。それだけじゃない。テープに落とすごとに、ちゃんと落ちてるかどうか聞き直さなきゃいけない。90分テープ1本作るのに、どれだけ時間がかかるんだ。テープで修正すればいいのにと言われそうだけど、私の録音デッキのリモコン壊れてしまいました。ただでさえ、操作音入るのに、本機で操作したら、もっと、操作音がひどくなる。それに、デジタル録音の修正に慣れてしまったので、もう、テープでの修正できません。当会、テープ録音してる人のほうが多い。その中で、デジタル録音やってるから、こういう余分な時間がかかるんだよね。でも、俳句の担当、あと1回だからいいや。そのあとは、ファイル便で送って校正してもらい、利用者にもファイル便で送るという、プライベート録音の個人的な活動にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

人間ルンバ

そんなの当たり前と言われそうだけど、最近、洗濯もの干した後、毎日、掃除機かけてます。小さい掃除機で簡単掃除。ゴミもその度に出すので、1日のゴミの量がわかって面白い。よそのお宅で、ルンバを見たけど、私、この頃、毎朝、人間ルンバになってます。でも、ルンバは、床を掃除するだけ。私は、棚を拭きながら、床の掃除をする。こたつの布団もあげるし、階段も掃除できるから、ルンバより遥かに性能がいい。自分で、コードの抜き差しもするから、自分で充電するという値段高めのルンバより高級品です。

ハインラインの「夏への扉」に、掃除ロボットの話が出て来たと思う。いや、掃除ロボットじゃなく、家事万能ロボットだったかな。確か、その設計図を盗まれてひどい事になりかけるんだけど、人工冬眠の前に、一細工、二細工して、人工冬眠から目覚めると・・・と覚えてるんだけど、違うかな。ひとつのロボットが、家事全般やってくれたら、それは便利だけど、そうなったら、私は何をしましょうか。掃除ロボット・ルンバが出ても買わなくて、人間ルンバと言ってるくらいだから、そんな心配する事はないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

ちょうどいいバランス

正月の間、少しは録音進むかと思ってたら、全く手つかず。校正で終始しました。校正、終わったんで、年越しになった分、始めようかな。10日までに読み終えるつもりだったんだけど、もうちょっとずれこみそうです。でも、今、対面リーディングを週1回、自宅での録音、校正と、いいバランスです。ときどき、対面の相手、相互校正の相手と、3人一緒に顔を合わせる事があるんだけど、話が弾んで楽しい。このペースが続けられるといいなと思います。

しかし、録音の前に、まず、期限付きの仕事を片付けないと。午前中せっせとやれば、目星はつくだろう。目の前のニンジンが、録音というのも、何年か前には考えられなかった展開です。そうこうするうちに、9時半過ぎてしまいました。早く、かからなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

17時間分、校正終了

1,5倍速で聞くから、17時間かかった訳じゃないけど、17時間分の校正終わりました。終わることは終わったんだけど、年末・年始あれこれしながら聞いたので、一抹の不安がある、それに、何が何だかわからないで聞いてたのが、重要な伏線だったりしたので、もう一度、2倍速で聞きはじめました。音訳者、テンポいい早さで読んでます。利用者の方、いつも2倍速で読むとわかってるんで、校正も、それでいいんだけど、初めて聞くには、2倍速ではちょっと無理。1,5倍だとやや早めながらわかります(あくまで、私はです)。気になったところは、一応、等速でも聞いてます。2回目なら、もう、2倍速でOKです。

話が面白いんで、多少の言い淀みや、アクセント違いがあっても、気にならない。プライベート録音だから、神経質にならなくてもいいと思うんだけど、お互いに校正しあってる相手です。直すかどうかは本人任せという事で、気がついた事はチェック入れるという申し合わせにしてるので、蔵書と同じ校正にしました。なんて偉そうに書いても、私のやる校正だから、ユルユル校正かもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

こたつ虫

今日は曇り空。この家、お日様暖房なので、雨や曇りの日は寒い。今日は、箱根駅伝見ながら、こたつ虫だな。私は、別のテレビで、音は消して画像だけ見る予定。年末に頼まれた校正をやらなくちゃ。プライベート録音だから、耳だけの校正でいいんだけど、録音時間17時間、長いから申し訳ないと頼まれました。17時間は、確かに長い。外国の冒険活劇なんだけど、本なしなんで、ときどき、この人、どういう人だっけと、脇役の登場人物わからなくなることあります。脇役だと思ってた人が、その章では一番の重要人物になったりするし、録音図書読むには、読む(聞く)方の力も必要なんだと実感。17時間録音するのは、当然、それ以上の時間がかかります。音訳者・校正者・利用者のうちで、校正者が一番のヘタレです。順調に読んでるんで、校正は不要なくらいなんだけど、自己校正、1セクションだけ詰めが甘かったみたいで、フレーズの消し忘れとか、仕切り直しの「ハイ」という声が沢山ありました。ヘタレの校正者、新年早々、「イヒヒヒ」と、意地悪メールをしちゃいました(それがOKの相手なんで、大丈夫です)。あと三分の一くらいまで来ました。また、「イヒヒヒ」セクションはあるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

今日の失敗

今日は、相方の母上が、お雑煮を食べに来ました。日頃、使わない箸置きを洗おうとして手がすべりました。魚の形をしたお気に入りだったんだけど、パリンと割れました。あららと思ったけど、これはまだ、取っ掛かり。木のお盆を床に落っことしました。これも端が欠けてしまった。ご丁寧に、もう1回落として、木片を増やしました。1度目は、修繕可能かなと思ったけど、2度目で、これはダメだと諦めました。長い事使ってて、好きなお盆だったのになあ。

母上が、最近、物忘れがひどくなったと嘆くので、いえいえ、目の前に失敗ばかりしてるのが居りますからと、言っておきました。しかし、1日にひとつならともかく、2つもダメにするなんて、大丈夫かしら。大晦日、転びそうになって、今年の目標は、足許に気をつけるだったんだけど、手許も気をつけなくちゃいけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

元旦は殿様気分

朝起きると、空に大凧が揚がってます。その数ざっと17くらい。大凧が舞ってる中、初日の出。家の中から見てるから、初日の出も、少し離れた家の屋根から上がってくるけど、贅沢を言っちゃいけない。家の中から、日の出と凧を見られるなんてそうそうないだろう。凧揚げの人たちは、事前に用意をして、現場に凧を持ちこんで、揚げてと、何時からやってたんだろう。

殿様気分で凧を見たあとは、いつも通りの朝御飯を食べて、初洗濯、初掃除と、殿様から下女になりました。殿様気分もいいけど、下女もいい。おついたちから、きれいになるのは気持いい。正月だからと言って、洗濯・掃除をしちゃいけないという事はないだろう。いつもは松の内過ぎてから、ゆっくり初詣に行くんだけど、今年は、今から行こうかと言ってます。気が早くなったのかなとも思うけど、我家がゆっくりしてただけで、世間は、だいたい、そのペースなんですよね。さて、何をお願いして来ましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »