« XP、ダウン | トップページ | 早手回し »

2010年12月11日 (土)

もうちょっと安いほうが

ひところ、電話帳に載せた広告を切り抜いて添付し、振込用紙を送ってくる事がよくありました。先日、久しぶりに、出先で、それを見ました。ちゃんと、「日本電信電話発行の電話帳と混同なさらぬようお願い致します」とうたってあります(小さな字だけどね)。
大きな字で書いてあるのは、「30日までにお近くの郵便局へ、広告掲載料(20%引)、262600円」

6ヶ月後に、しかるべく、広告簿が発行され、しかるべき所に配布されるそうな。しかし、26万を超す金額って高くない? この用紙1000枚おくって、郵送費8万円。後は印刷費と人件費。1000件で、どれぐらい振込みあるのかな。20万超す出費となるとそれなりに検討すると思うから、5万か10万にした方が、振り込みの確率高くなりそうな気がします。しかし、こういうのが頻繁にあったころ、ちゃんと契約し、納品書もおきてる請求書を、この類と間違えて、破棄し、請求書再発行してもらった事あります(これも、出先の仕事)。今回は、日本○○サービスだけど、その時は、国際○○サービス。国際○○サービスさん、その節は、入金も遅くなり、ご迷惑をかけました。でも、26万は高い。私なら10万にするけどと思うのは、日本○○サービスの側で考えるのが好きなのかも。いえいえ、単なるシミュレーションです。

|

« XP、ダウン | トップページ | 早手回し »

コメント

こんにちは
初めて書きます。
以前から気になっていた、ラジオ子供番組で昭和30年代にやっていたと思いますが、「パッパップー」で始まるドラマ!今で言うドラえもんのポケットでしょか。それを検索してると、このブログにヒットしました。NHKで検索しても分かりません。夢一杯の不思議なパイプがもう一度聴きたいです^^

投稿: パイプ | 2010年12月11日 (土) 11時02分

ほんと、懐かしいですね。題名は、魔法のパイプ?と検索しても出てこず。「ラジオドラマ、魔法、パイプ」で検索したら、やっぱり、「魔法のパイプ」でした。何人か、懐かしいと書いておられました。魔法のパイプ、最終回で、なにも言わない普通のパイプになっちゃたような気がするんだけど、この記憶、あってるかな。

投稿: はっちょ | 2010年12月11日 (土) 13時38分

NHKに問い合わしたが、アーカイブスにありませんとの回答でした。最終回に普通のパイプに戻ったんですよね^^思い出しました。何年に放送していたのかもハッキリしてませんが、あの頃は楽しい想像力を書き立てるラジオドラマが多かったです。夕方が楽しみだったです。

投稿: | 2010年12月12日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/50267971

この記事へのトラックバック一覧です: もうちょっと安いほうが:

« XP、ダウン | トップページ | 早手回し »