« 下調べ隊員 | トップページ | 名前の誤植は勘弁してほしい »

2010年11月10日 (水)

口中音対策の結果

ノイズレベルいちばん高いマイナス20で録音してみると書いた10月26日の続きです。昨日、それを読んでくれた方とお目にかかったので、どうだったか聞いてみました(前もって、それでトライしてみると話してあります)。 1回目は話の内容が面白くて2倍速で、2回目は、ああそうだと確認の意味もあって、1,5倍速にしたそうな。マイナス20の設定だと、文の頭が消え加減になる所あるんじゃないかと思ってたけど大丈夫だったとの事。あら、鋭い!確かに、文の頭、消え加減になる所あって、録音し直したところもあるし、「しかし」とか、「そういえば」とかいう言葉は、ちゃんと入ってる所から持ってきて貼り付けたところもあります(勿論、違和感ないような仕上がりにしました)。途中で、消え加減になる音がわかったので、「そして、そして」とか、「しかし、しかし」と繰り返して、最初の一語を削除する事もしました(ノイズレベル標準の28なら、そんなことしなくても、きれいに拾います)。それだけの手間をかけても、口中音消す手間よりずっと楽。ヘッドホンで聞くんで、口中音が気になるんだけど、リクエストしてくれる方も、イヤホンで聞くとわかってます。

文の頭が消え加減になる他にも、当然1フレーズに収まるべきものが2フレーズになってしまう等の問題が出てきたけど、それに対処する方が、雑音消すよりはるかに楽です(見出し、小見出し、ページ付けしたフレーズ、どうしても1フレーズでないと変という所だけ気にすれば大丈夫なので)。それに、乱暴な結論だけど、プライベート版なので、相手さえOKなら、問題ありません。何も気にならないので、この設定でやってくださいとの事。雑音処理に時間かけるより、早く仕上がったほうがいいものね。「PDFを音訳するの大変だったでしょう」と労ってくれたので、「ページのつなぎ目が大変だったんだけど、どこがつなぎ目かわからなかったでしょう」と威張っちゃいました。そういう細工ができたの、デジタル録音のおかげなんだけど、それなりに大変だったから、ちょっとぐらいは威張ってもいいだろう。

|

« 下調べ隊員 | トップページ | 名前の誤植は勘弁してほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/49983725

この記事へのトラックバック一覧です: 口中音対策の結果:

« 下調べ隊員 | トップページ | 名前の誤植は勘弁してほしい »