« ワンピース | トップページ | メッシより校正 »

2010年10月 8日 (金)

地図を作ってみた

対面リーディングで、「御宿かわせみ」を読んでます。全国で、沢山、蔵書になってるけど、本ごとに読み手が違うので、イメージがばらばらになってしまうのが、どうもだそうで、好きな話だけ、対面でやってほしいという要望でスタートしました。お好きな本ということで、相手のほうが、話の内容は良くわかってる。でも、1話終えるごとに、漢字の質問とか、○○というのは何ですかと質問があります。そこはこういう風に勘違いしてたと教えてくれるので、こちらも、へえ、そうなんだと面白い。

前回、話に出てくる地点はどれぐらい離れてるんだろうという話になりました。東吾が狸穴の方月館の代稽古を終えると、八丁堀を素通りして、「かわせみ」のるいに会いに来るけど、3点の位置関係はどうなってるんだろう、などなど。これからも読む予定だから、何か考えたほうがいい。地図の載ってる「御宿かわせみ読本」を借りてきました。盗賊も、役人も、野菜の行商も、よく船で行き来してるけど、なるほど、水路が便利とわかりました。さて、これを相手にわかるような地図にするのはどうすればいいだろう。等高線みたいに、段差をつけた地図にすればいいのかな。でも、手先が器用じゃないし あまりうまくいきそうもない。そうだ、点字みたいに、突起の点線でつなげればいい。コピーした地図を裏書きし、それを厚紙に乗せて、ルレットと目うちでなぞりました。洋裁の道具がこんなところで役に立つとは。表示したのは、海岸線、大川、水路、江戸城と、かわせみ、方月館、長寿庵など、よく出てくる場所。出来上がった地図、自分では、なかなかいいと思うんだけど、実際に使いものになるかな。なんか、工作楽しんでやってる気分です。まだ、試作品なので、こうした方がいいとか、何かいいアイデアあったら、是非、教えてください。

|

« ワンピース | トップページ | メッシより校正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/49674488

この記事へのトラックバック一覧です: 地図を作ってみた:

« ワンピース | トップページ | メッシより校正 »