« Windows98処分 | トップページ | ぽっかりあいた1日 »

2010年9月 8日 (水)

書誌情報

所蔵してある本に関する情報、図書館はちゃんとしてるはずだと思うのに、そうでもないみたい。間違いがあるのは仕方ないけど、それを指摘しても、よくわからない対応しか返って来ない。本を検索するのに、著者検索をして、お名前が難しい字だったので、カタカナ入力で検索しました。あらま、本来の読みのカワイでは5冊しか出てこなくて、カアイでは24冊出てくる。全部、その方の著書なのに、これでは違う人が書いたものになってしまう(漢字検索では、ちゃんと、29冊分が、同一著者の本として出てきます)

日頃、固有名詞、地名の読みは、ちゃんと調べないさいと叩きこまれてます。これは言ったほうがいいだろうと、先週、図書館の方に報告しました。その答えを昨日貰ったんだけど、「今のままで、問題ない。国会図書館も、両方の読みで出てきます」との事。へえ、そうなんだ。出版社・出版する時期によって、お名前のルビが違ってた事があったのかな。帰ってきて、国会図書館で検索したら、確かに両方の読み出てくるけど、検索結果は同じ冊数が出てきます。「両方の読みを載せて検索しやすいようにするのはいいけど、少なくとも、本来の読みで、全部の本が出てこないといけないんじゃないの」と力説したんだけど、通じなかったのかな。国会図書館はまさにその方法をとってるんだけど。
二通りのお名前になった経緯は、当方にはわかりません。でも、いちばん最近完成した録音図書、奥付の著者のお名前、ちゃんとルビあるのに、わざわざ、違う読み方で登録してある。違う読みの方が冊数が多いんで、そっちにしたのかな。しばらくして、その本、音訳した方が見えたので、著者のお名前間違って登録されてますと報告しておきました。私としては、ここまでで終わり。さて、新しい展開はあるのか、問題ないと、このままなのか、どっちだろ。

|

« Windows98処分 | トップページ | ぽっかりあいた1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/49386759

この記事へのトラックバック一覧です: 書誌情報:

« Windows98処分 | トップページ | ぽっかりあいた1日 »