« ネタが向こうから飛び込んできた | トップページ | 痛みなく、腕が動く »

2010年9月25日 (土)

ピッチャー・城之内

サマーウォーズの録音、快調に進み、半分終了。半分まで来ると、残りのページが減って行くのが実感できるので、嬉しい。中に、高校野球なんだけど、試合を実況してる場面があります。「ピッチャー、陣内(じんのうち)、振りかぶりました」 「陣内、満塁、次は四番、ピンチです」なんてアナウンサーの声が続くんだけど、陣内じゃなく、どうしても、ピッチャー、城之内といってしまう。城之内、好きだったんです。何十年も前の事なのに、頭の中にしっかり残ってるみたい。覚えてるのは、名前と、背番号15と、ワクワクしてた感じだけで、投球ホームとか、顔はもう忘れてしまってるんだけど。プロ野球で、いちばん最初に好きになった選手です。

そういえば、8時半の男なんて言われた救援投手もいたなあ。あのころは、野球中継あると嬉しかったのに、今は、とんと御無沙汰です。サッカーもひと頃ほど、面白くないし、思わず、この選手の名前を言ってしまうというような選手はいない。やっぱり、城之内は、初めて、ファンになった選手だから、特別かな。まだまだ、ピッチャー、陣内、出てきます、間違わないようにしないと。

|

« ネタが向こうから飛び込んできた | トップページ | 痛みなく、腕が動く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/49554951

この記事へのトラックバック一覧です: ピッチャー・城之内:

« ネタが向こうから飛び込んできた | トップページ | 痛みなく、腕が動く »