« 貸与ではありません | トップページ | 成り行きでサポート »

2010年9月29日 (水)

びっくり仰天

今日は対面リーディングの日。いつものように相方の実家に車を置こうとしたら、前を、大型車が塞いでいて入れない。「そこに入れるんです」と意思表示をして、車を動かしてもらって、停めたら、なんと門があいてる。えっ、どうしてなんだ。門から人も出てくる。隣の家が、半年ほど、足場を組んでました。中から、解体した足場のポールを担いで、人が出てくるし、庭に何人もいる様子。とりあえず、中に入って行って、「ここの家のものだけど、どういう事なの」と聞きました。そしたら、ちゃんとお願いしてあるはずですが、と向こうも怪訝な顔。相方に携帯で確認したら、「搬出に使うなんて聞いてないので、ちゃんと文句を言え」との事です。はい、了解。

一通り、文句を言って、対面に行きました。「今、一戦交えてきたんで、声に怒気が残ってたらゴメンナサイ」と、事情を説明したら、「そりゃ、怒るの当然です」と相槌を打ってもらって、始め、対面終了。車に戻ったら、フロントガラスに紙がはさんでありました。「工事始める時にご挨拶して、つい先日も、間もなく工事終わりますと挨拶したので、それで了承貰ったつもりだった。申し訳ない」との事。確かに商品券3000円いただいたけど、そりゃ、庭に足場のポールを入れさせて貰う挨拶だと思ってました。門を勝手に開けて、庭にポールを落とし、搬出に使うとは夢にも思ってませんでした。たまたま今日行ったんで気がついたけど、搬入も同じようにしたんだろうな。対面も、思わぬところで役に立ちました。私が、その紙を持って、怒鳴りこむことはないので、そのまま帰宅。後は、相方に任せます。

|

« 貸与ではありません | トップページ | 成り行きでサポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/49596656

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり仰天:

« 貸与ではありません | トップページ | 成り行きでサポート »