« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

ヒメアリ、黒アリ

昨夜8時過ぎ、このブログの6・7・8月分を一気に読んでくださった方がいました。時々そういう方いらして、読んでる記事見ると、音訳関係の記事が多い。多分関係者の方だろうと思ってます。てっきり、昨夜の方も、そうだと思ったら、検索ワード、「アリの巣コロリ ヒメアリ」で入って来られた方でした。プレクストークの事や、PRS Proでの失敗の記事も読んでくれたようなんだけど、外れの記事も多かっただろうな。

いや、もしかしたら、たまたま、ヒメアリに困ってた人が音訳もやってたりして。そんな絵にかいたような話はないか。我家のヒメアリ騒動は一段落しました。アリの巣コロリを粉末にして、ツナに混ぜて置いたのが効果あったみたいです。またいつ出てくるかわからないから油断はできませんけどね。最近、ヒメアリの検索も多くなったんで、ヒメアリ増えてるのかな。ブログには書かなかったけど、ヒメアリ騒動が一段落したころ、普通の黒アリが、列をなして、すごい勢いで家の中に入ってきた事がありました。何も食べ物が置いてない部屋なので、どうしてそんな事が起きたのかはわかりません。まずは侵入口を特定。外に回って、そこに向かってるアリの行列を逆にたどって、おおもとの巣にアリの巣コロリの液を撒きました。我家、結構、アリの巣コロリのいい客です。アリが外にいる分には、何もしないんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

眠りすぎ

この何日か、夜8時半を過ぎると、猛烈に眠くなります。テレビもつまらないし、無理して起きてる事もない。幼稚園時より早く床に入ってます。そのまま朝まで眠ることもあるし、何時間か熟睡して、あとは布団の中でゴロゴロしてる事もあるけど、起きて何かやろうとは思わない。ひたすら、布団と仲良くしてます。

昨夜も早く寝て、目が覚めたのが10時。「新日曜名作座」がもうすぐ始まるとラジオをつけたのに、次に目が覚めたら、ちょうど終わった所で、次の番組「音の風景」が始まりました。あまりの間の良さ(悪さ?)にあきれて、そのままラジオを切ってまた寝ました。そんなに寝てるというのに、朝スッキリ起きれないでグズグズしてるのは、眠り過ぎかしら。今日の「ゲゲゲの女房」、中学生の次女が眠るの大好き、遅刻しそうになっても布団と仲良くしてました。彼女、年を重ねて早起きになったのかな。それとも、今も布団と仲良しでいたい方かな。私は、何歳になろうと、早起きにはなりそうもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

耳で読む読書の世界 音訳者とともに歩む

タイトルは、二村 晃さんの書かれた本です。2010年6月24日初版発行。先日、「全国音訳ボランティアネットワーク」のページに紹介されていたので、図書館で借りてきました。NHK俳句を仕上げるまではとお預けにしてたけど、昨日、読み始めて、読了。二村さん、電通の要職にあった方で、中途失明されました。日本ライトハウス情報文化センター発行の「対面リーディング通信」に彼が連載してる「対面リーディング難所物語」から抜粋したものです。対面朗読が中心ですが、どういう音訳が聞きやすいか、わかりやすい漢字の説明の実例、文章の誤読、漢字の誤読等。とても面白かったです。「気になる読み方6つ」があったので、自分の覚えのために書いておこう。力んだ甲高い声のキンキン読み、文節ごとに区切るこま切れ読み、小さい声で口の中で読むぼそぼそ読み、言葉の区切りが曖昧なぬらくら読み、語尾が消えるぼやかし読み、自己流で漢字を誤読するまやかし読み。 

どうも性格が素直でないんで、先輩方が、「利用者の方はね…云々」と話してくれても、ほんとにそうなの?と思う気持ちがどこかにありました(最近は、対面始めたんで、利用者の方と話す機会が増えたんでいいんだけど)。こういう実際の利用者の声、思い、感想が入った本が読めると参考になります。それにしても、この本、予約したら、すぐ借りる事が出来ました。会、大所帯なのに、誰も、この本の事、知らないのかな。「面白い本があるから、今のうち予約入れた方がいいよ」と友達に電話して、当地の図書館、ただいま予約が1件入りました。その人がまた誰かに言い、芋づる式に広がって、予約件数伸びるかな。ほんとは買って手元に置く方がいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

夏休みの宿題、終了

NHK俳句9月号、録音時に、いろいろバカなことしたけど、修正も終わり、あとはテープに落とすだけです。当初の予定では31日校正でした。それが25日に前倒しになったので、ずいぶん早く終わりました。「私は録音終わったんだけど、あなたはどう」と電話いただいた時、ちょうど、私もちょうど録音終え、自己校正してたんで、それじゃという事で、予定早めました。2人とも、「早く仕上げたい派」だったんだけど、1週間、校正早くなるってすごい。テキスト、20日発売。90分テープ1本仕上げるのに、ちょうど1週間かかりました。夏休みの宿題を終えた気がします。

子供のころは、宿題ギリギリに仕上げる方だったのに、いつごろから路線変更したんだろう。今は早く仕上げたい方です。なかなかやる気になれなくて、テープ提出の〆切りが近くなるとやっと取りかかるという友達がいるんだけど、信じられません。早く終えとかないと、何があるかわからない。親戚に不幸があるかわからないし、自分が風邪ひいて声が出なくなるかも知れないしと言ったら、「その時は担当替ってもらえばいいのよ」 確かにそうなんですけどね。NHK俳句、今度担当するのは1月号。冬休みの宿題です。お正月にかかるので、担当替るというのは難しいだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

不審な電話対策

「振り込め詐欺の犯人グループが逮捕されました。あなたの通帳がそこにあったので、確認させてください。暗証番号と残高を教えてください」と、警官を騙った電話が昨日だけで何件もあったそうな。車の中で、へえと聞いてたら、この電話かかってきてるの、地元でした。ひとり暮らしの高齢者の家が標的になってるようだから、我家は大丈夫かな。

悪だくみしてる人が標的を広げることもある。かかってきたら、どういう風に答えよう。まず、暗証番号は、1100にしよう。残高は110万じゃあんまりだから、1100万にしようかな。どうせだったら、景気良く、1億1千万にしとこうかな。かけてくる方も、警官を騙ってるんだから、こちらも、人のいいバアサンの声を出そう。「あら、私の通帳、どうしてそこにあるんでしょ。ひとり暮らしだから注意してるつもりだったのに。トラの子のお金なのよ。暗証番号1100だから、よろしくお願いしますね。 あなたのお名前は? うちの長男と同じ名前だわ。ほんとにあの子、電話もかけてこないんだから・・・」と延々と話を続けて、話相手になってもらおう。電話をかけてきた人は、どこまで相手してくれるかな。犯人たちのブラックリストに載ったりして。
同日11時30分追記
正午前に発表される、前日のアクセスランキング、11010位でした。11000位だと、今日の記事とドンピシャだったのにな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

バカの多層重ね

今、事情があって、デジタル室のパソコン使えません。メモリー持ってって校正してもらう予定がダメ。もうひとりの担当の方、テープ録音です。一度はICレコーダーに落としたんだけど、使い慣れたテープの方がいいかと、昨日、午前中、テープに落としました。片面終わって、テープ返す時に聞いたら、あら、パソコンとデッキの速度があってない(送る側のパソコンの音をイヤホンで聞いてたんで気がつきませんでした)。そこからまたやり直し。出掛ける時間、ぎりぎりに出来ました。ちゃんと落とせたか聞き直してる時間はないけど、多分、大丈夫だろう。

「テープに落としたの聞き直してないんですけど、お願いします」と言ったら、「聞き返ししてないの?」というような怪訝な顔。「修正するときに一部分飛ばしちゃって、元に戻したんで、そこ変だったらやり直しますから」と言ったら、尚更、怪訝な顔。ウ~ン、どうやって説明すればいいんだ。とにかく、私が失敗を重ねているのであります。やっぱり、フレーズ重なってる所ありました。もう、バカが何段重なったか、数えるのはやめよう。例によって、アクセントの指摘、沢山ありました。発送までに日があるので、ゆるゆると直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

今のところ、バカの二段重ね

NHK俳句9月号、録音終わって自己校正してたら、昨夜、電話がかかってきました。もうひとりの担当の方、いつも早く仕上がる方です。今回はお孫さん来るので時間取れないという事で、校正の日、いつもより遅くなってました。それなのにもうできたそうな。あなたはと聞かれて、予定を早め、今日25日の校正にしました。校正したら、修正沢山出てくるんだろうけど、自分で気づいた所はやっておこうと、電話を切ってすぐ修正にかかったら、ギャッ、上書きモードのままだ。そのセクションの残り20分ぐらいが飛んじゃいました。

こういう時はまず落ち着こう。録音し直そうと思ったけど、なんか、声も変になってる。そうそう、こういう時は音声インポート。でも、ビルドブックしてないから、失敗したフレーズも全部出てきます(また、何回もやり直してるんです)。その中から、使うフレーズ拾い出して、何とか、今日の校正に持っていけるようにしました。ああ、良かったとお布団に入ってから考えたら、前日、別ファイルとして保存した分に、そのセクションあったんだから、それをビルドブックしてインポートすれば、こんな手間をかける事はなかったんだ。バカの上に、バカを重ねてました。これで、フレーズ飛ばしてたり重なったりしてたら、バカの三段重ねです。さて、二段で終わるか、三段になるかは、今日の校正次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

レンタン?

暑いときに、練炭の話なんかすると、もっと暑くなりそうだけど、昨夜、月曜ゴールデンドラマ「警視庁南平班七人の刑事」を、ながら見で見ました。見たのは、後半の1時間、犯人と目星をつけた人が、練炭で自殺して、事件解決と思いきやと言うあたりからです。オイオイ、肝心の練炭が変。敏腕の刑事さんたち、練炭の事、平板アクセントで言ってる。それじゃ、練炭じゃなく、練胆で自殺したことになっちゃうよ。練炭自殺と複合語になるとアクセント違って来るから、そのアクセントが、そのまま、練炭に引っ越したのかな。最後の真犯人の長い告白も、練胆で、ガクッとしました。それにしても、練炭、廃番になった商品じゃない。アウトドア商品で生きてるんだから、誰かひとりぐらい変だと気がつかないものかしらん。それとも、アクセント平板化の昨今、練炭もレンタンになってるの?

アクセントの事もあるけど、練炭自殺に偽装するという設定もなあ。ホテルの部屋で練炭自殺(見せかけだけど)してました。この暑いときに放映するのに、練炭自殺はないだろうと思うけど、そういうの別にして違和感あります。死んだのはタクシーの運転手。私だったら、車の中で死にます。ホテルの部屋まで練炭運ぶの嫌だし、ホテルだと、換気口があるんじゃないの。なんて、ドラマの設定に文句言ってもしょうがない。練炭のアクセント気になったの2度目です。きっと3度目もあるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

夏の噺のマクラ

「西日差す九尺二間に ふとっちょの背なで子が泣く 飯が焦げ付く」
蜀山人の狂歌。暑いと言わず暑苦しさを感じさせるということで、夏の噺のマクラに使うそうな。落語好きな方はうなずくかもしれないけど、私は検索してやっとわかりました。西日差すは実感としてわかるけど、九尺二間がどれぐらいの広さかわからない(だいたい、今の六畳くらいだそうです)。この頃、背中に子をおぶってる人見ないし、ご飯炊くのは炊飯器まかせで、暑い中、竈に火をくべる熱さもわからない。時代劇の長屋暮らしを思い浮かべて、ああ、そうなんだと思うくらいです。

それに対して、涼しさを感じさせるもの。
「庭に水 新し畳伊予簾 透綾縮(すきやちぢみ)に色白の髱」
ウ~ン、こちらもわからない。わかるのは、庭に水、新し畳くらいまで。蜀山人、こんなに言葉をつくしてるけど、今は暑い、涼しいの一言ですませてるような気がする。言葉の力が弱くなったんでしょうかねえ。
今日のネタ、NHK俳句9月号の季節往来の春風亭鹿の子さんの記事からです。いま45分録音終えて、折り返し点。春風亭鹿の子さんの記事まで行き着くと、ゴール間近なんだけど、まだまだだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

7に切り替えました

デジタル録音、今までXPでやってたんだけど、7に切り替えました。最近は、音訳だけ、XP使ってました。多分、容量が少ないせいだと思うんだけど、PRS Pro使ってて、アクセスエラーが良く出るようになりました。ちゃんと直る時と、何回かアクセスエラーが続く時があって、結構、イライラします。ビルドブックしたら、音声データ、ガタガタになった事もあります。いらないデータ消去したし、使ってないプログラムもアンインストールして、素人段階でやれることはみんなやって軽くしたんだけど、もともとの容量が少ない。初めてやった時は、訳がわからないままトライ。途中でメモリー不足のエラーが出てあわてました。1冊仕上げた後、パソコンに詳しい方に言ったら、そんなメモリー数信じられないと驚かれたんだけど、そうなんです。容量少なくても、保存先を外付けにして録音すればといいと、最近はそうしてたんだけど、これNGだそうな(会合で、保存先、Dドライブとあれほど言ったのに云々とあったけど、外付けに録音してたの私であります。それに、Dドライブとずっと言い続けるのもなあ)。そういうことはさておいて、そろそろ潮時と、音訳も7でやることにしました。さて、XPどうしましょ。

XPの前の98も置いてあります。遅ればせながら、リサイクルの申し込みをして、処理代払いこむ振り込み用紙がきました。XPもそのうち処分する事になるんだけど、遅いだけで使えない訳じゃないから、しばらくは予備用に置いとこうかな。7での録音、順調です。人間の方が噛んだり、変なイントネーションになって、録音中断してるけど、パソコンがエラー出さないの助かる。容量に余裕あるので、ファイルの末尾に日付入れて、前日のファイルぐらいはとっておこうかと思ってます。メモリーに落とすようにはしてるんだけど、音声データ、ガタガタになった時は、両方ともダメなファイルでした。いろんなトラブルにあうと、だんだん用心深くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

ふるさとを同じうしたる秋天下

タイトルは、NHK俳句9月号に載ってる、高野素十の句です。黙読した時は、何も引っかからなかったけど、音にしてみると、はて、どう読むんだ?言葉としては、秋と天下というふたつのくくりで入ってきました。アキ/テンカなのか、それとも、アキテンカという一つの言葉なのか。あとで修正するのもイヤだから、打ち合わせの時聞いてみました。そしたら、「秋天(シュウテン)が季語なんだから、シュウテンカだよ」という返事。笑われるような事聞いたんだけど、聞いた私の方が大笑いしました。なるほど、シュウテン/カなんだ。こういう事良くあります。だいたい、季語についての知識が怪しいのが読んでるんだもんなあ。

こういう事があると、一応、その言葉、調べてみます。秋天を季語にした俳句は、勿論、沢山あったんだけど、「秋天、秋の天気のことではない」という記事がありました。競馬、秋の天皇賞を、「秋天」というのだそうな。これは、「アキテン」のようです。「秋天の陽炎」なんて言葉も出てきました(こちらは、シュウテン)。大分トリニータがJ1昇格を逃した試合を書いた金子達仁のルポルタージュ由来だそうな(後に、加筆して出版)。へえ、サッカー、○○の悲劇が沢山あるけど、秋天の陽炎のほうがいいな。こうやって寄り道してるから、下調べに時間がかかるんだよね。寄り道が面白いからいいんだけどね。寄り道の最後、大分トリニータ、いま、J1にいるかと思ったら、J2で、今の順位、15位でした。秋天、縁がなさそうで、雨続きのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

今日は、図書館

今月はNHK俳句の担当で、今日20日は、NHK俳句9月号の発売日。午前中、図書館で会合があるんで、その帰りに、買って来ようと思ってたら、昨夜、電話があり、できたら、今日の午後、NHK俳句の打ち合わせをしたいとのこと。え~っ、そんな、それじゃ下調べする時間がありません。それどころか、私はテキストを買いに行く時間もない。もうひとりの担当の方、土曜日からお孫さんが来るので、昼間は、今日しか時間が取れないそうな。仕方ない、ざっと打ち合わせして、わからない事が出てきたら、電話で教えて貰う段取りにしました。私の分のテキストも買ってきてくださいとお願いしたけど、本屋で予約してある分、取り消せるかな。

最近は、午前か、午後、どちらかにしてたので、お弁当持ちで行くの久しぶりです。午前・午後、両方とも、中身は濃そう。途中でエネルギー切れになる恐れもあるけど、帰ってからバタンキューの可能性大。それでは、行ってきま~す。
同日20時追記
予約分、キャンセルできました。630円、余分に払わなくてもいいから良かった、良かった。担当月は、半額の315円が会から出ます。315円は自分持ち。それが945円持ちになるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

下調べ

「サマーウォーズ」の下調べ、解説までたどり着きました。解説で、また、いろいろ知らない言葉が出てくる。CVって何のことかと思ったら、キャラクターボイスの略、声優のことでありました。アニメ「ムシウタ」に触れてあって、主人公、薬屋大助、杏本詩歌、彼らの通ってる高校、桜架東高校、さて、これは何て読むんだ。「ムシウタ」で検索したら、クスリヤダイスケ、アンモトシイカと主人公の名前はわかったけど、高校の名前はわからない。検索した中に、youtube、ムシウタ1回「夢ノ始マリ」がありました。これを見たらわかるかもしれないと見たら、舞台は桜架市(オウカシ)でした。オウカヒガシ高校でいいんだ。

「ムシウタ」、第1回見たけど、この頃、こういうのが人気あるのかなあ。理解の外です。ムシウタのページには、虫憑きのランクとか、登場人物の詳細な説明あって、何だかややこしそうな話。「ムシウタ」、サマーウォーズをノベライズした岩井恭平氏の作。サマーウォーズとは全く路線の違う作品です。解説に載ってる以上調べなきゃいけないんだけど、この暑いのに、良くやるなあと自分でも思います。動画までみてるもんなあ。解説文も終わったので、一応、下調べ終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

お巡りさん

交番のお巡りさん、前回の巡回、いつ来たのか忘れたくらい前です。昨日、こちらの担当になったご挨拶かたがたという事で、巡回に来られました。「ずいぶん久しぶりにお伺いすると思うんですけど」と話しだした彼、とても感じ良かったです。やる気も感じられ、いろいろ聞かれたけど、ちっともイヤな感じしませんでした。住んでる人、仕事先の再確認など。我家の電話番号、どういう訳か間違ってたので、訂正お願いしました。今回は、緊急時の連絡先も聞かれました。ご近所にそういうことお願いしてないので、交番でわかっててくれれば安心です。

「何か今、困ってる事ありませんか」と聞いてくれたあと、「何かあったらいつでもご連絡ください」と、電話番号と名前が入ったシールを置いて行ってくれました。こんなの初めてです。早速、そのシール、電話のところに貼りました。最近、高齢者が不明になってるんで、ローラー作戦?と思ったけど、言葉通り、ご挨拶がわりの巡回なんだろうな。お巡りさんって、どのくらいで異動になるんだろう。とても感じ良くて話しやすかったので、彼がずっといてくれるといいんだけど。帰ってきた相方に報告したら、「暑くて困ってると言えば良かった」というんだけど、暑い真っ盛りに来てくれたお巡りさんに、そんな事いえません。しかし、我家の温度計、36,5度でした。温度計涼しいところ置いてあるんで、実際はもっと暑いんだろうな。確かに暑くて困ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

電気代払ってます

昨日の夕刊に、「エアコンはあったんだけど、電気代10年以上払ってなくて使えず、熱中症で亡くなった」という記事が載ってました。エアコン使えなくて、熱中症になったように書いてあったけど、エアコン苦手人間としては、ほんとにそうなのと思います。我家の猛暑対策は、団扇と濡れタオルだけ。エアコンある事はあるんだけど、今年はスイッチ入れず。そういえば、扇風機も出してないなあ。水分補給するように気をつけてるし、家の中のいちばん風通しがいいところでグターッとしてるお気楽な毎日だけど、団扇と濡れタオルでしのいでます。かえって、エアコンかかって気持ちいい所が鬼門。短時間ならいいんだけど、1時間以上いると身体が冷えてくる。冷房対策の上着はおっても、身体の芯まで冷えて、我慢できなくなる。いくら暑くても、エアコンなしの家にいるのが一番いい。

数年前の事になるけど、私がエアコン使ってないと伝え聞いた知り合いの若い女性、「あの家、お金がなくて困ってるの」と親に聞いたという話が、耳に入りました。その頃は、相方はエアコン使ってたんだけど、お金がないのは間違いない。「そうなのよ」とその話を教えてくれた人と大笑いしました。エアコンは使ってないけど、電気代は払ってるので、冷蔵庫は動いてます。冷たい麦茶も飲めるし、氷もガリガリかじれる。夏に氷を食べるなんて、昔は、天皇・貴族のレベルだと思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

信州上田にいます

盆休みも終わり、交通渋滞も一段落したので、信州上田にきました。大いにリフレッシュしてますと言いたいところだけど、大嘘。信州上田と、仮想空間OZを舞台にした「サマーウォーズ」の下調べをしてます。信州上田の方はそうでもないけど、仮想空間OZの方で、知らない言葉が沢山出て来るので、「仮想空間OZにいます」と言った方があたってるかも。今やってる対面朗読の利用者、大の映画好き。サマーウォーズの映画のノベライズがあるんだけど話したら、映画とは別物として、是非、音訳してほしいという話になりました(映画の事もご存知でした)。蔵書はやらないつもりだったけど、プライベートならいいかな。

プライベートでやるんなら、いろんな処理、その人向けにすればいい。リクエストしてくれた人の、録音図書に対する考え方、ある程度分かってるので、それに応じた処理ができる。幸い、同じ対面やってる人が、校正やるわよと言ってくれてます。「サマーウォーズ」、サピエで見たら、点字版があるだけで、音訳図書はない。蔵書にするのもアリかなと思わないでもないんだけど、少し前(3月中旬)に完成した本、全国で初めての音訳なのに、サピエに完成情報載らず、ずっと着手のまま。サピエ図書館のデータ上では、その本の音訳は1冊もない事になってます。情報アップする当地の図書館の処理方針が変わるとも思えない。それと同じ扱いになるんだから、やっぱり、プライベートでやる方がいいかな。リクエストしてくれる人がいて、校正ひきうけてくれる人がいるので、後は、私のやる気だけ。下調べ、70パーセント終わったので、あと一息です。でも、NHK俳句の予定が入ってるから、実際に取り掛かるのは9月に入ってからかな。
同日16時半追記
サマーウォーズ、終盤に入り、花札が切り札になります。花札、ルールも役もわからないよう。猪鹿蝶、赤短、青短くらいは聞いたことあるけど、三光、雨四光、四光、五光って何だ?グーグル検索してます。まさか、花札の役を検索するとはねえ。思いもしませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

いかんなあ

毎日暑い。髪を洗ったらスッキリするかと、昨日午後、洗髪してました。家には私ひとり。シャンプーを泡立てて、地肌をマッサージし始めたら、ドアホンの音。今、出ていけないよう、いない事にしようと思ったのに、いるとわかってるみたいで、「郵便です。書留お願いします」と何回も繰り返してる。また配達してもらうのも悪いから、みっともなくてもいいや、頭にタオル巻いて出ていこう。洗髪途中の変な格好で出て行ったら、そこにいたのは、若いオニイチャンでした。

「今洗髪中でナンダカンダ」と言って、書留受け取ったんだけど、2通受け取ったのに、サインはひとつしかしてない。帰っていくオニイチャンに、「サインひとつだけでいいの」と聞いたら、書留2通分の受領サインだそうな。考えてみたら、「ここにサインを」と言われて、文面見ないままにサインしてました。こりゃいかん。洗髪途中だろうと、お風呂上がりだろうと、サインするときは、ちゃんと確認してから自分の名前書かないと。そういえば、ずいぶん前になるけど、内容証明が来た時、ここにサインをと言われて、訳もわからないまま、内容証明受け取った事がありました。勿論、受取拒否できるそうで、専門家の指示に従い、その後の内容証明は、全部、拒否しました。あのころに比べれば、今は、毎日、平穏無事な生活だなあ。だんだんガード甘くなってるけど、最低限の事は気をつけないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

妖怪ぐうたら

「ゲゲゲの女房」、今週は「妖怪いそがし」でした。珍しく、朝の連続ドラマ見てます。村井家は、妖怪いそがしに取りつかれて大変。〆切りに追われて徹夜続き。とても、あんな生活はできません。我家には、妖怪いそがしならぬ、妖怪のんびりがいると言ったら、相方から訂正が入りました。妖怪のんびりじゃなく、妖怪ぐうたらだそうな。なるほど、納得。家全体が、妖怪ぐうたらに包み込まれて、住人は、ぐうたらぐうたらしてます。今朝、ゲゲゲの鬼太郎の歌を歌ってたら、自然に、ぐうたらのテーマソングができました。それほど、妖怪ぐうたらと仲良くしてるってことなんだ。

グッ、グッ、グググのグー
朝から晩まで、グーグーグー
たのしいなたのしいな
ぐうたらにゃゴチソウも、旅行もなんにもない
グッ、グッ、グググのグー
みんなで歌おう、グググのグー

ここまで書いた所で、ゲゲゲの鬼太郎にならって、朝・昼・晩と、3番まで作ろうと思い立ちました。庭には、雑草生え放題とか、遊び友達はヒメアリだとか、生活に即したフレーズが浮かんできて、もう一息。でも、3番まで書くと長すぎるんで、簡易バージョンにとどめておきます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

コピー・貼り付け

昨日、映画「天使と悪魔」のテレビ放送をみて、その感想を途中まで書いたら、あれ、同じような事を書いた覚えがある。検索したら、去年の5月17日、「ダビンチコード」見たときに、ほぼ同じ事書いてて、「天使と悪魔」の読後感も書いてある。手を抜く訳じゃないけど、その記事、再掲しておきます。8月は、お盆関連とか、玉音の読み方の検索がかなりあります。検索も月ごとにパターンがあるけど、書く方も、同じ事書いてるかも知れません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ダビンチ・コード」の映画、テレビ放送で見ました。できるだけ本を買わないようにしてるんだけど、この原作の本は衝動買いしました。そうそう、こういう話だったと思い出しながら、楽しんで見てました。原作と映画や舞台は別物とわかっているのに、落差がひどいと、つい腹を立ててしまうんだけど、幸い、ダビンチコードは細部まで覚えてない。あらすじだけは覚えてたので、この爺さんの化けの皮はいつはがれるんだっけなんて、変な楽しみ方をしてました。
ダビンチ・コードは、「天使と悪魔」の映画公開ににあわせて流したテレビ放送。予告篇の方がメインみたいなものです。その予告篇を見て、そういえばこれも読んだんだっけと思い出しました。ダビンチコードが面白かったんで、そのあと、図書館で借りて読んだんですよね。読んだことさえ忘れてました。予告篇見てたら、だんだん思い出してきました。教皇選出、コンクラーベにからむ話で、科学者集団のイルミナティがでてきてと、その辺は思い出したけど、話の流れや、結末、全然、覚えてません。

覚えてない私が心配することでもないけど、教皇、厳粛な存在だと思うのに、「天使と悪魔」みたいな本が出たり、映画になってもいいんでしょうかね。実際は、策謀や権謀が渦撒く世界みたいだからいいのかな。それとも、いかにもありそうな話だと問題だけど、「天使と悪魔」まで走っちゃうといいのかな。「天使と悪魔」、今読んだら、初めて読む如く、楽しめると思います。アヤフヤな記憶力も時によってはいいかも。(2009年5月17日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

ウイルス、誤検知?

8月9日付で、USBメモリーにウイルスがついて来たと書きました。昨日、メールがあって、その時メモリー刺したパソコン、ウイルスにやられてなくて、きれいだったそうです。自分のパソコンきれいだし、ウイルスチェック済みのメモリー刺しました。刺したのは、そのパソコンだけです。そのパソコンもきれいだとすると、ウイルスはどこから来たんだ?摩訶不思議、狐につままれたようです。 新種の空気感染のウイルスがその辺にプカプカ浮いてるのかしらん。可能性があるのは、ウイルスチェックソフトの誤検知だけど、そのパソコンに刺した別の人のメモリーからも、ウイルス検知されたんだもんなあ。私、バッファローのUSBです。いろいろ検索してたら、トラブルあった様子なので、シリアル番号確認したけど、該当してませんでした。ほんとに、パソコン、シロ?それとも、誤検知?

もっと言えば、「USBメモリーは、持ち込む本人が責任持って、ウイルスチェックかける。そのメモリーを、そのまま、無防備なパソコンに刺して作業する」という態勢がどうもねえ。持ち込む人がみんな、いつでも必ずルールを守るとは思えない私は、人を信じない人間なのかも。でも、こういうことは最悪のパターンを考えてセーフティネットをかけなきゃいけないと思うんだけど。でも、これでその部屋のパソコン、みんなきれいという事になったら、私、オオカミ少年だな。もっとも、その部屋のパソコンには、自分のUSBメモリー、極力、刺さないようにするから、私が2度目の警戒警報出すという事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

江戸時代の時刻・時間

下調べをしてると、面白い事にはまる事があります。今回は、江戸時代の時刻・時間。発端は「一刻あまりで」という言葉。これは今の時間にするとどれくらいだろうという所から始まって、江戸時代の時刻・時間にはまりました。
「子の刻、丑の刻…」と、「九つ、八つ・・・」という二つのいいかたがあるんだ。調べていくうちに、落語の「時そば」の、「九つかい」、「いえ、四つで」というくだりがやっとわかりました。九つから始まって四つで終わるんで、九つと四つは隣り合ってるんだ(なぜ、九つから始まり、四つで終わるかは長くなるので省略)おやつも、八つに食べるんで、おやつだそうです。ほかにも、正午、午前、午後は、午の刻がもとなんですね。

いろいろわかって面白かった。ところが、肝心の一刻がわからない。辞書をひくと、一時(ひととき)が今の2時間、一刻はその4分の1の30分となっている。フ~ン、子の刻から丑の刻までを一刻というんではないんだ、とわかった気になったら、時代小説の大家が、一刻(2時間)とカッコ書きで説明してる本もある。ウ~ン、訳がわからない。2時間と30分じゃ大きな違いなんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

駐車料金800円

市のはずれに住んでるので、公共交通機関なるものを利用するには、相当歩かなきゃいけない。動くのはほとんど車です。ケチなせいか、駐車代払うことはほとんどありません。街中に行くときは、相方の実家に車とめます。対面朗読は、利用者の都合で、街中の図書館利用させてもらうんだけど、相方の実家、その図書館のすぐ近く。誠に好都合です。ところが、今日は庭屋が入ってて、車おけない。仕方ない、近くの駐車場に車入れました。

駐車代1000円でした。図書館で200円の駐車券くれるので、お財布から出たのは800円。対面・午前の部担当の私は、9時半から始めて、12時に終了。そこで帰ってくれば、駐車代もっと安かったんだけど、終わってから、今、読んだ分について、いろいろ話が弾みました。そのうち、午後担当の方が早めに来て、3人で、音訳の事やら、映画の副音声の事やら話は発展しました。いちばん熱心に話してたのは利用者の方だからいいようなものの、午後の対面の時間にちょっと食い込んだので、「ゴメンゴメン」と、あやまって帰ってきました。お昼で帰ってくるつもりだったので、そこで食べたのは、お腹の虫おさえに持って行ったクラッカーだけ。帰ってきてからパンとか食べたけど、昼ご飯代が、駐車代になった計算です。それにしても、駐車代、高い。車、無料で置けるからいいけど、毎週800円負担だと、ひと月3200円になるんだ。この計算、対面朗読プラスおしゃべりの時間だから、おしゃべり外せば、もっと安いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

ウイルスがついてきた

USBメモリー、家と、デジタル室のパソコンにしか刺しません。金曜日に持ち帰ったファイルを取り込む前に、メモリーのウイルスチェックをしたら、トロイの木馬が2つ検出されました。そのファイルが入ったメモリー預かるはずだったんだけど、自分もメモリー持ってたんで、デジタル室のパソコンに落として、データ貰いました。念のため、先方にウイルスチェックしてくださいとお願いしたら、やっぱり同じウイルスが出てきました。2人とも、ウイルスチェック済みのメモリーだったんで、そのパソコンにウイルスが居るんだ。いつからなんだろ、他のパソコンは? 貸出用のメモリーは?

デジタル室のパソコン、ウイルスチェックソフト入ってなくて、全部、無防備のまま。今までは、テープ録音したものをパソコンに落としてデージー編集するだけでした。デジタル録音が始まって、外からUSBメモリー持ち込まれるようになったけど、「メモリーのウイルスチェックは各自必ずする」という事になってます。メモリー使ってる人がみんな危機意識高い訳じゃない。どこかで綻びが出るだろうと思っていましたが、まさか、自分のメモリーにウイルスが入って、警戒警報出す当事者になるとはねえ。幸い、自分のパソコンは大丈夫だったけど、このままだと、デジタル室のパソコンがウイルス広げる元凶になりかねない。ネットにつないだパソコン1台置いて、持ち込まれるメモリー、関所の如く、ウイルスチェックすればいいと思うのに、図書館の中なので、無理みたいです。いや、そもそも、図書館の録音図書作る作業なんだから、図書館のパソコンで、ウイルスチェックすればいいと思うんだけどなあ(図書館と話し合いを重ねて、今の態勢になったようです)。

今回の事件、「これこれこういう事があったから、みんな気をつけましょう」と掛け声かけて終わっちゃうのかな。今の時点で態勢見直せば、今回の事、プラスに働くんだけど。それにしても、テープ録音でもトラブル遭遇率高かったし、デジタル録音になれば、メモリーにウイルス付いてくるし、ほんとにまあと思います。
8月11日付記
USBメモリー刺したパソコン、ウイルスに汚染されてないというんだけど、それじゃ、USBメモリーのウイルスはどこから来たんだろう。私のメモリーだけだったら、勘違いで終わるかもしれないけど、もう一人いるんだもんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

サマーウォーズ

6日金曜日、夕飯後に熟睡。起きたら、「サマーウォーズ」やってました。何の予備知識もなく見始めたんだけど、こりゃ何だ。面白い。たぶん、初めの20分ぐらい見逃してるんで、わからない事も多いんだけど、途中でチャンネル変えることなく、最後まで見ました。もう1回ちゃんと見たい。導入部はどう始まったんだろうと、「サマーウォーズ」で検索したら、公式ホームページがありました。ストーリーという所で、ばっちり、私の見逃した部分、ありました(静止画だけど)。OZだの、アバターだの、途中から見たにしては、大体あってました。見てたのにわからなかった事があって、花札、絵柄を知ってるだけでやった事ありません。肝心の「こいこい」で大勝負する場面がちっとも分らなかったのは残念。

サマーウォーズ、本もあるみたい。本があって、アニメになったのかと思ったら、アニメが先で、「サマーウォーズ」監督の細田守・原作でした。平成21年7月25日発行にしては、サピエ図書館に点字データひとつあるだけで、録音図書はない。もう蔵書やらないと言いつつ、気持ち動いてます。まずは、本がどんな出来か読んでみよう。図書館で借りようと思ったら、予約16件入ってました。登録するかどうかわからないけど、買って来よう。当地で人気のある録音図書は、時代物。サマーウォーズ、音訳しても、棚で眠っちゃうかな。完成しても、サピエにアップするの、何箇月後かわからないし・・・愚痴になりそうなので、この辺でやめとこう。それより、「サマーウォーズ」なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

粗品・販促品

先日、銀行から勧められた商品、契約しました。契約整って、書類持ってきてくれた時、粗品・販促品のお土産付き。動かしたのは少額なんだけど、挨拶をかねてということで、上乗せがあったみたい。初めて来た時、粗品の事いろいろ言ったので、「ほんとにこんなものですみません」という苦笑付きです。

袋の中に入っていたのは、台所洗剤、ガラスのコップ2個、ラップ、キッチンタオルでした。何だか、残り物の寄せ集めみたい。我家が貰った分、銀行さんの仕入れはいくらでありましょうや。銀行、いろんなキャンペーンやってます。信用金庫が来店キャンペーンをやってた時、会社、家といろいろ用事があって、1度にポイントが沢山たまった事があります。その時貰った、500円の図書券、書類ケースが今までで一番良かったかな。粗品をくれるなら、その分、金利高くしてくれる方がいいんだけど、それが無理なら、図書券とか、そういう方がいいな。最低額、500円というのは高すぎるだろうから、信用金庫、自分の所の客とタイアップして、地域通貨作ったらいいのに。そうすれば、100円券とか、200円券とか、少額が設定できて好都合。粗品がわりに、地域通貨というのも、飛躍しすぎでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

こむら返り・初体験

暑くて、毎晩、布団をはねて寝ています。外見はともかく、それでどうという事なかったのに、昨夜は、こむら返りを起こしました。この頃は大丈夫だけど、ひところ、相方よく、こむら返りおこして、痛い痛いを連発してたけど、こんなに痛いものなんだ。痙攣起こしたのは左足。親指を何とか動かして、こむら返りとめました。でも、痛みは残ってて、今も、ちょっと変。

ところで、「こぐらがかかる→こぐら返り」だとばかり思ってました。どんな字を書くんだろうと辞書をひいても出てこない。こぐら返りじゃないの? どうやって調べればいいんだ。腓腹筋で出てくるかとひいたら、あたりでした。「こむら返り」。ヒラメ筋痙攣もあるようだけど、私はどっちだったんだろう。でも、ずっと、「こぐらがかかる」だと思ってたのになあ。あんな痛い思いするの嫌だから、今晩から、ちゃんとお布団掛けて寝る事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

目玉おやじ

今日初めて受診した眼科医院、検査室の棚に大きな目玉おやじがいて、笑ってしまいました。患者さんからのいただき物だそうな。昨日の朝、左目の視界に、棒のようなものが見えました。飛蚊症かな、近いうちに受診しようと思っていたら、昨夜、電気を消した時、左目に緑の光が2回走りました。私の眼、どうかしちゃったのかと心配になり、朝一で受診しました。飛蚊症だけならいいけど、何か他の事が絡んでるといけないので、視力、眼圧等、測った後、瞳孔が開く薬をさして、検査。心配はなく、年齢によるもの、加齢現象です。という事で、薬も出ず、帰ってきました。見えた光についても、詳しい説明を受けて納得しました。

これから、もっといろんな事が起きるんだろうな。医療関係のファイルの中には、今まで受診した、総合病院、開業医、いろんな科の診察カードが、ズラッと並んでます。眼科はなかったから、今日、仲間入りしました。新入りとはいえ、目玉おやじがにらみを利かせてるから、眼科のカード、大きい顔してるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

氷ができない

この暑いのに、冷蔵庫トラブルで、氷ができない。5年ぐらい前に、冷蔵庫買い替えた時、「製氷部分が、トラブル起きそうな気がするんだけど」と聞いたら、「いえ、簡単な仕組みだからそんなことはありません」と断言した店員さんは、もう他の仕事についてるか、他の店に移ってるだろうな。ランプ点滅してるので、取扱説明書読んだら、掃除が必要とのこと。指示に従い、やったけど、何の変化もなし。それではと、浄水カートリッジの交換したけど、ダメ。水タンクの量は、満水のままで、できた氷がたまる所は、空のまま。

電気屋さんに電話して見て貰おうかとも思ったけど、一昔まえの、製氷皿に水入れて、氷作る方式に戻せばいいんだ。製氷皿、もう処分してないので、百均に行って入手。できた氷を貯める所に、製氷皿入れたら、ちゃんと氷ができました。製氷用の水タンクセットする所は、缶ビールを入れるのにちょうどいい、水タンク外して、缶ビールの指定席になりました。冷蔵庫トラブル、105円で解決(おっと、浄水カートリッジ1575円かかってたんだっけ)。製氷皿に水入れて氷作る方式でいいのに、メーカー、どんどん変えちゃうんだもんなあ。我家の冷蔵庫、製氷部分だけ、先祖返りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

銀行員も、さま変わり

銀行にいっても、ほとんどATMで用事が済む。たまに窓口に行っても、伝票と納付書を出すだけで、銀行の方と話す機会なくなりました。昨日、珍しく、地銀の外回りの方が来ました。定期の金利、また下がるそうな。あらかじめ、電話で日時決めて、違う商品にしませんかという勧誘です。変額個人年金の募集代理人という立場なので、当然と言えば当然なんだけど、銀行員という雰囲気、皆無。いや、証券会社の営業より飛んでる感じだから、彼女に限ってなのかな。

商品は置いといて、こちらも銀行の事について、いくつか質問。かなり立ち入った内容だったんだけど、それなりに教えて貰いました。この地銀、口座は作ってあるけど、年に数えるほどしか行かない。メインは信用金庫で、月に何回か行ってます。肝心のメインの信用金庫、何も営業かけてこないなと思ったら、2ケタの定期が1本あるだけでした。これじゃ、メインと言うには程遠い。何も言ってこないはずだ。さて、変額個人年金、どうしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

ぬか喜び

7月31日に、ヒメアリ騒動一件落着と書いたのですが、念のため置いていた、アリの巣ころり粉末入りハチミツに、ヒメアリが何匹か来てる。全滅したんじゃなかったんだ。どこから出入りしてるか確かめたら、この前の出入り口とは違う所。第2集団がいるって事? 我が家にヒメアリの巣はいくつあるんだ。夏休みの自由研究にちょうどいいなんて浮かれたのに、ちょっとへこたれてます。2日ばかりの観察では、自由研究のレポートにはならないってことかしら。朝起きると、顔洗う前に、ヒメアリがどのくらいいるか確認するのが日課になりつつあります。ヒメアリ騒動、まだまだ続きそうです。

パソコンから目をあげると、北側の窓から、蜂、黒アゲハ、トンボが飛んでるのが見えるし、石垣にはトカゲが走ってる。今年の夏は、黒アゲハが多いような気がします。ヒメアリも家の中に入って来なければ、目の敵にしないんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

ICレコーダー録音分をPRS Proへ

いつもパソコンの前に貼り付いていられない。草取りとか何かしながら、自分の録音したのを聞き直しできるといいんだけど。そしたら、ここで、ICレコーダーがいいと教えて貰いました。早速、入手、重宝してます。最近、対面朗読始めました。マイクに向かっての録音と対面朗読と、対面の方が自然に読んでる気がする。先日の対面のおり、ICレコーダーで録音してみました。かんだり、言い淀んだりしてる所多々あり。これを音訳ソフトのPRS Proで編集して、マイク録音と比べてみればいいんだ。ところが、ファイル読み込ませようと思ったら。「認識しません」というメッセージ。PRS Proで録音したファイルはそのままICレコーダーで読めるのに、どうしてできないんだろ。でも、どうしてもしなきゃいけない事でもないので、ま、いいかとあきらめてました。

先日、パソコンに詳しい方に、折よくお目にかかりました。聞いてみたら、「インポートできるはずだけどなあ」 えっ、インポートするんだ。私、ファイルを直接開こうとしてました。何だ、そうかと家に帰ってインポートしてみたら、「ファイルを認識しません」と前と同じメッセージが出るだけ。ここで遅まきながら、ICレコーダーの取扱説明書を見ました。簡単な使い方説明見ただけで使い始めたので、取説見るの初めてです。録音モード、PCM、MP3、WMAの3種類がありました。どうも初期設定が、WMAになっていて、それが認識しなかった原因のようです。PCM、MP3と設定を変えて、そのファイルをPRS Proにインポートしたら、両方とも、ちゃんとできました。WMA、マイクロソフトが開発した音声圧縮方式とのことで、PRS Proがこれに対応してないので、読みこめなかったようです。モヤモヤしてた事がわかってスッキリしました。それから、取説を見ながら、マイク感度とか、録音レベルとか、いろいろ変えて、ひとしきり遊びました。ICレコーダー使い始めたのはしばらく前なのに、今まで何をしてたんだろ。相変わらずのドジだ事。パソコン師匠に、ちゃんとできた旨報告したら、「だいたい、みんな何かに困ってから、取説開くんです」という返事をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »