« 実際の利用者と | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

2010年7月17日 (土)

山鉾

先日担当したNHK俳句7月号「歳時伝承の世界・祇園の祭り」に、山鉾が出てきました。広辞苑で調べて、「やまぼこ」と発音。何気なしに読んでいくうちに、「やまほこ」と発音してしまった所も何箇所かあって、修正しました。そのテープを発送した直後くらいに、NHKの番組予告で、「やまほこ」と言ってました。あらま、私、広辞苑で調べたはずなのに。

そしたら、平松さんの「音訳の部屋」の中のブログ、「リビングルーム」7月14日付で、「山鉾は、やまほこ、やまぼこどちら?」と取り上げられてました。昔からの経緯も記され、祇園山笠連合会は「やまほこ」、山鉾の各保存会は「やまぼこ」、ユネスコの無形文化財に登録されてる英文表記は「やまほこ」だそうです。へえ、そうなんだ(詳しくは、そちらをご覧ください)。音訳してると、少しでも疑義のある言葉は、「典拠は?」と良く言われます。辞書で調べて、典拠として、その旨下調べ表に書くのがルールなんだけど、辞書は後追いになる。言葉は生きてるんだから、辞書1本やりというのもねえ。今度の山鉾のように、正しいか間違いかじゃないゾーンがあると思うんだけど、でも、蔵書で、「やまほこ」と読んだら、辞書ではこうだからと、校正にかかるんだろうな。今度「山鉾」が出てきたら何と読むか迷うところだけど、疑問に思ってた事がわかったので、嬉しくなって、「リビングルーム」に、お礼のコメントを書いてきました。

|

« 実際の利用者と | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/48896130

この記事へのトラックバック一覧です: 山鉾:

« 実際の利用者と | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »