« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

眠い

パラグアイ戦、延長のころから見てられなくて、PK戦はほんとにダメ。PK戦見たの、久しぶりです。今回の代表、いちばん目がいったのは、川島でした。最近、Jリーグの放送あっても、ほとんど見てなかったけど、再開したら、また見ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

原因不明だけど、一件落着

ビルドブック時の「不明のエラーです」のメッセージ。ファイルが壊れたとしか考えられないので、調べてみました。
本来は、No1から始まる音声ファイルが、20、49、50・・・・68と変な番号になっていて、配列もめちゃめちゃ。トップが、題名セクションのはずなのに、トップの20の音声ファイルには、ビルドブック前に修正したフレーズが入っていて、題名セクションは、2番目の49のファイルです。最後の68は、原本奥付のセクションなのに、これも、修正フレーズが余分に入っていて、本来の原本奥付のフレーズは無音になってしまっています。50から67までは、番号が変だけで、音声データは、ちゃんとしてます。

ここまでわかった所で、シナノケンシに電話。私は音声ファイルを当たって、調べていたけど、PRS Proの画面上で見てくださいとのこと。やはり、無音のフレーズが入ってる原本奥付のセクションが、ビルドブックできない原因なので、それを削除して、ビルドブックしてくださいという指示(勿論、その前に削除していいかどうか聞かれて同意済み)。その通りしたら、今度はできました。原本奥付のセクションは、もう、録音する元気はないので、校正後のファイルから、その部分を音声インポートしました。これからもこういう事が起こるのかどうか不安なので、聞いてみたら、多くはないけれど、同じ問い合わせはあって、現時点では、原因不明だそうです。フム、テープ録音、トラブル続出で、デジタル録音に切り替えたのに、やっぱり、トラブルと縁は切れないのね。でも、日曜日にした修正が無駄にならず、今日、提出できます。シナノケンシの担当者の方、有難うございました。見当はずれな事も、いっぱい聞いてごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

茫然自失

テープ録音の時から、トラブルとは友達づきあいだけど、ここまで親友になるとは。NHK俳句の録音終わったので、昨日、時間かけて、蔵書・録音データの修正をしました。提出する前に、ビルドブックしようと思ったら、途中で止まってしまい。「不明のエラーです」というメッセージ。え、どうしたんだ。もう1回やってみたけどダメ。トラブルと友達なので、いろいろ方策もしてます。ビルドブックする前に、念のため、そのファイル、メモリーに落としてあったんだけど、そのファイルでやっても、同じ結果。XPの調子が悪いのかと、7でやったり、音訳ソフトのPRS proいちど終了させてからやったり、思いつく事は全部やったけど、ダメ。そのファイル以外の他のファイルなら、ビルドブックできるということは、修正終えたファイル、壊れちゃんたんだろうな。ビルドブックできないと、蔵書にできないんだよね。 

校正に提出する前のオリジナルも保存してあるし、校正から帰ってきたファイルはメモリーにそのまま入ってます(この2つのファイルはビルドブックできるんで、異常はない)。修正箇所もいつもより少なかったから、取り返しは付くんだけど、ショックであることに変わりありません。茫然自失から、頭に血が昇り、その後カリカリという、まことに精神衛生に悪い事にあいなりました。やっぱり、対面がいいかなという結論になりそうです。それでもと、落ち着いてから、修正ファイル(ダメファイル)と、校正済ファイル(正常ファイル)の違いを調べています。どうしてこうなったかは不明だけど、なかなか面白い。明日、ソフトのメーカーに電話して、報告できる事があったら、報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

一応、読了

NHK俳句7月号、録音終え、自己校正も終了。通して聞いたら、間延びしてるところ、間が足りないところ、数箇所あるので、まだ手直しは必要だけど、一段落です。19日に原本、手にして、下読みがてらの下調べに2日間。録音、自己校正、修正に、ちょうど1週間。それにかかり切りになってるわけじゃなく、途中でいろいろ用事も入るけど、家にいるときはかなりの時間を費やしてました。90分仕上げるのに、これだけ時間がかかるんだから、やっぱりスローペースなんだろうな。

先日の講演会で、録音図書部門の担当者でもあり、利用者でもある講師の方が、「雑誌の音訳は下手でいいんです。早く仕上げる方が優先」と言ってました。早く仕上げられない私は、そちらの方は聞き流して、そうか、下手でいいんだと、都合のいい方だけ反応してました。でも、俳句は俳句に聞こえないとなあ。去年で、雑誌部抜けたんだけど、俳句グループ、人数少なくなったんで、助っ人でやってます、だいたい助っ人というと、力がありそうだけど、下手印掲げての助っ人です。さて、校正受けて、どのぐらいチェックが入りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

終焉

例によって、ながら見でサッカーを見ていたら、民放のアナウンサー、「個人技サッカーのシュウセン・・・」といってる。ウン?シュウセンって何だ。字幕表示を見たら、終焉でありました。確か、生の部分じゃなかったと思うんだけどなあ。プロのアナウンサーだって誤読するんだから、私達はムニャムニャと志の低い事を思ってます。

蔵書の校正、昨日帰ってきました。すぐ訂正して出したいけど、期限のあるNHK俳句を仕上げるのが先だな。読み方、不安のあった句も、先輩に教えてもらいました。「ウ~ン、変わった句だねえ」のコメントつき。今日中に、NHK俳句仕上げよう。今日から、W杯決勝トーナメント。決勝トーナメントからは、ながら見じゃなく、ちゃんと見なきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

ぐっすり寝てました

昨夜は、イタリア×スロバキアの前半見たところで就寝。相方はもっと早く寝てたので、我家のテレビも、完全休養してました。朝、「日本勝ったぞ」と起こされて、寝ぼけた声で、「ウソーッ」。日本で、どのくらいの人が決勝トーナメントまで行くと思ってたんだろう。そして、どのくらいの人が、デンマーク戦を見てたんだろう。午前3時にテレビ見るなんぞというのは、私の埒外です。そんな時間帯は、熱心なサポーターに任せます。深夜に無理して起きてるなら、ブラジル×ポルトガル戦を見たほうがいいと、石投げられそうな事思ってました。

今回のW杯、強豪と言われるチーム苦戦して、フランス、イタリア、1次リーグ敗退しました。フランスはとんだドタバタ劇を起こして、野次馬を喜ばせてくれるおまけつき。日本、3敗と思ってたのに、決勝トーナメント進出決定。こうなると、岡田監督4強と言ってたなあと思うけど、まさかねえ。パラグアイ戦は、23時開始だから、試合終了まで見れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

あってはいるんだけど

デジタル録音、何回聞き直してもトラブルをおこさないので、安心して自己校正できます。テープ録音は、途中で動かなくなってしまったり、1部分の音だけがレロレロになってしまったり、いろんなトラブルがありました。そしたら、そのテープ90分はもう使えず、泣く泣くもう一度、録音する羽目になりました。デジタル録音はそういう事がないからいい。まだ全部終わってはいないけど、今まで録音したところ、本と突き合わせて校正し、そのあと、本なしで、耳だけで聞いてました。そしたら、阿部完市を取り上げてるコーナーの〆の部分、阿部 完と言ってる。おいおい、どうして、さっきの校正で気がつかないんだと、本を見てみたら、なんと、「阿部 完」となっていて誤植でした。下読みした時も気づかず、録音するときは、書いてあることを忠実に読み、校正は原文通りかチェックし、そのまま通り過ぎてました。

蔵書は誤植訂正せずそのまま読むという方法もあるけど、今回は雑誌だし、迷わず訂正します。このままだと、阿部完市と、阿部 完の二人がいることになってしまう。彼の句の解説文に、「われわれのこころの深処に、ひっそりと眠る共有の無意識に日をあてる作業にリアリティがある・・・(中略)、ここでは、なぜ、どうしてという問いが起こりようにも起こらない」とあるけど、私は単純に、なぜ、どうしてこんな誤植が起こるのよと言いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

アクセスエラー

つまづき、つまづき、NHK俳句7月号の録音してます。録音してる本人の力不足でうまくいかないのは仕方ないんだけど、昨日は、パソコン不調。音訳ソフトのPRS Pro 、XPが推奨というので、容量の少ないXPを音訳用に使ってるんだけど、昨日は何が悪かったんだろ。時間にすれば大したことはないんだけど、キーを叩いても、滅法、反応が遅い。最後には、何回もアクセスエラーの表示が出て、どうしようかと思いました。

当会では、デジタル録音はまだ始まったばかり。雑誌等は、テープで発送してるので、テープ派がほとんどです。録音途中で、パソコン変えちゃいけないと言われてるんだけど、今やってるのは蔵書じゃなく、雑誌だから、大目にみてもらおう。今までの分はメモリーに落として、どうしようもなかったら、7にかえようと思ったら、XP君、ご機嫌直してサクサク動いてくれるようになりました。でも、パソコンかえると、そんなに音が違ってくるものなんでしょうかね。いちど、XPと7を使って、同じファイル上で録音したんだけど、私の耳では良くわかりませんでした。そういえば、録音も内蔵ディスクにするように言われました。外付けはNGとのこと。でも、細かなところに、神経使っても、肝心の声が、日によってバラつきがあるのは如何ともし難い。それはどうしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

話芸・堪能

家でお昼を食べるときは、テレビを見ながらの、ながらご飯です。昨日、何か面白い番組ないかとあちこち見てたら、立川志の輔の落語をやってました。「中村仲蔵」の途中からだったんだけど、いやあ、面白かった。噺にひきこまれて、上の空で、ご飯を食べてました。放送は10時半からあったようで、「志の輔らくごinPARCO2010」。 中村仲蔵の前に、噺が、2つあったようです。それも聞きたかったなあ。歌舞伎のこと、よくわからないのに、中村仲蔵が、目の前にいるようにわかりました。

実を言うと、蔵書の中に、中村仲蔵の名前がでてきて、「なかむらちゅうぞう」と誤読しそうになった事があります。メインの登場人物ではなく、名前が1回出てきただけ。だから、余計、へえ、そういう人だったんだと思いました。中村仲蔵の噺があるのも、知りませんでした。このところ、名人といわれる人のCDやDVDが続々出てるけど、やっぱり、今、生きてる人の噺がいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

葉月のみかわの月いろの草いろの軍

NHK俳句テキスト7月号の下調べ、ひと通り終わりました。まだ、不明な所はいくつもあるんですけどね。タイトルは、阿部完市の句です。ウ~ン、これはどこで切って読むんだろ。「葉月の/みかわの月いろの草いろの軍」、でしょうかねえ。阿部完市の他の3句もあげておきます。
葉のかたちのトーストいちまい青森にて
ゆっくりつくる大きな紙で大きな青葉
栃木にいろいろ雨のたましいもいたり

このなかでは、栃木の句が、好きかな。この4句についてる解説文がまたわからないんだけど、仕方がない。わからないままに読むことにします。

あと、祇園祭を解説してる章で、「角ちまき」という言葉が出てきます。これ、「ツノチマキ」」でいいんでしょうか。京都近くで生まれ育った人に聞いてみたんだけど、「ちまきは、ちまきとしか言わない」という返事がきました。別のところに、祭神の牛頭天王は、牛のような角をもつ神で云々という言葉があるから、ツノチマキでいいと思うんだけどなあ。NHK俳句テキスト、最近、ルビが格段に増えて助かるんだけど、思わぬところで躓いてます。ご存知の方いらしたら、是非、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

戦力外通告

オランダ戦、ちゃんと見るつもりでいたのに、予定変更。今月、NHK俳句の担当です。NHK俳句テキスト20日発売なんだけど、1日早い昨日、入荷の電話をもらいました。手元に来るの早ければ早いほど助かる。本屋さんに取りに行って、早速、下調べ始めました。オランダ戦、実況中継、聞いてたものの、メインは下調べでありました。

ながら聞きでこんな事書くのもなんだけど。オランダ戦負けたのは、想定内。善戦したなあと思います。デンマーク勝ち点3あげたから、すべて、デンマーク戦次第ですね。世の中、W杯一色で、これに反応した人は少ないだろうけど、昨日、高原、浦和から戦力外通告というニュースがありました。そうなっても不思議じゃないけど、よりによって、W杯オランダ戦の日になあと思いました。確か、ドイツから帰ってきた時、W杯のためになんて言ってたんですよね。海外も含めて移籍先を捜すとあったけど、どうなるんだろう。ジュビロの高原好きだったのになあ。オランダ戦・敗戦より、高原・戦力外通告の方が、当方には大きいニュースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

テレビ欄・見出し

サッカー何でもありとは承知してても、一応下馬評信じてるので、連日、信じられない思いです。今回のW杯、強豪といわれるチーム、次々負けてる。昨日はドイツも負けちゃいました。その流れで、オランダもということにならないかな。

しかし、日本×オランダ、今夜8時過ぎ、キックオフなのに、関連番組お昼からずっとあるのがすごい。テレビ欄の見出しも、「中田英寿・宮本恒靖、緊急生出演」とあるけど、どこが緊急なんだ。「我らが魂の日本代表を信じよう!侍戦士を心から信じて力の限り熱い大声援を最後の最後まで送ろう」 「オランダ猛攻に耐えて青きサムライが奇跡を起こす!オランダ知る本田、救世主に? 闘莉王、中沢、川島ゴール死守」 民放・NHKともにテンションの高い見出しです。試合は見るけど、テレビ局の熱い呼びかけには、答えられないなあ。さて、今晩、どんなことになりますか。そういえば、テレビ欄の見出しを長々引用しちゃったけど、見出しにも著作権はあるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

行って良かった

連日のサッカー観戦で、寝不足だし、雨はひどくなりそうだし、今日、部会あるけど、どうしよう。頭の片隅ではさぼっちゃおうかなんて考えも浮かんだんだけど、それでもまあと、出かけて行きました。行って大正解。新入会員で、部に入部した方がいるんだけど、滅法、パソコンに詳しそう。部会で、あれこれ問題になっていた事を、理路整然と、私レベルでも、ちゃんと判るように説明してくれました。年配の男性です。

彼が講師になって、同期の間で、パソコンの勉強会開いているとのこと。私、パソコンわからないまま使ってるので、トラブル起こすことも再々。「期が違うと参加できないでしょうか」と聞いたら、「どうぞ、どうぞ」という返事をもらいました。不定期で、その都度、連絡するというので、メールアドレス渡して、お願いしました。参加できる日だといいんだけどなあ。同期だと、1年、同じメンバーで、養成講座を受けてきたので、かなりの仲間意識あります。彼はいいと言ってくれたけど、他の人にはお邪魔虫ってこともある。まずは1回参加させてもらってから、後の事を決めることにしよう。その前に、向こうからお断りって事がありませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

早い!

ここ2,3日サッカーの事を書いてたんで、いささか時期を失したけど、いつものように、月曜日にサピエ図書館の新着情報がありました。もう、宮部みゆきの「小暮写真館」がアップされてました。完成日は2010年6月11日。勿論、その日にアップされてます。録音時間22時間53分、しかも、2校です。原本、手許にあるんで、奥付見ると、2010年5月15日第1刷発行です。新聞連載などではなく、書き下ろしだから、5月15日前には手に入らない筈。どうしてそんなに早く読めて、早く完成するんだろ。ダウンロードできる形でアップされてる。できたら聞きたいけど、利用できるのは視覚障害者だけなので、残念ながらできません。

所属する会は、木曜日の午前中が、校正の受付日。それには間に合わなくて、先週、1日遅れの金曜に出しました。順調にいくと、今日、校正者が決まります。承知で出したからいいんだけど、書庫の中で1週間眠ってた事になります。これで、デジタル録音3冊目、今までの2冊は、校正提出してから、すんなり事が運ばなかったけど、今度はどうだろう。デジタル録音する人も増えてきたから、校正サイドも態勢が整ってきたかな。もっとも、校正、修正、完成と順調に運んでも、サピエ図書館にアップされるのは数箇月後だから・・・以下略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

再び寝ちゃいました

昨日のテレビ、いろんな所で、W杯日本勝利を取り上げてただろうけど、そういうのはできるだけ見ないようにして、夜8時からの再放送を見ました。それなのに、また途中で寝ちゃいました。目を開けてられないほど、つまらない試合だったということでしょうかねえ(飲むとすぐ寝ちゃうけど、昨晩はアルコールなし)。うとうとして起きたら、校正するファイルが届きました。1時間半程の量。早く仕上げなきゃいけない分なので早速着手。それに集中して頭がすっきりしたせいか、ポルトガル×コートジボアールは最後まで目をパッチリ開けてみました。ボールの動く面白い試合だったんだけど、C・ロナウドがいたせいかも。

昨日の校正、再確認の為、今からもう一度目を通します。期限付き提出なので、直しも最小にしたいという事で、自己校正、念入りにしてある様子。それでも、校正すると何箇所か見つかるのが面白いところです。さて、今から見直すと、新たに見つかるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

眠り虫か、弱気の虫か

昨日、オランダ×デンマークはちゃんと見て、日本×カメルーンの開始時間に改めて、チャンネル合わせました。どうも、試合開始前にやるトーク番組は見る気がしない。試合は最後まで見るつもりだったのに、15分ぐらいして、眠気に負けてストンと寝てしまいました。相方の「やったーっ」とか、「危なかった」という声で、時々目は覚めて、試合内容を把握しつつ、すぐまた眠る。見たら、ハラハラドキドキの連続なんで、見てられなくて、眠りの世界へ逃げ込んだのかな。

正直、3連敗だろうと思ってました。こうなると、一次リーグ突破するためにはなんて思い始めちゃうのが現金なところです。次のオランダ戦は、早い時間だから、少なくとも、眠り虫は関係ない。ちゃんと最後まで見れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

エクセル

相方が、同窓会幹事を引き受け、幹事代表から、エクセルでクラス名簿を作るように言われたみたいです。「エクセルで名簿作りたいから教えてほしい」とのこと。ウ~ン、いちから教えるより、自分でやった方が早いんだけど、教えてほしいというから、そうしたほうがいいんだろうな。でも、名簿作る間、パソコンふさがっちゃうし、お互い、気が長い方じゃないしと思ってたら、案ずることなく、サクサク進みました。考えたら、携帯メールはやってるんだし、かなり前にはなるんだけど、パソコンで遊んでた事もあったんだっけ。一太郎で書類作ってた頃です。

「どうしてできないのよ」 「うるさいな、もう、お前になんか聞かない」というケンカになることもなく、順調に進みそうです。「俺、幼稚園レベルだから」と謙虚な事を言って出かけて行きました。私は小学生レベルかな。いやいや、最近の幼稚園児、小学生の方がレベル高かったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

やっぱり見てます

ここ3日程、集中してた下調べ終了。蔵書も、自己校正を済ませて、校正提出。W杯開催に合わせたかの如く、一段落しました。やることがあったせいもあるんだけど、開催前にやってた関連番組、見る気がせずスルー。始まってもそのままかなと思ってたら、結構、見てます。宵っ張りの朝寝坊になって、生活リズム狂うのが、ちょっと困りもの。昨夜、遅くまで、アルゼンチン×ナイジェリアを見て、今も、イングランド×アメリカを見てます。我家で一番働いてるのは、テレビです。事前にイングランドのキーパーのミスで1点というのを知ってから、その場面を見たけど、確かにあれは、悔やんでも悔やみきれないだろうな。

初戦引き分けが多い中で、韓国がスカッと勝ちました。しかし、アナウンサー「鹿島のイ・ジョンス」って連呼してたけど、あまりに鹿島を強調しすぎ。韓国代表なんだからさ。さて、日本はどうでしょうかと書きたい所だけど、やめときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

要求

テープ図書をデジタル化するには、ページ付け等するので、原本が必要になります。何年も前のテープ図書まで遡ってデジタル化してるので、会の中では、原本が手に入らない事がある。そういうときは、図書館の本を借ります。手を掛けてデジタル化したCDは、勿論、図書館の蔵書になります。

昨日、デジタル作業する部屋に一番で入ったら、メモと共に、デジタル化に使う本が何冊か置いてありました。そのメモ書き、「○月○日、○○さんが要求した本です」 へえ、要求ねえ、最近、担当者になった彼は、『要求』と思ってるんだ。「依頼された」とか、「連絡いただいた」という言葉は使えないものかねえ。もう、社会的常識は十分わきまえてる年齢なんだからさ。そのメモをみて、そんな事を思ってたんだけど、何やら、メインの事件があった様子、しばらくして、他の図書館員が○○さんにしきりに謝ってました(昨日、担当者の彼はお休み)。今回は野次馬だけど、当事者として憤慨したこと、沢山あります。そのいきさつを全部書いた日にゃ、悪口雑言のオンパレードになるんで、自粛してました。もう、最近はいささかあきれ気味。これから、どんな事件を起こすんだろうと面白がるしかありません。なんか、意地悪バアサンになった気がします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

せっせ・せっせ

昨日に引き続き、今日も下調べです。岩波書店の回し者じゃないかと思うほど、岩波発行の本ばかり検索。国会図書館のページメインで検索してるんだけど、昨夜は、長時間に渡ったので、「時間が経過したので、セッション切れです。また入ってください」なんてメッセージが出ました。下調べ、早く終わりたいのに、こういう時に限って、出掛けなくちゃいけない用事がある。間が悪いなあ。昨日は、1日留守してたけど、今日は多分、午前中で帰って来れる筈。お昼食べたら、また、せっせ・せっせとやらなくちゃ。
国会図書館さま、Webcat Plusさま、Googleさま、今日もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

下調べ隊員

必要あって、今月の「世界」に掲載されている、岩波書店の新刊・既刊の広告欄の下調べをしてます。著者・訳者の名前の読みを調べるのがメイン、それぞれ当たるので、結構時間がかかります。既刊は、国会図書館のページ等でいくらでも調べようがあるんだけど、これから発行の新刊がねえ。一部分は肩書紹介と一緒に、ひらがなで表記されてます。どうせなら、全部そうしてくれれば助かるのに。岩波書店のホームページの新刊案内なら載ってるかと見たんだけど、ここも、漢字表記だけ。でも、本を出してるんだから、専門分野では活躍してる方たちです。調べて行けばわかるだろう。名前は思いがけない読みをする事があって、今までも痛い思いしてきたので、出来る限り、手を尽くして調べることにします。

人名はもちろんだけど、読みが怪しいなと思うのも調べます。戦争に関するシリーズの解説の中に、「一三の試み」という言葉がありました(縦書き表記です)。「一三の試み」、いちさん、いちさ、いちざん? 私が知らないだけで、何か歴史的に有名な事件なのかな。しばらくして、「十三の試み」だとわかりました。そう表記してるのは、天下の岩波書店なんだけど、これってありですか?下調べ隊員、余分な事に頭をひねりつつ、やってます。手間はかかるけど、検索すれば、読みがわかる。パソコンさまさま、ネットさまさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ランチ

楽しみにしてたランチ、昨日、実現しました。女3人、12時に入って、オーダーストップの2時は軽く超え、お店を出てからも、近くの公園でおしゃべりをして楽しい時間を過ごしました。それにしても、ランチタイム、どうして女の人ばっかりなんだろ。中華の店だったんだけど、私達、口あけの客で、しばらく誰も来ず、お店占領状態。これで採算取れるのかなと余分な心配してたら、そのうち、女性グループが続々入ってきました。席を立つまで、ひとりも男性は来ませんでした。男性軍はせっせと働いてたり、家で食事かな。

昨日のメインは、ブラジルの話。ご主人がブラジルに単身赴任してたんだけど、友達も、動きが取れるようになったので、この4月に向こうに行きました。しばらくは行ったり来たりするとのこと。へえという話ばかりで、とても面白かったです。いろいろ事件は起こってるけど、日本は治安がいいんだろうな。話の中で、「カンちゃん」と言ってたので、誰かと思ったら、菅首相の事でした。さて、その治安のいい日本、これからどっちに向かうんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

用のない電話ばかり

昨日、掛ってきたのは迷惑電話ばかりでした。
1件目。国際ナントカ賞をとった化粧品セールスの電話。試供品を送ってくれるというのを不要ですと断ったら、「お使いになれば、肌の状態がみるみる変わってきます」。重ねて断ったら、ガチャ切りされました。「またご縁がありましたら」くらいのことは言えないのかい。
2件目。携帯に間違い電話。どこかの塗装屋さんから、「○○さんのお宅ですか」とかかってきたんだけど、最近は、携帯も、○○さんのお宅で、掛ってくるんだ。
3件目。某金融機関より営業の電話。それが丁寧というか、ゆっくりゆっくり話してて、とてもつきあえない。「今忙しいんですけど」と早口で言ったら、「ホームページを見て下さい」ということになりました。はい、わかりましたと切ったんだけど、動かせる金もないから見ても仕方がない。まだ見てません。

こんな電話ばかりなのに、電話の音がすると、条件反射で、何をやってても、最優先で出るのはどうしてなんだろ。必要な連絡とかは、ほとんどメールで来るから、適当でいいのにね。固定電話の呼び出し音、音量落とそうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

ガラパゴス化

ガラパゴス島にちなんで、世界の流れから残されて、孤立していくことをガラパゴス化というそうな。ガラパゴス島は、孤立したため、貴重な種が残されたけど、私達、貴重種になれるかしら。月曜日はサピエ図書館の新着情報が、私達でも見れる日。今週の新刊は605タイトルでした。今まで、NHK俳句テキストがなくて、不思議だったんだけど、今週はNHK俳句6月号がダウンロード出来る形で載ってました。3時間31分の抜粋版。当会は90分テープ2本、3時間分で出してるから、ほぼ同じって事ですね。

当会は、蔵書は、テープ、CD版、両方作ってます。雑誌については、CDにするかどうか、ただいま検討中。確か、ここ1年かけて方針を決めると聞いたけど、ガラパゴスにならなきゃいいけど。利用者の方、点字図書館にも、登録してるから、自分でダウンロードできなくても、CDに焼いて送ってもらえるんじゃないでしょうかねえ。「自分たちが録音した分をきいてほしいじゃない」と言われた事があるんだけど、そうは思わない私は会の中で少数派のようです。雑誌なんかは殊に早さ勝負で、誰の録音したのであろうと、早く手元に来るのが一番だと思うけど。所属する会の事は置いといて、当地のガラパゴス図書館、2月の完成図書を入力した後、いっこうに作業が進んでません。3・4・5月の完成分は、全国的には存在してません。このまま、ガラパゴス島の島民でいるのもねえと思ってる昨今です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

野村萬斎

この頃、テレビをあまり見ていない。相方が、一昨日夜、今見終わった「ザ・スター」がとても面白かったとのこと。ゲストは野村萬斎。声が全身から出ていて、発声の専門家が絶賛して云々と、内容を教えてくれました。そういう時は、途中で声かけてよ。またやると思うというので、気がついたら教えてねと頼んでたら、なんと早い。昨日、再放送がありました。とても面白かったです。

役者は、一声、二顔、三姿。狂言師・野村萬斎、鍛え上げた発声だもんねえ。発声は、呼吸。いかに深い呼吸をするかだそうです。また、身体の背面を共鳴板として使うそうな。最新の機器でとらえた彼の発声は、身体全体から、音が出ていました。声を前に出さない、「ひく」というのも、面白かったけど、一定レベルを全部クリアしたうえでの、「ひく」なんだろうな。「花子」の舞台、師匠、万作の話、萬斎の息子の初舞台など、ほんとに面白かったです。相方は、連夜、同じ内容なのに、やっぱり面白いとみてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ゴミ集積所掃除当番・終了

今週は、ゴミ集積所の掃除当番でした。資源ゴミの日に、ハチミツが入ったままの底の割れたガラス瓶が置かれてあったり、プラゴミの日に、いろんなものがごちゃ混ぜになった大きな袋が出されていたり、散々でした。2つともルール違反なので置き去り。しょうがないので家に持ち帰り、しかるべく処理しました。ゴミ集積所を使っている人達、ほとんどルール守ってるんだけど、ひとりでもルール違反すると、掃除当番は大変です。

当てが外れたのは、ハチミツの匂いを見つけたアリでした。私が持ち帰る時点では、大きなアリが2匹いました。あのまま置いといたら、黒山になったんだろうな。その時は、ガラスにヒビが入ってる程度かと思ったのに、処理してる途中で、ガラスが大きく割れて、びっくりしました。多分、今度、掃除当番が回ってくるのは、1年後ぐらいです。はて、その時はどんな事が起こるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

老後の楽しみができたかな

小さなときから知ってる子が、もうすぐお母さんになります。その子(お母さんになるのに、子も変だけど)と、子どもの本の話をしてました。いろんな話をして盛りあがってたら、大きいお腹を指差して、「ねえねえ、この子が生まれたら、絵本や、本を読んでくれない」と頼まれました。そりゃ、お母さんがやる事だよと思いつつ、「老後の楽しみができたかも」と、こっちも喜んで受けました。そこにおばあちゃん予定者もいたんだけど、「読み聞かせしてくる人をゲットした。長生きしてくれないと困るから、これからは、毎年欠かさず検診受けるように」と長期展望に立った事を言ってました。2人とも、「本をたくさん読んでもらって、頭のいい子に育てよう」と言ってたので、それは違うとそこだけは訂正しておきました。

若いころ、子ども文庫に出入りして、ストーリーテリングやってた事あるんだけど、このところ、すっかり、子どもの本とご無沙汰してます。母親、おばあちゃん双方から、絵本や、本の読み聞かせしてなんて頼まれる機会はそうそうはない。もっとも、今は、「お願い」なんて言ってるけど、子どもがその年齢になったら、母親、おばあちゃんが、その気になって、私が加わる余地はないかもしれないけど。いずれにしても、身近に小さな子がいるようになるのは、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

「小暮写真館」

昨日の対面、面白かったです。今まで会に所属してやってきた事は、どこか、肩に力が入り気味だと思う。昨日の対面は、よぶんな力みがなくて、自然に出来たような気がする。録音だと、何回もやり直して、空回りの時間が多いけど、対面は、かけた時間だけ、前に進むのもいい。中途失明の方だったので、主人公の名前、どんな漢字なのかも聞かれました。なるほど、録音図書は、そんな説明はしない、対面ならこそと思いました。次回の対面室は予約入れ、そのあとは、お互いの都合の良い時、不定期の形で、続けることになりそうです。

2時間の対面が、(たぶん)順調に行ったのに気を良くして、帰りに本屋により、宮部みゆきの「小暮写真館」買ってきました。午後から読み始めて、10時過ぎに読了。いやあ、面白かったです。堪能しました。午前中に対面やって、午後から夜まで、小暮写真館読みふけって、私としてはOKな日だけど、主婦としては、ちと問題ありかな。主人公の花菱が花ちゃん。その伝でいけば、私は○○ちゃんだな。それにしても、親も、花ちゃんと呼ぶのが、何とも面白い。昨日は早読みしたから、今度は、じっくり、読んで楽しむことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

同期勉強会

まあまあの人数でスタートした同期勉強会も、だんだん参加者が少なくなってきました。いつもは、真面目に、勉強会用にテープに録音して持って行くんだけど、ただいま、読みあげた蔵書の自己校正中。そっちに時間をかけたいので、空手で参加しました。参加者が少ないと、それだけ、中身が濃くなる時と、散漫になってしまう時とある。昨日がどっちだったかは、空手で参加した身なので、言えません。

ほんとは、勉強会の席で、今、感じたり思ってる事を言って、問題提起するといいんだけど、私の頭の中、走り過ぎてると自覚してます。みんなのやる気を削ぐことになってもいけないので、言うことにセーブをかけてました。でも、本音はつい出たようで、会終了後の帰り道、「方針転換したの」と聞かれました。そっか、ばれてたか。でも、何やかんや言いつつ、蔵書を仕上げるべく、最後の追い込みに入ってるし、今日はこれから対面に行きます。対面やるの初めてです。大丈夫かなと思うんだけど、下準備はしたし、始まってしまえば、どうにかなるだろ。そう信じて行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

白バイ、並走

昨日、そんなに交通量のない裏道を走ってたら、突然、けたたましい音。何だ何だと思ったら、後ろから、白バイです。たまたまその時、他所事を考えながら運転してたんで、何か違反したのかと、ギョッとしました。そしたら、私の前の車が停められました。シートベルトをしてないか、携帯電話をしてたのか、どっちだろう。指名手配の犯人ということはないと思うんだけど。

何も違反してないはずなのに、白バイ見るだけで、緊張します。しばらく前に、検問にかかった時は、免許証と言われて、アタフタして、すぐ出せず。「ちゃんと免許証持ってるはずだから、ちょっと待ってください」と早口で言ってたら、「別に急がなくてもいいですから」と笑われました。白バイ見るだけで緊張するなんて、前世に悪い事をたくさんやってたのかな。そういえば、SFで、地球滅亡時に立ち会った異星人が、悪魔の姿。未来に起こるその事が、悪魔=災厄として、人類の頭に、刷りこまれているという話がありました(確か、「地球幼年期の終わり」だったと思うけど、違うかな)。私、地球滅亡までは生きてないから、悪魔とは無縁なはず。できたら、白バイや、警察に捕まるような事とも、無縁でいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »