« 雨の日曜日の贅沢 | トップページ | メモリー行方不明 »

2010年5月24日 (月)

声の校正

所属する会、校正は1校です。先日の講演会で、完成までの時間を短くするには、サーバーにアップして、読みと校正と、同時に進めるという話を聞きました。その時、一緒に話を聞いたのは、おくりん坊で、データを送り合った事がある仲間です。おくりん坊で送れば、同じように出来る、読み進めた分だけ、本校正の前に、相互校正のような形でやろうという事になりました。原本なしで、耳だけで聞いてもらう校正です。初めのころは、マーク付けて、コメント入れて送り返してもらったんだけど、おくりん坊で送るには、データ容量を小さくするため、PCMから、MP3にエクスポートする。MP3では提出できないんだから、これに、実際に声を入れて校正してもらえばいいと気付きました。そうしたら、とてもよくわかる。アクセント間違いホントによくわかります(ちゃんとアクセント辞典あたって確認はしてます)。何よりいいのは、この読みでは意味が違ってくるとか、わかりにくいという指摘。参考意見だけどという事で、読みを入れてくれると、なるほど納得。そういう風に読めば、意味通りの読みになるというのが腑に落ちます(そういうやりとりがOKの相手なので)。

相互校正と同じだから、表には出ないけど、実際は2校という事になります。しかも、時間は1校と同じだけしかかからない。もっと早く気付けば良かったなあ。もっとも、そういう形でやろうという相手に恵まれるというのが、難しいかもしれない。昨日おくったデータ、今朝には帰ってきました。仲間うちの校正なので、笑ってしまうような指摘もあって、なかなか面白いです。

|

« 雨の日曜日の贅沢 | トップページ | メモリー行方不明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/48444954

この記事へのトラックバック一覧です: 声の校正:

« 雨の日曜日の贅沢 | トップページ | メモリー行方不明 »