« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

あたりまえの事がうらやましい

毎週月曜は、サピエ図書館で新着情報がアップになります。先週1週間の完成は291冊(同じ本でテープとデージー版があるので、純然たるタイトル数じゃないし、雑誌・週刊誌も入ってます)。どんな本が完成してるのか気になってみてるんだけど、完成日と更新日が同じというそれだけの事をうらやましいと思ってるのが情けない。当地の図書館、地元の利用者優先という方針で、地元の利用者にお知らせしてから2カ月後に、サピエ図書館にアップするそうな(ちゃんとしたルートの話じゃなく、まだ小耳にはさんだ話だけど)。

地元の利用者優先というと、いい姿勢のように聞こえるけど、間違ってると思う。サピエは、全国の施設、利用者が使う大きな図書館という発想で、できたんじゃないんかい。自分の所で、地元優先を打ち出しても、その地元利用者も、サピエの新着情報で、他館の新着本を利用するのは、どう思ってるんだろ。でも、そんなことより前に、当地の分、今、サピエにアップされてるのは、2月の完成情報までです。2カ月まえの、3月の完成情報は載ってない。今日は5月末日、今日、3月の完成情報をアップすれば、方針通りだけど、どんなもんだろ。例え、方針通りだったとしても、情けない方針だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

間違いメール

昨夜、携帯に間違いメールが入ってました。送信した人も、受信するはずだった人も、良く知ってる人で、何についての話かもわかる。当方、家にいるときは、携帯置きっぱなしで、全然気にしてません。用事のある人は、パソコンへメールくれます。携帯メール翌日気がつく事もしばしば。昨日は早く気がついた方なんだけど、それでも、受信後何時間か経ってたから、お詫びの言葉と共に転送しました。

昨夜のメールは事務的な内容だからいいんだけど、自分の悪口書いたメールが、間違いメールで来てしまった友達がいます。ネット上のお付き合いから始って、実際に会ったこともある人と聞いたような気がします。宛先はもちろんだけど、それを聞いて、メールの内容も気をつけようと思いました。手紙は夜書くもんじゃないというけど、メールはいつでもうち放題。悪口は論外として、つい、調子に乗って書きすぎる事があります。顔を合わせての話さえ、行き違いはあるのに、メールは、ニュアンスが伝わりにくい。私のメール、味も素っ気もないのはそういう訳です。そんなお断りを書くほどメール使ってませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

雑音

月1回発行してる「利用者へのお知らせ」CD版を、借りてきました。結構、雑音があるんだけど、どうしてなんだろ。利用者の方の声が入ってる部分は、録音機器のせいだろうけど(雑音ずっと入ってるので、フレーズか切れずに、全体で1フレーズになってます)、他の所はどうしてなんだろ。毎月聞いてるけど、こんな事はない。このお知らせ、デジタル録音じゃなくて、テープ録音したのをデジタル化してます。テープの走行音かとも思うけど、蔵書のデジタル化の時も同じだものね。こんな雑音は入らない。元のテープ音源に入ってる雑音なのかな。

ヘッドフォンで聞く事が多いから、余計そうなんだろうけど、この頃、雑音や口中音に神経質になりすぎてるかも。テープのデジタル化や、ダイレクト録音のデジタル編集は、ページ付けや、その他、必要な作業だけをする。校正を通ってきたものだから、音源に手は加えないというのが、会の方針です。簡単に消せる雑音は消したいなあと思うんだけど、元の音源をいじらないというのが大前提なんでしょうね。その分、自分の録音したものなら、自己校正の時点で、いかようにもいじれるので、気になる雑音は消すことにしてます。人によって、許容範囲が違うから、雑音どうこうの線は引きにくいんだろうな。私、あまり耳は良くない方。自分が全く気にならない雑音を指摘される事は再々です。それなのに、こんな事を書いてしまうとは、身の程知らずであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

失せ物

健康保険証や、診察券、定位置決まってます。歯医者の定期検診の日が近づいたので、出そうとしたら、保険証がない。2月に、歯医者受診してから、医療機関にかかってません。歯医者さんの診察券はあるわけだしと、記憶をたどったら、旅行した時、保険証を持ってたのを思い出しました。帰ってきてから、どこにしまったんだろう。置く位置は決まってるんだから、変な所にある筈がないと思いつつ、なかなか見つからないので、あちこち家捜し。そしたら、そのとき持っていったバッグのポケットから出てきてホッとしました。でも、そこは一番可能性のある所だったので、何回も見たのになあ。その時は見つからなかったのに、ここにあるといいのにと強く思ったら、出てきました。保険証もどこかに雲隠れしてたのかな。

捜してる途中で、再発行してもらった方がいいかと、手続き問い合わせの電話をしました。今までは社会保険事務所の管轄だったんだけど、全国健康保険協会に替ったそうな。2,3聞かれた後、「お勤めの事業所の担当の方に申し出て下さい」というので、「はい、私がその担当者です」 申請書類は、ホームページ開いて、印刷してくださいとの事。保険証なくすような担当者では心もとないと思ったのか、ホームページ開いて、印刷出来ますかと聞いてくれました。申請書類を印刷して、これで再交付申請はできる。その前にもう一度と捜したら、保険証出てきました。まずは良かった。大騒ぎしたので、相方から、定位置に戻す事ときつく言われました。2,3日前にも同じような事書いたけど、これからこういう事が増えるのかな。気をつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

対面

昨日、対面の場に同席させてもらいました。このところ、音訳についていろいろ思う事あり、これからどうしようかなと迷ってます。対面に興味があったので、同席させてもらった次第です。対面いいなあ。実際に相手が目の前にいます。読みや、その他のいろいろな処理、相手の反応を確かめながら、決められる。終わってから、雑談してたら、トントン拍子に話が決まり、対面やる事になりました。「御宿かわせみ」を聞きたいとのこと。人気シリーズなので、勿論、当地の図書館にも揃ってるし、全国当たったら、山ほどあります。しかし、同じ人が読んでるわけではないので、本ごとに、イメージが違ってしまうのがどうも、だそうです。なるほど、私が、最近の東吾、るいに文句言ってるのと同じです。対面は、等速でしか聞けない。全部やるとなったら、途方もない時間がかかります。希望する話を抜粋して読むことになるんだろうけど、まずは、話のスタートから始める事になりました。

所属する会でも、対面やってるけど、こういう依頼、引き受けるんだろうか。蔵書があれば、それを利用してくださいという事になるんだろうな。今回は、個人で受けた話です。「対面やった事がないので、出来るかどうかわからないけど、まずはやってみます」と言ったら、先方が「できます」と太鼓判を押してくれました(仕上げた録音図書も何冊か利用してくれて、面識のある方です)。御宿かわせみ、好きな本で、手元に結構あります。家に帰って、本棚から、引っ張り出して読んだら、かむ、かむ、かむ。録音だと、そのたびに入れ直してるものね。「スラスラ間違いなく、流れるように読むのを聞きたい訳じゃないから」とは言われてるんだけど、こんなんで大丈夫かな。心配しつつ、新しい展開になりそうで、嬉しい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

何だ、この血は

会社は3月決算です。5月末納付期限の税金も納付。一段落したので、前期分の書類を片付け始めました。途中で、右手中指に、血が広がってるのに気がつきました。痛くないし、血を拭っても、どこにも傷がない。ここで変なスイッチが入りました。この血はどこでついたんだ。なんか、血を出してるような動物に触ったのか。でも、机の中の書類を出してただけなんだから、そんな生き物、いるわけないよなあ。何か気味が悪い。思わずあちこち見まわしてしまいました。

そしたら、バカなことに、その生き物は、私でありました。手のひらを返したら、手背の中指の第1関節の所、どこかにひっかけたみたいで、血が出てる。それが、手のひらの方にに伝って、広がったみたいです。傷もないのに、血染めになった指を見た時は、これは怪談だとギョッとしたんだけど、トンマな話でした。全然痛くないのに、出血はひどい。動かさないで、血が止まるのを待ちました。待ってる間に、「血税」という言葉も浮かんできたんだけど、この血はどこでついたんだろうとカン違いしてるようじゃ、オチがつけられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

メモリー行方不明

この所さぼって、棚上げにしてある事をやろうとしたら、その数字が入ったメモリーが見当たらない。昨日はちょっとアタフタしました。人さまから預かったデータではない。いちからやり直そうと思えばできるんで、困り果てるという事はないんだけど、やり直すとなると、結構な時間がかかる。ネットにつないでるPCに入れるのもなあと、わざわざ、メモリーに入れた分です。外に持ち出したという事は、絶対にない。PCが置いてある部屋から持ち出した覚えもない。引き出しの中が所定の位置なんだけど、どこにやったんだろう。あちこち捜したら、やっと見つかりました。どこにあったかは内緒です。

それにしても、こんな小さなものに、途方もない量のデータが入るんだから、恐ろしい。そんなマル秘事項が入ってるわけじゃないけど、捜す時間が惜しい。所定の場所に、ちゃんと戻すこと。改めて自分に言い聞かせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

声の校正

所属する会、校正は1校です。先日の講演会で、完成までの時間を短くするには、サーバーにアップして、読みと校正と、同時に進めるという話を聞きました。その時、一緒に話を聞いたのは、おくりん坊で、データを送り合った事がある仲間です。おくりん坊で送れば、同じように出来る、読み進めた分だけ、本校正の前に、相互校正のような形でやろうという事になりました。原本なしで、耳だけで聞いてもらう校正です。初めのころは、マーク付けて、コメント入れて送り返してもらったんだけど、おくりん坊で送るには、データ容量を小さくするため、PCMから、MP3にエクスポートする。MP3では提出できないんだから、これに、実際に声を入れて校正してもらえばいいと気付きました。そうしたら、とてもよくわかる。アクセント間違いホントによくわかります(ちゃんとアクセント辞典あたって確認はしてます)。何よりいいのは、この読みでは意味が違ってくるとか、わかりにくいという指摘。参考意見だけどという事で、読みを入れてくれると、なるほど納得。そういう風に読めば、意味通りの読みになるというのが腑に落ちます(そういうやりとりがOKの相手なので)。

相互校正と同じだから、表には出ないけど、実際は2校という事になります。しかも、時間は1校と同じだけしかかからない。もっと早く気付けば良かったなあ。もっとも、そういう形でやろうという相手に恵まれるというのが、難しいかもしれない。昨日おくったデータ、今朝には帰ってきました。仲間うちの校正なので、笑ってしまうような指摘もあって、なかなか面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

雨の日曜日の贅沢

今日は朝から雨。いつもの時間に目を覚ましたんだけど、雨の音を聞きながら、二度寝、三度寝をしました。最高の贅沢。別に雨降りじゃなくても、朝寝坊出来るんだけど、雨が降ってると、天下御免という気がします。でも、それなりの時間には起きるようになりました。若いころみたいに、際限なく、寝ているという事はない。年寄りは早起きだといいます。もっと年になったら、早起きになるのかなあ。私、このままで、老人ホームに入っても、朝寝坊。朝御飯にありつけないなんて事になりそうな気がします。今朝は朝寝坊しても、ちゃんと朝ご飯をいただきました。いつもより早くお昼になっちゃうから、軽いお昼にしよう。朝寝坊しても、三食いただくのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

人の評価

この頃、他人の評価は気にしないようにしてます。前からそうでしょと言われそうだけど、いろいろ言われたらへこむし、叩かれたら落ち込む。その度合いがわかっているので、まずは気にしないようにしようというのが基本方針。

少々、癖はあったけど、難しい立場で、ちゃんと仕事してるなあと思ってた若い女性がいました。お互い、思いが重なる所があり、内々で、愚痴なんぞ言い合ってました。ある会合で、その人の事が話題になり、評価してないというか、もう少し立ち入った発言がありました。そうなのかなあ。マイナス評価をした人と、私では、立場が全然違う。どっちの側から見るかによって、そいういう事になるのかな。でも、先月も、そのマイナス評価の話、聞きました。彼女とそんなに接触なかった人は、マイナス評価が頭に入っちゃっただろうな。マイナス評価をした人と彼女、相性がいいとは言い難かった。「そんな風に言われてるんですか。予想どおりです」と言いそうな気もします。新しい職場の方が仕事しやすいだろうな。活躍を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

そんなのあり?

説明すると長くなるので、詳しい事を、一切省いてのつぶやきです。発送ボランティアをやってるんだけど、担当者が替ってから、どうも、ちょっとという事が多い。先様もそう思っているようで、マニュアルを作る事になりました。(案)の段階の書類を見せられ、意見を求められたので、2、3、気がついた事を言ったのが、2週間くらい前。昨日が発送日でした。発送終わって、「お疲れ様でした」の挨拶をしたあと、担当者から、「作業はマニュアルに従ってやってください」と言われました。いつもと同じ手順でやったんだけど、どこか、いけないところがあったのかな。それよりマニュアル、いつ出来上がったの? 他の曜日の発送ボランティからも、意見がいくつか出た様子。叩き台の(案)から、若干手直ししたはずなんだけど、完成したものは見てないし、もらってない。そう言ったら、「そうなんですか。まだもらってないんですか」という返事が返ってきました。マニュアルは、いつ出来たんだ。出来たマニュアルは、どこにあって、誰が管理してるんだ。私達の手元に来ないなら、何のために作ったんだ。謎、満載です。ミステリースポットに入ったと思えばいいのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

朝から失敗

今日は出掛けるんで、起きてすぐ、洗濯。いつもと同じ量を出して、洗剤の箱を元に戻そうとしたら、どういう訳か、手が滑って、落っことしてしまいました。床に、白い粉散乱。どうしてこんな事がおこるかなあ。小さな、チリトリ・箒セットで掃き寄せ、箱に戻しました。なんか、今日は注意力散漫で、いろいろ失敗しそう。警報発動とおもって、気をつけることにしよう。こんな風に、ブログ書いてるヒマはあるんだから、別に急いでたわけじゃないんですけどね。起きて早々で寝ぼけてたのかな。起きて早々の時間限定ではない、昼間でも、ボーっとしてる事はあるから、気をつける事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

そこからわからないのか

この頃は、いただいたノートパソコンをメインに使ってます。昨日、マウスが動かなくなりました。これは乾電池が切れたに違いない。替えようとしたんだけど、どこを開けるのかわからない。前、マウスを落っことした時、偶然にカバーが外れて、へえ、単4が2本入ってるんだと思った事があります。あちこちいじったんだけど、わからない。さて、どうしよう。タッチパッドなら使えるけど、使いにくい。やっぱりマウスがいいな。USBでつないでるレシーバーをマウスにはめ込めば、乾電池関係なく使えるけど、手に余分な物が当たるんで、これも使いにくい事、甚だしい。

こういう時こそ、検索してみればいいんだ。「マウス・乾電池交換」で検索したら、他のメーカーのものがヒットして、ちょっと違う。該当メーカーのページを見たら、やっぱり違う品番の説明で、手元にあるマウスにないボタンを押すなんて書いてある。ありゃりゃと思ったけど、いろいろ見ているうちに、該当品番にたどり着いて、メデタク、乾電池交換終了。ちゃんと使えるようになりました。これだけの事に、かなりの時間を使いました。頭の体操になった気はするけど、ほんとにもう、そこからわからないってのはねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

殺風景

昨日は朝からかなりの音。バイクを調整してるかと思ったら、チェーンソーの音でした。筋向いに、長い事、空き家になってる建物が2棟あります。コンクリートにまだら模様のシミが出来てる年代物。その中庭に、大きな木が3本植わってました。枝も張ってて、葉も茂ってこんもりとしてる。鳥もよく来てました。その枝をすいてるとばかり思ったら、次に見たときは、木が何もない。2階から見える景色が一変してます。空が広くなったと言えば聞こえはいいけど、見えるのは空とコンクリートの建物だけ。どうして、切っちゃったんだろう。建物を壊す準備なのかな。結構、広い地所なんで、建てるとしたら、高い建物になるのかも。南西の方角です。そんなに日当たりが悪くなるわけじゃないけど、目の前に、高い建物が建つのはちょっとねえ。

その前に、壊すとなると、連日、すごい音なんだろうな。まあ、いろいろありますが致し方ないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

今日は5月11日?

今朝のラジオの女性アナウンサー、「今日は5月11日です」と言ってる。イチとシチは聞き間違えしやすい。プロのアナウンサーが発音不明瞭なんて事はないだろう。私の耳が悪いのかなんて言ってたら、2回目に日付を言った時、11日にしか聞こえないと相方の弁。間違って11日といったのか、発音不明瞭かどっちなんだろう。それとも、二人の耳がうち揃って悪いのか。そんな事を気にしてるうちに、肝心の中身は聞き逃しました。

今日が5月11日だと、6日得する勘定だけど、1年365日、どこかで辻褄は合わせなきゃいけないから、今度は11日が17日になっちゃう。突然、6日飛んでも困るから、やっぱり、今日は5月17日でいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

大八車から始まって

朝御飯の時、なぜか、大八車の話になりました。どうして、大八車っていうんだ? 大八さんが最初に作ったのか? 早速、辞書をひいたら、8人分の仕事をする車との事。6人とか7人じゃなく、8人なんですね。末広がりで、8なのかな。そういえば、アニメで、「エイトマン」もいたぞ。彼は8人力ってことなの? 百万馬力のロボットもいるのに、8人力じゃあ、すぐ負けそう。エイトマンは辞書を引いても出てこないだろうと、パソコンで検索してみました。あら、まあ、エイトマンの事が、詳細に書いてある。やはり、8人力ではなく、8人目の刑事で、エイトマンなんだそうな。

「エイトマン」好きで、楽しみに見てたのに、へえ、そういう人だったのと知らない事ばかり。読んでるうちに、「走れ~エイトマン」、歌も、頭の中で流れてきました。懐かしい事。そういえば、「ソラン、ソラン、ソラ~ン」という、「宇宙少年ソラン」というのもあったなあ。日曜朝から、頭の中で、エイトマン、ソランの歌が流れてます。大八車から、エイトマン、ソランと連想が広がって、どこに行き着くんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

井の中の蛙

昨日の庭屋さんの仕事がゆっくりペースだという話、人ごとではありません。例によって、我田引水で、音訳の話。当地の事しか知らなかったけど、世間はもっと早いペースで動いてるという事が、最近わかってきました。先日の松井さんの講演会で、早く提供する事が大事という話の中で、「ハリーポッターの第1巻、スタートしてから利用者の手に渡るまでにどのくらいの時間だったと思いますか」という問いかけがありました。同時校正とかそういう話を聞いた後だったので、2カ月くらいかなと思ったら、なんと1ヶ月との事。すごいスピードだ。

登録してから、半年で読み終えれば、当会では多分早い方です。それから校正、修正、デジタル編集。校正に出しても、すぐ担当が決まらなかったりすると、手元に戻るまでに時間が空回り。同時校正なんて夢のまた夢です。当会は、もう、このペースのままかな。先日、雑談の中で、「本を読み始める時、校正者の方が決まると、具体的な相談もしやすい」と提案したんだけど、「難しいわねえ」という答えが返ってきました。やはり、今のままで行くんだろうな。なお、タイトルの「井の中の蛙」、会の事ではなく、私の事です。わざわざ断る方が変かしら。正確にいうと、蛙じゃなく、「井の中のオタマジャクシ」であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

仕事のペース

昨日の出先に、庭屋さんが入ってました。4人で4日目だそうな。16人工。いくらの請求書が来るんだろう。人ごとながら、心配になります。庭の面積も、手をかける木の数も違うから、比較にはならないけど、相方の実家の庭は8人工で終わります。我家の庭は雑木だけなので、2人工で片がつく。昨日の庭屋さん、何だか、動きがゆったりしてる。私の基準は、ずっと、相方の実家の庭の面倒見てくれてる庭屋さんです。年配の熟練2人で、手の動きも早いし、動きが止まる事はない。剪定して出た枝等の始末も能率的。昨日は、若い人4人、なんとも、悠長なペースです。早いのも仕事のうちだと思うんだけど。年齢のせいもあるんだろうけど、見慣れてる庭屋に比べると、学校の部活動みたいな感じです。それで、請求書は、1人工いくらで来るのが何ともはや。

広い庭があるのも大変だなあ。それを維持できるだけの力があるからいいという事ではあるんだけど、その家の奥さんも、悠長なペースにイライラしてました。うちは、2人工で片がつく、雑木の庭でちょうどいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

穴から出る

このところ、ずっと家にこもってたけど、今日は久しぶりに外出です。三月の陽気と言ってる。寒いのかなあ。外出と言っても、用事が済めば、一直線に、家に帰ってきます。家から一歩も出ない日が何日続いても平気、というか、家にいる方が好きです。自分としては、穴ごもりのおとなしい路線のつもりなんだけど、「どこが?」と却下する人もいるから、そうはみえないのかも。

今日は午前中で用事は終わりだからラクチン。でも、いつも家にいるので、外に出ただけで、人疲れしてしまう。お昼に帰っても、午後、ボケーッとしてしまって、結局、1日、外出してるのと同じ事になってしまう。今日はどうかな。では、行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

バール

あれこれ文句を言ってるけど、登録した本は仕上げなきゃいけない。スローペースではあるけど、録音続けてます。昨日読んだ中で、「こじゃれたバールで2杯目のナマを半分ほど空けた時だった」という一文がありました。こりゃ、どう考えても、バーの誤植だろう。でも、ちょっと待てよと思い、念のため、辞書をひく事にしました。あらまあ、「バール」という言葉がちゃんとあるんだ。「イタリア式カフェ、気軽にワインを飲んだり、軽食を取る事が出来る」との事。へえ、そうなんだ。我家でバールと言えば、金てこの事です。イタリアもワインも縁がないんで知らなかったけど、遊び慣れてる人たちには、当たり前の言葉なんでしょうか。

世の中には自分の知らない事がいっぱいあるんだから、決めつけちゃいけない。気をつけなくては。校正者の方、ご存知かもしれないけど、下調べ表に書いておきました。本の中にも一度出てくるだけです。友達に「バールに行こうか」と言ったら、「何それ」と言われそう。そもそも、当地で、バールなるものはあるのかな。バール探検隊を組んだりして~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

正直驚いています

W杯代表、昨日発表されました。川口が入ったのは意外でした。選ばれた川口本人が、「正直驚いています」と言ってるんだから、私が驚くのは当然です。前田は多分入らないだろうと思ってたけど、それは予想通り。ま、どうせ、岡田監督叩かれるんだから、自分の思い通りのチームを作った方がいい。

代表の23人、顔と名前、所属チームだいたいわかります。これが4年後になると、わからない方が多くなるんだろうな。次のW杯に出られるかどうか、そっちの方がわからないけど。書こうかどうしようか迷ったけど、やっぱり書いておこう。「浦和の高原」、南アフリカW杯日本代表の中心になるんじゃなかったのかい。高原、この頃、ゲームに出てるんだろうか。それさえ知りません。代表の顔ぶれみても、気になる選手がいない。タラレバを言っても仕方ないけど、「浦和の高原」でも、入ってたら応援するんだけどねえ。それにしても、高原なあであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

33歳から76歳

タイトルは、Wiiがはじき出してくれた私の年です。33歳は、運動能力バランステストがうまくいった日。76歳は、Fit Plusに切り替わった時、知能テストみたいのがついてきて、どうやるんだと戸惑っているうちにタイムアップしてしまった日です。想定年齢43歳も幅があるのがすごい。あなたは、年齢より若いと言われると、実生活でそう言われる事がないので、やにさがってます。ちなみに、今日は35歳でした。

運動バランステストは入り口。本編の方、前は、ヨガとか、筋トレをやってたんだけど、この頃はサイクリング一辺倒です。今は、島1周コースにトライ中。全ポイントを通過して、スタート地点に戻るんだけど、これがなかなか。実生活で、折り紙つきの方向音痴なので、Wiiでも一緒です。迷子になってなかなか1周できないのが面白いのかも。結構、夢中になってやってるけど、Fit Plusのターゲットはどれぐらいの年齢層なんだろう。私、ドンピシャにはまってるのか、はずれてるのか、さて、どっちなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

草取りのお供

草取りするとき、前は、ソーラーラジオと共に動いてたんだけど、最近は、ICレコーダーです。自分の録音した分を聞いてます。本と突き合わせるわけじゃないから、自己校正にはならないけど、聞いてわかるかどうかのチェックにちょうどいい。変な所で切ったりすると意味がつながらないし、あまりにフレーズを短く切ると聞きにくい。草取りしながら聞いてると、いくつか気付く事があります。

「デジタル化するのは、CDで聞くためにじゃない。音声データとして利用するためだ」(4月23日付で書きました。日本点字図書館の天野さんの講演からです)。ほんとにそうだと実感します。デージー再生機、利用者の方は、補助があって安く買えるけど、私はそういうわけにいかない。次善の策として、ICレコーダーで聞いてます。デージーの機能を全部使ってるわけじゃないけど、それでも、テープやCDで聞くよりずっと便利です。何より、胸のポケットに収まるのがいい。外でも、自由に聞ける。ICレコーダーで聞けばいいと、ブログのコメントで教えてもらいました。おかげで、ICレコーダー大活躍、重宝してます。有難うございました。しかし、音訳始めた5年前、当地は、テープ録音でした。それがデジタル録音になって、サピエ図書館が出来ました。すごいなあと思ってたら、世の中では電子書籍スタートです。展開が早い事。草取りは、5年前と同じで、全然、変化ないのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

久しぶりにテレビ前

この頃、パソコンでドラマを見たり、遊んでる事が多い。テレビの前にじっくり座ってる事が少ないんだけど、昨夜は、久しぶりにテレビを見ました。「勘三郎が泣いた 勘太郎結婚&さよなら歌舞伎座SP」 舞台もテレビも映画もそんなに見てないけど、中村勘太郎好きなんです。それにしても、勘太郎いい顔になったなあ。
さよなら歌舞伎座と絡めて、面白い番組になってました。ここで、この人がナレーターをしなくてもいいだろうと思った所はあったけど、ま、そういう作りにしたかったんだろうって事で、文句は言いますまい。さよなら歌舞伎座、最後のほうはチケット争奪戦すごかったんだろうな。何年か前に、一度歌舞伎座につれてってもらった事があります。その時は、中村勘三郎を、堪能して帰ってきました。今度は、勘太郎メインの舞台を見に行くってのもいいかな。三年後ならまだ行けるだろう。○○さん、新しい歌舞伎座に、また連れてってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

いかんともし難い

直近に仕上げた蔵書が、地元の利用者にお知らせする完成図書情報に載りました。昨年末に読みあげて、年初めに校正提出した分です。何やかやありまして、3月中旬に完成しました。正月、ヒマだったので、一応のデジタル編集は終えて、校正に提出。修正後のデジタル編集は不要でした。ほんの少し強気に運べば、4月初めの完成情報に載ったんだけど、強引は差し控えました。さて、この完成情報、いつサピエ図書館に反映するだろう。いろいろ、周辺事情は知りつつ、しれっと、担当者に聞いて見ました。個人的に聞いただけなんだけど、「時期は明言できないとの事」、そりゃそう言うしかない。今年初めからの録音図書完成分、全然更新してません。時期を明言できるわけがない。サピエどころじゃない、ないーぶネットの時からです。

サピエの詳細情報見ると、この本、点字は完成として載ってるけど、録音図書は着手として、2件載ってるだけ、そのうちの1件が完成しました。出来を考えればそう強くも言えないけど、結構な時間かけたんだから、着手のままにしておかないで、早く、完成情報に切り替えてほしいなあ。こんなこと言ってるうちに、まもなく、もう1件が完成として載るに違いない。私の分、いつまで着手のままなんだろう。今、読んでる本も、同じ道をたどるんだろうな。やる気が削がれます。サピエ図書館の理念をどうとらえてるんだろ。こうなったら、いつ、完成情報として載るか、賭けを募って、胴元にでもなろうかしらん。図書館、まもなく、蔵書点検で1週間休館になる。その間に一気にアップするという可能性はあるのかな。今の状態見てると、私は、その線には乗りませんけどね。いつになるかわからないけど、完成情報として載った時点で報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

休み明け三連チャン

連休あけで、頭も体も、休みボケしてるというのに、午前・お昼休み・午後と、連続して予定が入ってる。世の中の皆さんはそういうペースで動いてるんだろうけど、私にはちと堪えるな。午前・午後はいつも通りなので、それを承知で、昼休みに予定を入れたんだから仕方がない。用事は1日1件で十分なんだけど、3件済むと得した気もするし。さて、昼ごはんは、何時、どこで食べよう。ま、何とかなるだろう。行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

「風の絵師」三昧

火曜日は、Gyaoで、「風の絵師」がアップする日。天才画家2人が主人公の韓国ドラマです。少し前にテレビで放送してた時は、昼の時間帯でした。いつも家にいるわけではないので、見たり見なかったり。なんでこうなったんだろうとわからないこともしばしば。おまけに、ラストの2~3話見てないので、どういう結末だったのかわからない。Gyaoのメニューに入ったので、毎週火曜、楽しみにしてました。2話アップします。いつでも見れるんで、1週間の間に2話みればいいんだけど、やはり、2話いちどに見てしまいます。

それが、昨日は、最終話までの4話分を一気にアップしました。これはもう見るしかない。でかける相方に、「今日1日、韓流にはまる」と宣言して、パソコンの前にいました(テレビにはつながず、パソコンの小さな画面で見てました)。4話分見ると、さすがに堪能。最終話は2回見たので、時間にするとかなりになる。2度目の最終話の時に相方が帰ってきたので、朝から晩まで見てたと思っただろうな。昨日は隣家からの音もなく静かな1日だったんですけどねえ。録音する本人が、「風の絵師」にはまってたんだから仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

連休は音がいっぱい

ゴールデンウイーク関係なく、相方はいつも通りの時間に出かけます。シメシメ、録音がはかどるぞと思ったのに、そうはうまくいきませんでした。まとまった休みは、まとまった事をしようという働きものがいて、昨日は朝からかなりの音。隣家で、小屋を潰してました。畑用のいろんなものを入れてる作業小屋、代がかわって、いらなくなったんだろうな。トンテントンテン、かなりの音が響いてきます。我家も、日曜大工で、やかましい音を出す時があるから、文句を言えた義理ではありません。

音がおさまったころ、相方どの帰宅。こちらは、大きな音ではないけど、確実にマイクに入る音を立ててくれます。なんせ、我家、音が回る作りなので仕方がない。2階でしたクシャミの音がきれいに入るのは再々です。ちゃんとした録音ブースでやればいいんだろうけど、図書館の録音室なるものも、音がだだ漏れの作りです。そういえば、何とかいい方法を考えるといってたけど、そのままだなあ。どっちにしても、土日・祭日は、私達、駐車場の使用不可という事だから、行かないけど。今日は音がしないけど、小屋はきれいに潰し終わったって事かな。なんて言ってると、近くで、草刈りが始まったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

ゴルフ始めました

今日のブログ、タイトルも内容も、昨日の午前中に決めてました。そしたら、石川 遼はすごいスコアで優勝、朝刊1面トップです。宮里 藍は米ツアー4勝目で速報。こんな日に、「ゴルフ始めました」とは書きにくいなあ。内容が内容だし。

このところ、Wii、ちょっとお休みしてました。目新しいのがあればまた遊ぶ気になるかなと、Fit Plusを買ってきました。ハイ、私のゴルフは、グリーンも、うちっ放しも関係なし。バランスボードの上で、わけもわからず振って、スイング診断を仰いでいるだけです。ときどき、気持ちよく飛ぶんだけど、ミスショットも再々。タイトル「ゴルフ始めました」じゃ大風呂敷もいいとこ、「ゴルフの素振り始めました」でも、ゴルフ好きな人からお叱りを受けそうです。でも、これが結構面白い。他にも、セグウェイや、サイクリングをやって遊んでました。でも、ヌンチャクがないとできないゲームがいくつかある。今度、ヌンチャクを買ってこようって、すっかりゲームにはまってます。比較しても意味ないと思いつつ、石川 遼の優勝賞金は2400万。Fit Plusは1800円。Fit Plusがいくつ買えるんだ?物差しがFit Plusになってるのが、我ながらなんともはやです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

ワ~イ、4桁だ

ココログのアクセスランキング、4桁とは縁がないだろうと書いたのに、あっけなく、達成。4月30日、9573位でした。この日のアクセス数80。このブログにしては驚異的な数と言ってたアクセス数211の時は、10323位だったから、数字のマジックはこんなもんです。前日の結果が翌日正午に出る。4月30日発表の数字は、29日のもの。遊びに行った人が多くて、ココログの総閲覧数が少なかったんだ。分母が少なくなれば、同じぐらいのアクセス数でも、順位は上がります。それでも、4桁になった事は間違いないので、一応、ご報告。

みんな連休を楽しんでいるようだけど、我家は「安・近・短」でさえない。29日はお互い予定があって、出かけたけど、あとはいつもと同じです。相方は、明日からの三連休もいつもと同じように出掛けるそうな。という事は、私は、いつもと同じように家にいることになる。この時とばかり音訳に精を出すか、ぐうたらを決め込むか、さて、どっちになるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

明快でいいなあ

昨日に引き続き、松井 進さんの講演の話。印象に残ったのは、以下の6点です(デジタル化についても、話されたのですが、こっちのほうが残りました)

視覚障害者が利用できるように録音図書を揃えるのは、「図書館のやるべき仕事」です。だから、音訳者の方には、対価を支払います。
質の高い仕事をしてもらうべく、音訳者の採用試験をします。点字図書館で養成をしているので、当館は、いちからの養成はしない。試験に通った方には、リファレンス研修等を受講してもらう。
音訳者の高齢化というけど、これから、社会全体が高齢になります。年だからと言ってやめては、やる人がいなくなります。でも、やはり定年はあって、当館の音訳者定年は70歳です。70~75歳の方には、校正をしてもらいます。
広報の音訳版・点訳版を作るのは行政の仕事です。行政にちゃんと仕事をしてもらいましょう。
いい録音図書はどういうものだと思いますか。聞いてわかるものです。長く音訳やってると、その事を忘れがちになって、技術論に走りがちになる。一番大切なのは聞いてわかるかどうかという事です。
迅速な資料の制作と提供までの時間短縮が必要。

以上引用終わり。私の頭に残った事なので、多少ニュアンスが違う所あるかもしれないけど、こういう風に、方針が明快だといいなあ。音訳のボランティア団体に入って何年かたったけど、図書館と会の関係がいまだによくわかりません。いろんな活動をしてるけど、録音図書に関しては、「図書館のやる仕事」、どうして、図書館がイニシアチブをとらないんだろうと思ってきました。私には、図書館側も、ボランティア側も、「図書館のやる仕事」とは思ってないようにみえます。こんな事をいうと、先輩諸氏から、今までの経緯があってこうなったのよと言われそう。多分、このままの形が続くんだろうな。私は、図書館主導であるべきと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »