« Wii・引っ越し | トップページ | オーディオインターフェイス »

2010年3月29日 (月)

青き踏み放題

「青き踏む」は、春の季語だそうな。踏青(とうせい)の傍題です。でも、今、踏青の入力では出てこなかったから、認知度いまいちなのかな。
以下、NHK俳句3月号、「踏青…傍題、青き踏む」の兼題解説です。
「青みはじめた野原に出て、草を摘んだりしながら逍遥することを言います。もともとは旧暦二月二日などに、春の野の景色を愛でながら、桃や李の下で酒宴を開いた、中国の風習。現代では、春の行楽、ピクニックの意味に用いています」

本来の季語の意から外れるけど、我家、居ながらにして、青き踏み放題です。桃や李の下で、酒宴が開けるといいんだけど、それはなし。豊富にあるのは、「青き」だけです。雨が続いたので、だんだん、雑草の天下になってきました。庭に出るたびに、文字通り、青きを踏んでたけど、そろそろ草取りをしないといけない。いい天気だったので、午前中、高校野球を聞きながら、せっせと草取りをしてました。確か草取りも、季語のはずなんだけど、草取りは年中してる気がするなあ。もともとは、田の草取りの意で、季語になったのかな。どうなんだろう。庭の草取りを半日しただけで、腰がなんだか変です。田んぼの草取りしたら、すぐ音を上げるに違いない。それに、草取りを一生懸命してれば、今頃、ブログの更新なんかしてません。

|

« Wii・引っ越し | トップページ | オーディオインターフェイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/47941584

この記事へのトラックバック一覧です: 青き踏み放題:

« Wii・引っ越し | トップページ | オーディオインターフェイス »