« 変な電話 | トップページ | Wii・引っ越し »

2010年3月27日 (土)

「はじめての」と「できる」

この前、本屋に行った時、Windows7関連の本を立ち読みしました。Windows7ツアー見て、使い始めたけど、本に目を通すと参考になることあるかもしれない。でも、ざっとしか見ないだろうから買うのもなあ。そうだ、こういう時こそ、図書館を利用すればいいんだ。同じことを思う人はいるもので、「はじめてのWindows7」を見たら、二十数人、予約ついてます。ひとり2週間借りると、順番が来るのは、相当先になってしまう。ここでいい事を思いつきました。本屋で立ち読みした時、「はじめてのWindows7」、「できるWindows7」両方見たけど、内容そんなに差がないように思いました。「できる」ほうは、どのくらい予約がついてるかと見たら、予約ゼロで、在庫になってます。さっそく、予約かけました。

昨日、図書館に行ったので、借りてきました。今までずっと、ヘルプ機能に頼って使ってきたので、こういう本に目を通したの初めてです。私、パソコンの機能使いこなすには程遠い。自分のしたい事だけできれば十分なので、ヘルプで、用事は足りるかな。でも、「はじめての・・」を予約してる皆さん、「できるWindows7」のほうがすぐ借りられるから、狙い目ですよ。

|

« 変な電話 | トップページ | Wii・引っ越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/47920024

この記事へのトラックバック一覧です: 「はじめての」と「できる」:

« 変な電話 | トップページ | Wii・引っ越し »