« ポワポワ・バタンキュー | トップページ | 春昼や »

2010年2月25日 (木)

ブーリン家の姉妹

昨日、昼頃、テレビの前にいた人は、ほとんどフィギュアスケートを見てたんだろうな。私は、「ブーリン家の姉妹」を見てました。たまたま見始めたら、面白くて、フィギュアは後で見ればいいやとおもった次第。高校の世界史の授業、何が印象に残ってるかと言うと、アン・ボレンです。世界史の先生、アン・ボレンがらみのことを、いちばん熱をいれて話してくれました。

姉か妹か、ずっと塔に幽閉されたように思うんだけど、映画では、アンは、首を切られ、妹は田舎で穏やかに暮らす結末でした。映画は史実にどれぐらい忠実なんだろう。いや、先生の話も、どこまで本当かわからないし、私の記憶もいい加減になってて、他の事件とゴッチャになってるかもしれません。イングランド王が、ローマ教皇に破門されると言うのは、覚えてる通りでした。王妃を退け、姉も妹も、イングランド王の子を産み、いろいろ凄まじい話です。それにしても、アンの生んだエリザベスが女王になるんだから、王室ってのも・・・・以下略。「男を手玉にとって云々」と、世界史の授業で教えてもらったのに、出来の悪い生徒、全く活用できず、今に至っております。

|

« ポワポワ・バタンキュー | トップページ | 春昼や »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/47654620

この記事へのトラックバック一覧です: ブーリン家の姉妹:

« ポワポワ・バタンキュー | トップページ | 春昼や »