« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

無事帰宅

20時半、自宅なうです。2月のメインが終わってホッとしてます。

お祝い事なので、ニコニコして、おいしいものを食べてきました。結婚式楽しかったので、書き始めればいろいろあるんだけど、書くのはやめておきます。結婚式のおかげで、遠出をしてきました。「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった」を実感。北陸も暖かい陽気が続いてたようですが、北陸トンネルを抜けると、雪があって、それだけで感激しました。しかも、山がすぐ近くにあって、その山に、靄がかかってる。当地ではお目にかかれない風景です。土地土地で、毎日見る風景は違うんですね。

花婿・花嫁さん、仕事の関係で、1年ほど、別居だそうです。1年といわず、ずっとそのペースで暮らす方が楽しいんじゃないのと、オバサンは無駄口を叩いてきました。花婿さんは、4月から当地勤務とか、さて、どんな親戚づきあいになりますでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

春昼や

本当は、NHK俳句3月号の担当だったのですが、2月末に予定が入ったので、替ってもらいました。録音だけなら大丈夫だけど、そのあとも校正やら、修正やらある。仕上げるまでは気になる方です。担当ははずしてもらったけど、勉強がてら、録音してみることにしました。下調べも、いつもどおり済ませて、録音開始。「対談・推敲で一句誕生」のコーナーで、「春の昼」、「春昼や」のどちらがいいかというやり取りがありました。何も気にせず、「ハルヒルや」と読んだんだけど、聞き直したら、アレ、もしかして、シュンチュウなのかな。「季語・春昼」で検索してみたら、大当たり。でも、シュンチュウという語感、春の昼ののどかな感じはしないと思うんだけどなあ。俳人の皆さんは、シュンチュウという言葉、違和感ないんでしょうかね。こんな風に、あちこちで引っかかっているので、録音なかなか終わりません。やっぱり、替ってもらって良かったです。

というわけで、明日から2~3日、ブログお休みします。出先で更新できないこともないけど、たぶん、やらないと思います。気が向いたら、「○○なう」なんて書くかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

ブーリン家の姉妹

昨日、昼頃、テレビの前にいた人は、ほとんどフィギュアスケートを見てたんだろうな。私は、「ブーリン家の姉妹」を見てました。たまたま見始めたら、面白くて、フィギュアは後で見ればいいやとおもった次第。高校の世界史の授業、何が印象に残ってるかと言うと、アン・ボレンです。世界史の先生、アン・ボレンがらみのことを、いちばん熱をいれて話してくれました。

姉か妹か、ずっと塔に幽閉されたように思うんだけど、映画では、アンは、首を切られ、妹は田舎で穏やかに暮らす結末でした。映画は史実にどれぐらい忠実なんだろう。いや、先生の話も、どこまで本当かわからないし、私の記憶もいい加減になってて、他の事件とゴッチャになってるかもしれません。イングランド王が、ローマ教皇に破門されると言うのは、覚えてる通りでした。王妃を退け、姉も妹も、イングランド王の子を産み、いろいろ凄まじい話です。それにしても、アンの生んだエリザベスが女王になるんだから、王室ってのも・・・・以下略。「男を手玉にとって云々」と、世界史の授業で教えてもらったのに、出来の悪い生徒、全く活用できず、今に至っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

ポワポワ・バタンキュー

若い頃、バタンキューというと、かなりのお酒を飲んだ後でした。それが今じゃ、ちょっと口をつけただけで、頭がポワポワして、バタンキューです。相方が飲まないので、我家のアルコールは、真夏のビールだけです。それも、コップ1杯程度。日頃、飲みつけてないので、身体も、アルコールが入ると、ビックリ仰天、「何だ、何だ」となるようです。先日、アルコール持参のお客様があって、半分ほど残った瓶が冷蔵庫に入ってました。場所をとるので、早いところ片付けよう。昨日、夕飯のとき飲んだら、相方は途中で、早々にもういいとギブアップ。私、お酒と仲良しだった事があるので、捨てるなんて勿体無い事はしません。自分のを飲んだあと、相方の分も引き受けたら、見事に酔っ払いました。別に大声で騒いだり、泣き上戸ではない。バタンキューで寝るだけなんだけど。

何時間か寝て、起きた後も、身体の中にアルコールが残ってるなあという感じでした。どうも、お酒と相性が悪くなったみたいです。起きてから、「酒も飲まない、賭け事もやらない、あ~、これじゃ、人生の楽しみがないじゃないか」と言ってたのは、まだ酔っ払ってたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

ヘッド・フォン

しばらく前、スピーカーが、ご機嫌が悪くなって、音量が不安定になることがありました。買い換えるなら、ヘッド・フォンがいいかと買ったのに、次々、失敗でした。初めに買ったのは、耳を覆うタイプ。つけてるうちに、耳が圧迫されて、イヤになってきました。もうちょっとゆるくならないかと、強引な事もやったんだけどダメでした。ちゃんと、試して買ったのに、なんせヘッドフォン1年生、よくわからないまま買ったんです。それならばと、次は、耳に収めるタイプを買いました。何がどうということもないんだけど、これも、どうも、しっくりしません。そのうち、スピーカーのご機嫌も直って、ヘッドフォン(イヤフォン)、すっかり、ご無沙汰してました。

今回、オリンパスのICレコーダーを買ったら、これについてるイヤフォンがいい。私のことだから、音がどうこうではなく、耳の収まり具合なんだけど、全く気にならない。これから、全部、このイヤフォン使うことにします。図書館で、デジタル編集するとき、そこにあるヘッドフォンつけてやるんだけど、これからは、マイ・イヤフォンを持って行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

カイちゃん

何日か前、相方が、左親指を怪我して帰って来ました。鎌の怪我とのこと。結構な出血だったそうな。その時点でも、血がにじんでました。聞いてると、こっちの血がひきそうです。一応、血は止まったみたいだけど、怪我した親指を、心臓より上に置いておこう。何かで固定した方が楽だけど、さて、何で固定しよう。救急講習会で、三角巾の使い方を習ったけど、家には三角巾はない。パンストが包帯代わりになるときいた覚えがある。厚手のパンストでやったけど、伸びてダメでした。パンストはやっぱり、包帯代わりにしかならない。

ここで、そうだ。風呂敷を三角巾代わりにすればいいと気がつきました。木綿の風呂敷を半分に折れば、立派な三角巾。大判の風呂敷を使ったら、ちょうどいい大きさ。手のひらを肩先に乗せる形で腕を固定して、首の後で結べました。何時間かそうして、あとは、指先包帯をかぶせて養生。翌日にはズキズキも収まったということで、今はちょっと不自由ながらも大丈夫です。左親指の怪我だけと思うのに、出来ない事が多くて、ここのところ、あれやこれや、声が掛かってました。「介護犬」替わりということで、ここ数日、私の名前は「カイちゃん」でした。そろそろ、カイちゃん、卒業できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

新・旧パソコン

新しいパソコンをくれるという話があって、何が届くかと待っていたら、VAIOでした。Windows7搭載。貰っても、私は設定なんてわからない。贈り主が、詳しいんだろうと思ってたら、あら、ネットの接続が出来ない。無線ランにしなくてもいい、コンセントに入れるだけでOKという、簡単接続、PLCなんだけど。とても簡単という触れ込みなのに、点灯すべきランプがつかない。設定始めたのは土曜日の夜、9時過ぎ、サポートの時間外です。訳のわからない私まで加わって、PLCの初期化をして、ランプはつくようになりました。

なのに、接続できない。Windowsを起動させないで、ウェブページだけを見るのはできるんだけど(最近はこんな事も出来るんですね)、起動させると接続できない。ウェブページは見られるんだから、PLCに問題はない筈です。今日になって、ソニーや、プロバイダーのサポートに電話して、やっと接続できました。いろいろ設定すべき事を抜かしてあったようです。貰ったのは私なんだけど、私は今のXPのままでいいなあ。新しいパソコン、相方が使うことになりました。これで、「○○について検索して」というのがなくなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

昨日、提出

録音図書、完成して、昨日、提出してきました。いろんな記入事項、不備がなければ受付になるはずです。2月中には完成させたいと思ってたので、一応、予定通りです。もう1冊、登録してあるので、ちょっと一休みしてから、それにかかります。何月ごろできるかな。花粉症の影響がどれぐらいかあるかというのもあるしね。

4月から、ないーぶネットとビブリオネットが1本化するそうな(小耳にはさんだけで、私達にはまだ詳細はわかりません)。4月というと、もうすぐだけど、実際はどんな形になるんだろう。デージー図書だの、テープ図書だの言ってるうちに、世の中、どんどん動いて行って、いい事です。そうなれば、全国でひとつ音源があれば、各図書館でダウンロードして使えるようになると思う(あくまで、私の予想、かつ、希望です)。そういう態勢になれば、ほんとに聞きやすい録音図書を作る力のある人だけが作るようになるんだろうな。おいおい、ボランティア側の意識も変っていくんだろう。私、力不足なんてもんじゃない、自分の録音したのを聞くとガックリするレベルだけど、今登録してある本は、仕上げる事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

筋肉痛

今朝起きたら、ふくらはぎがパンパンに張ってます。お布団から出て、あやつり人形みたいに動いて、今も、ヨゴヨゴしか動けません。一昨日、身体を動かして、昨日はさほど影響なかったのに、翌々日にドッと来るという、年相応のパターンです。何の運動をしたかというと、Wii。どうやって起動させるか忘れてしまったぐらい、やってませんでした。スイッチを入れても動かず、何が間違ってるんだろうと思ったら、リモコンも、台も、両方とも乾電池が切れてました。

この頃、パソコンの前に座ってる事が多くて、ちっとも身体を動かしてない。そうだ、Wiiで遊べばいいと思った次第です。まずはお気に入りのヘディング。球を逃して、シューズやパンダにばかり命中なのは、ほんとにドジ。次にフラフープやら、ジョキングやら。冬季オリンピックにあわせて、ジャンプ競技も何回か。遊び半分で、大して動いてないと思うのに、座りっぱなしの身にはこたえたみたいです。ずっと放っておいたので、ちっともメニュー増えてないけど、ちょっとずつ遊べば、だんだん増えていくだろう。座ってる時はパソコンに向かい、運動する時はWiiと、遊び友達がパソコンや、Wiiでいいのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

ご馳走さまでした

午前中の仕事を終えて、図書館に行こうとしたら、珍しく、携帯にメールが入りました。図書館に、自分宛の封書が届いてるので、帰りがけに、届けてもらえるとありがたいとの事。図書館に行くには、バスを乗り継いで、時間の掛かる人です。別にその方の自宅まで届けるわけではない。途中で落ち合って、手渡すだけなので、お安い御用です。帰り道途中の喫茶店で待ち合わせということになりました。小1時間ほど、いろいろ話して、「じゃあ」という段になったら、お礼といって、用意してあったケーキを貰いました。家に帰ってあけたら、豪華なロールケーキ1本。運び賃のお礼としては豪華すぎるなあ。

「これが今日の私の稼ぎ」と言って、夕飯後においしくいただきました。ロールケーキくれたのは、相方とも顔を合わせたことのある人。「絶品にうまい」というので、亭主がそう申しておりますと、メールしたところです。しかし、喫茶店で、時間取らせたし、お礼もせしめるし、あまり、いい運び屋とはいえないなあ。相方は、うまいケーキに味をしめ、「間に合わない奴ですが、いつでも用事をお申し付けください」と言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

値踏みされた

先日、買物に行くという相方についていきました。行先は、何年か前にオープンした郊外大型店。いつもジーンズにセーター姿で通してるけど、ちょっと改まったジャケットが欲しい。気に入ったのがあれば、私も買うことにしよう。いろいろ見てるうちに、店員さんがきて、いくつか勧められました。みんないまいちだったんだけど、奥へ入って行ったら、気にいったジャケットがありました。色、形、質感、全部OK。少し高いところにあったので、取って貰うつもりで「あれはどうかしら」と声を掛けたのに、店員さん、動いてくれません。重ねて何回か、「あれ」といったら、「お値段がちょっと張ります」と、お買い得の2点セット、3点セットの方をを勧めます。ジャケットの値札見たら、確かに高いけど、到底手が出ない桁違いの値段でもない。

店員さん、最後まで、手にとってくれませんでした。何点かあったから、取り置き商品でもない。私には似合わない、売りたくないって事なのかなあ。いや、もっと単純に、その値段のジャケットは買わないと思われたんだろうな。まあ、確かに買わなさそうな風体をしてたけど。きちんとした格好をしていかないと売ってもらえないとなると、まずは買い物にいく用の服を買わないと・・・・ウ~ン、面倒だ。店員さんに相手にしてもらえないので、我家の福沢諭吉翁も、出不精になるばかりです。あ、でも、その日は、欲しいものを売ってくれた他の店で買いものはしてきました。福沢諭吉翁の足腰も鍛えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ICレコーダー・その2

ICレコーダー、やっと使えるようになりました。録音の方は、すぐ出来たんだけど、音訳ソフトで録音したのを、聞けない。説明書を見ると、メディアプレーヤーか、iTunesを使うと書いてあるけど、iTunesって何だ。まずは、わかる方のメディアプレーヤーの方でやってみたんだけど、ダメ。訳がわからなくてお手上げです。録音できるんだから、そっちの方だけでいいかなと諦めかけたんだけど、「わからない事あったら、ご連絡ください」といってくれた電気屋のオニイサンの顔を思い出して、電話。双方の都合のいい日をきめて、先日来てくれました。

やはり、ICレコーダーは録音機能がメイン。私のしたいのは応用コースだったようで、電気屋のお兄さんも、クリアするのに、時間が掛かりました。もっとも、iTunesをインストールしてる間に、訳のわからないのがいろいろ質問。それに、懇切丁寧に説明する時間も含まれてるんだけど。ICレコーダーで聞けるように、音源の設定を変える方法を教えてもらって、自分で出来るようになりました。「時間掛かってすみませんでした」と帰っていったんだけど、パソコンについてわからなかった事も、いくつか教えてもらって、収穫多い時間でした。お礼を言うのはこちらです。これで、デスクトップのパソコンに貼りつくことなく、ながら聞きができます。ツールだけは増えて、使えるようになって行きます。あとは、読む力だ、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

1作品20分

テレビでも宣伝していた朗読CD集の宣伝冊子が、今朝の新聞折込で入ってきました。「聞いて楽しむ日本の名作・朗読CD集16巻セット」 豪華!10名の語り手が迫真の演技。名著の世界へスーッと入り込める朗読。キャッチコピーが続きます。しかし、手軽で聞きやすいあらすじ朗読だそうです。「小説は各作品20分前後収録。長編小説は、冒頭・文末のほか、名場面・名台詞は原文そのままに、その間を「です・ます」調のあらすじで紹介し、読みどころをスッキリ整理」との事です。全文入ってるのは、蜘蛛の糸、どんぐりと山猫、檸檬、山椒魚、ごん狐だけ。あとは、雪国、李陵、坊ちゃん、羅生門・・・ズラーッと並んでる作品、みんな、20分だけなんだ。

プロの朗読の後に書くのは気が引けるけど、先日、録音終えた本、8時間強かかりました。音訳では一言一句、原文のまま読むのがルールなので、1作品20分のいい所どりなんて考えられない。驚きです。せめてCD1枚分60~70分を1作品にあてればいいのにと思うけど、朗読コレクションという趣旨だから、20分で沢山入れたほうがいいのかな。蛇足ながら、視覚障害者用の音訳CDは、1枚のCDに最長50時間程度入る。本1冊分、1枚のCDに収めるのは楽勝です。そのためにはそれなりの作業が必要なんだけど。プロによる朗読CD集、16巻セット、29000円。ブログのネタにしただけで、私は買いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

旧暦1月1日

世間は、今日はバレンタインデーなんだろうけど、当方、全く関係なし。先日、ラジオで、「旧暦で暮らそう」という番組を聞きました。今までそんなこと思ったことなかったけど、確かに旧暦の方が、暦と体感温度・季節感はあう。今日、2月14日は、旧暦1月1日です。でも、世の中、新暦で動いてるもんなあ。頭の中、旧暦と新暦の2本立てにしましょうか。

その番組の中でも、いつを年の初めとするかは、幾通りも考え方があると言ってました。立春が年の初めという考え方もあります。「干支がかわるのは、立春」、これは前から知ってました(立春前に、年賀状で、干支が変わっちゃうけどね)。気をつけないと、1月生まれは微妙です。私も1月生まれなので、本来は前の年の干支。でも、運勢とか、相性とか、野次馬気分でしか見ないので、新聞の運勢欄を見る時は、両方の干支のいいほうを見ることにしてます。旧暦1月1日といっても、私がそう思ってるだけ、いつもどおりの1日が始まりました。冬季オリンピックの開会式も見て、さあ、これから何をやろうかなと思ってるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

つむじ風食堂の夜・その2

「つむじ風食堂の夜」の映画を見に行った事を書いたら、何件か、検索に掛かりました。検索元のいろんなページを見てたら、もともとの小説が、八嶋智人を念頭において書かれたという記事がありました。八嶋智人、演じ終わったあと、「大丈夫だったでしょうか」と聞いたそうだけど。食堂のモデルも、函館に実在してるとのこと。へえ、そうなんだ。いろんなことがわかって面白い。

原作との違和感が全くなかったせいだと思うんだけど、頭の中に映像を浮かべて、楽しんでます。本にはなかったお楽しみも。映画では、唐辛子の本のイラストが出てきました。勿論、吉田篤弘のイラストなんだろうな。映画の中では、すっと通ってしまったので、もう一度ゆっくり見れたらいいのにと思います。検索のおかげで。月船町もの「それからはスープのことばかり考えていた」があることがわかりました。どんな話なんだろ。読んでみよう。映画を1本見て、何日も楽しんでます。一粒で二度おいしいどころか、何度も味わってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

門外漢だけど面白かった

昨日、手許で仕事しながら、テレビを見てました。そのうち、テレビの方が面白くて、手許がすっかりお留守になってしまいました。見てたのは、「2010大逆転将棋」 将棋がわかったらほんとに面白いんだろうけど、わからなくても、十分面白かった。それにしても、棋士の頭の中はどうなってるんだろう。羽生名人と佐藤九段の「脳内対局10秒将棋」 盤なしで、10秒以内に指して行きます。154手で、「二歩」になり、佐藤九段の反則負け。対局あとのインタビューでは、羽生名人も、そこに歩があったのは、飛んでたとのこと。思わぬ終わり方だったけど、凄い人たちだ。

大逆転・投了対局も面白かった。勝敗の決した投了図からスタートです。投了した敗者側をプロ、勝者側をアマチュア。投了図から始めて、すんなり、プロが勝っちゃうのが凄い。でも、「頓死」なんてことも教えてもらって、プロも考えられないようなミスをするんだとわかりました。毎年やってるんで、来年も見ることにしよう。棋士の皆さん、ほんとに、「素敵ないい男」です。贔屓の渡辺竜王が出てなかったのはちょっと残念だったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

文責は?

どこかで紹介されると、突発的にアクセス伸びることもあるけど、何もないのに、昨日、650。今日も既に、324アクセス(午前8時現在)。こりゃ、どうしたんだ。ひとりの方の連続アクセスです。はて、この方、私とわかってて読んでくださってるのか、それともお目にかかった事ない人なのか、どっちなんだろ。書き込んでくださると有難いんだけど。しかし、ずっと遡って一気に読まれるのは、ちょっとつらいものがあります。タイトル見ても、自分でも何を書いたか覚えてないのが沢山あります。事と次第によっては昨日の事さえ忘れてるから(忘れようとスイッチ押すこともあるけど)、文責は問わないでください。自分で読み返しても、今になってみるとこれはちょっと的外れと思うことがある。遡って読むのは1ヶ月前ぐらいに留めてほしいです。もしかして、そういう設定も出来るのかな。

それに、悪口雑言は書かないと決めてはいるんだけど、ときどき、ヤバイことを書いてるかも。ヤバイことを書いてたら、その10倍くらいのことがあったと思ってください。これからは、そんな風に自己規制かけないで、思いっきり、膨らまして書こうかしら。一あったことを十や百にして書く。針小棒大、白髪三千丈、それもいいかもしれません。その精神にのっとって、ブログのタイトル、もう一度変えると、「いい加減はっちょの大風呂敷日記」かな。でも、大風呂敷広げるのも、それなりの能力が要る。やはり、細々ブログでいいかな。650は勿論、300を越すアクセスは、細々ブログに似合わないんで、その辺、ヨロシク。連続アクセス、音訳関連の記事だったので、この記事のカテゴリーも、音訳にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

つむじ風食堂の夜

久しぶりに映画を見てきました。「つむじ風食堂の夜」、録音図書にと思って、許諾申請出したんだけど、返信待ちになってました。今年1月、著作権改正になり、許諾不要になったので、やろうと思えばできる状態。でも、待ってる間にあちこちの図書館で何冊か出来てるし(点字図書館はもともと許諾いただかなくてもOKなので)、中には、有償で販売してる録音図書を購入した図書館もある。下手っぴいが、それを追いかけてやることもないと、流しました。有償販売の企画があったので、OKいただけなかったのかもしれません。

不思議な味わいの話です。どんな映画になったのか、野次馬根性で出かけたんだけど、面白かったです。小さな映画館で、朝10時からの回が、「つむじ風食堂の夜」 
一番乗りで、しばらく誰も来ず。貸切?と思ったけど、上映開始時は6人でした。許諾申請出す時点で、何回も読んでるので、ストーリーはしっかり頭に入ってます。「ここで、猫のオセロが出てくる」と思ったのに、そのシーンはカットで残念。右・左、きれいに黒白に別れた猫なんて絵にすると変だものね。それ以外は、原作に忠実そのもの。つむじ風食堂の外観は、私がイメージしてたのと全く違ったけど。食堂のメニューで出て来る「クロケット定食」がおいしそうで、お昼は、串カツ定食を食べてきました。他の5人は、どんなお昼を食べたんだろう。これから、映画館に足を運ぶのもいいなと帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

ICレコーダー入手

しばらく前、ここで、MP3ファイルの、早聞き、先送り、戻しができる携帯用の機器が欲しいと書いたら、ICレコーダーがいいと教えていただきました。この頃、大型電気店に行っても、並んでる品物に圧倒されて帰ってきます。仕事先に出入りしてる電気屋がとても面倒見がいいので、いろいろお世話になってます。ICレコーダーも、その電気屋にお願いしました。これこれこういう事がしたいので、お奨めのパンフレットお願いと頼んで、いくつかのメーカーのパンフレットを貰いました。見てわからないところは、電話で問い合わせて、機種決定し、今日、入手しました。大型電気店や、ネットで買うより、割高になるけど、買物が苦手な我家はこの路線でいいかなと思ってます。

説明かたがた、お届けしますといわれたんたんだけど、時間が取れなかったので、仕事先で、現品を受け取りました。今から説明書読んで、遊ぶことにします。録音デッキ、アクセント辞典から始まって、音訳ソフト、サウンドデバイス、そしてICレコーダー、いろいろ、金をつぎ込んでるなあ。小遣いの範囲で収まってるから、全然、問題はないんですけどね。相方に、現品見せて、いつでも貸してあげるからと自慢したところです。私は再生用に欲しかったんだけど、ICレコーダーだから、勿論、録音もできる。使い初めは何を録音しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

家の中よりきれいかも

パソコンが不安定になった時、ディスククリーンアップ、デフラグ、スキャンディスク等やりました。今まで何もせず使ってたので、反省した次第。そのとき、一時ファイル、履歴の削除等して、ゴミを残さないでパソコンを閉じてると教えてくれた人がいました。なるほど、履歴からページを拾ったことなんて、ここ何年もしたことがない。設定見てみたら、履歴は、20日間残すようにしてありました。1日にいろんなサイト見てるんで、結構な量になってたに違いない。早速、パソコン閉じるときの習慣にしてます。そのおかげか、パソコン君、トラブル起こさず、順調に動いてます。

家の中も、物はどんどん増えていくし、埃もたまっていく。クリックひとつできれいになるといいのにねえ。頭の中も、そうなるといいかな。でも、頭の中は、捨てる事と残しておく事の取捨選択が難しいかも。いい記憶より、悪い記憶の方が、参考になること多そうです。パソコンに関しては、迷う事はない。余分なゴミは毎日片付ける。毎日の習慣だけでなく、ディスククリーンアップ、デフラグ、スキャンディスクなども、定期的にやることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

修正作業

校正表が返ってきたので、昨日の夜・今日の午後と、修正に励んでました(昨日の昼、テレビ三昧にならないで、やればいいのにというツッコミはなしで~。態勢を立て直すのに、グダグダの時間が必要だったのであります)。一応、全部終わって確認もしました。これで通るといいんだけど、どうだろう。

なかなか校正者が決まらなかったので、新しく蔵書1冊登録したんだけど、しばらくお休みかな。1年以内に完成すればいいんで、ゆるゆるやります。小休止すれば、そのうち、やる気になるだろう。ここ2~3日いろいろあって、書きたい事はいっぱいあるんだけど、やめときます。ほとぼりが冷めた頃、書くことにします。そうしないと過激なことを書きそうです。でも、こんな事をブツブツ言ってるうちに、録音図書の利用の仕方、大きい流れで、一気に変るだろう。これから、どうなっていくか、ここ1年は見ていることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

ずっとテレビの前

立春も過ぎたというのに、今日は、いちばん寒いような気がする。コタツに入って出られません。すっかり、テレビが友達です。10時から「クリミナルマインド」、その後は「俳句王国」 午後は、「蒼穹の昴」の集中・再放送をやってたので、それも、ずっと見ました。この3つの番組を続けて見るなんて、なんてラインアップなんでしょう。

蒼穹の昴、読んだんだけど、もうすっかり忘れてます。こんな話だったのかなと思いながら見てました。西太后を田中裕子がやることはないだろうと、通常枠の時は見なかったんだけど、やっぱり、中国の女優さんがやればいいんじゃないでしょうかねえ。本では、宦官がらみのことをもう少し詳しく書いてあったような記憶があるんだけど、テレビドラマでは、さらっとしてました。そりゃそうだ。手術の場面なんか、放映できないものね。黒牡丹の話も、もっと激しかったと思うんだけど、テレビは薄味。全体的にボンヤリとした仕上がりです。もう1度本を読んでみようかと思ったから、見た甲斐はあったけど。でも、西太后のイメージが、田中裕子になっちゃったかな。西太后を見て、最初に見たのは、確か、マー姉ちゃんの妹、長谷川町子だったと思うのも、余計なことで困ったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

1行日記

今日はあれこれあって疲れました。これにて終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

犬は外

別に、節分の「鬼は外、福は内」をもじっている訳ではありません。この頃、犬を家の中に入れるのが普通みたいだけど、どうもついていけません。子供のころ、犬や、猫を飼ったことはなし。大人になってから、犬を飼った事はあるけど、玄関横のベランダで飼ってました。屋根下のベランダで、家の中には入れませんでした。今日伺ったお宅、小型犬を飼ってます。(飼ってますという表現は、愛好家からするとアウトなのかな)。庭で遊んでた犬が、そのまま、家の中に入ってくるし、応接セットのソファに寝そべってる。信じられません。人間だって、裸足で庭を歩いたら、足を洗ってから、家に中に入るんだけどなあ。

最近、犬に服を着せるのも、当たり前になってきたみたいだけど、これも、よくわかりません。自前の毛皮があって、季節によって生え変わるんだから、犬は、服着なくてもいいと思うんだけど。こんな事書くと、集中砲火を浴びるかしらん。毛皮が機能しないように、品種改良したのであれば、間違いだと思うし。もっとも、犬を飼った事あるといっても、迷い込んできた野良犬を成り行きで飼った次第。犬が大好きで家族同様という飼い方ではなかったので、「犬好きの気持ちはわからないのよ」といわれれば、「ハイ、ソウデスカ」と、すぐ引き下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

ちょっと一休み

1月初めに出した、蔵書の校正はまだ返ってこないし、俳句テキストは完成させて、発送待ち。録音はちょっと一休みといったところです。昨日やった同期の勉強会では、助詞など、母音が伸び加減と言われたんだけど、自分の耳ではわかりません。自分でわからないというのが問題なんだけど、それを考えるのも置いといて、今日は家事に励むことにしました。午前中、いつもより、念入りに掃除。午後は、ズボンの裾上げ。この頃、裾上げ、お店でしてもらうことにしてたのに、相方が通販で買ったんで仕方がない。しばらく前に頼まれたのにそのままにしてたんで、せっつかれてます。今朝、「今日やります」と宣言しました。それほど時間が掛かるわけでもないのに、やる気にならないのはどうしてだろ。テレビのワードショーを見ながら、やる予定です。ワイドショーの中味は、このところ、いろいろお騒がせの角界です。ほんとに、どうなってるんでしょかねえ。相撲が国技と言われても、そんなの誰がいつ決めたのよとツッコミを入れるほうですから、完全、野次馬です。
テレビの方に気がいって、左右違う、ズボン丈にならないように気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

記憶のはじまり

タイトルは、数日前の中日新聞、「くらしの作文」に投稿されてた題です。私の記憶の始まりは、お医者さんの白衣です。家でお布団に寝かされてて、お医者さんが横にいました。ステンレスのようなものを見た覚えがあるんだけど、消毒用アルコールの入った容器だったのか、医療道具を乗せたお盆だったのか、どっちなんだろ。大きくなってから、母に聞いたら、運動会に連れてって、熟してない柿を食べたんで、死にはぐったとの事。あんたはあの時生きるか死ぬかだったというんだけど、柿を食べてそんな事になるんでしょうかねえ。それとも、他のものにあたったのかな。誰の運動会だったのか、何歳だったのかわかりません。もっといろいろ聞いておけばよかったです。

子供が口をきけるようになった、ほんの限られた期間、「どこからきたの」と聞くと、いろいろ話すそうな。その記憶もすぐ消えちゃうそうだけど。私の記憶の始まりは、お医者さんで、その次に続く記憶ははっきりしない。お医者さんの姿がよほど強烈だったに違いない。かといって、注射されて痛かったとは覚えてない。お布団の横にいるお医者さんの姿だけです。母の言を信ずるなら、あの時、命がつながったので、今、生きてる訳です。でも、医院に担ぎ込まれたんじゃなく、往診受けてるって事は、そんな大事じゃなかったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

ダントツ、名波

1月の検索ワードは、珍しく、サッカーネタがトップ。ダントツ、名波です。名波、引退試合等、名波関連が105。2位は、(当方にとっては)音訳ソフト制作会社のシナノケンシ関連が、42。こちらは、希望退職、リストラなどの検索ワードなんであまり明るい話題ではない。3位は、ぐっと落ちて、小豆雑煮が8、お正月で話題になって、検索してみたと言ったところでしょうかね。

名波、シナノケンシはいっときだと思うけど、小豆雑煮は毎年、検索にかかるんだろうな。いや、名波がどこぞの監督になって、話題になったとき、また、検索増えるかもしれないし、シナノケンシに大きな動きがあったときにも増えるかもしれない。先の事はわかりません。毎年1月、エコパの近くの神社にお参りに行くんだけど、行こうと思った日が、たまたま、名波の引退試合の日。あたりの駐車場、すごいことになるだろうと延期しました。そのお参りも昨日行ってきたので、1月中に間に合いました。車の中で、そういえばと名波の話が始まったので、我家では、まだ名波の引退試合、引っ張ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »