« 門外漢だけど面白かった | トップページ | 旧暦1月1日 »

2010年2月13日 (土)

つむじ風食堂の夜・その2

「つむじ風食堂の夜」の映画を見に行った事を書いたら、何件か、検索に掛かりました。検索元のいろんなページを見てたら、もともとの小説が、八嶋智人を念頭において書かれたという記事がありました。八嶋智人、演じ終わったあと、「大丈夫だったでしょうか」と聞いたそうだけど。食堂のモデルも、函館に実在してるとのこと。へえ、そうなんだ。いろんなことがわかって面白い。

原作との違和感が全くなかったせいだと思うんだけど、頭の中に映像を浮かべて、楽しんでます。本にはなかったお楽しみも。映画では、唐辛子の本のイラストが出てきました。勿論、吉田篤弘のイラストなんだろうな。映画の中では、すっと通ってしまったので、もう一度ゆっくり見れたらいいのにと思います。検索のおかげで。月船町もの「それからはスープのことばかり考えていた」があることがわかりました。どんな話なんだろ。読んでみよう。映画を1本見て、何日も楽しんでます。一粒で二度おいしいどころか、何度も味わってます。

|

« 門外漢だけど面白かった | トップページ | 旧暦1月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/47552997

この記事へのトラックバック一覧です: つむじ風食堂の夜・その2:

« 門外漢だけど面白かった | トップページ | 旧暦1月1日 »