« ご馳走さまでした | トップページ | ダントツ、名波 »

2010年1月31日 (日)

自分の事は棚に上げて~

雑誌の録音テープを借りようとしてたら、先輩が、「今回、誤読が多い」と嘆いていました。誤読、気をつけてても、校正の耳をくぐって残ってしまうものです。聞いたら、これはちょっと。雑誌関係の部に入部した時、「読みがわからない言葉、不安に思う言葉は辞書にあたる。人名は思いも寄らない読み方をするので、資料に当たる」 厳しく指導されました。今回は、戦時中の政治家の名前の誤読。私でも名前を知っている有名な人です。文中に何回も出てくるんで、耳にひっかかる。ウ~ム。

あとは、ごく普通の言葉なんだけど、そんな風に誤読したら、意味の通らない文章になっちゃうだろうという所あり。読んでて不思議に思わないのかな。とはいえ、今回読んだ俳句テキストの中で、私、誤読をしてて、校正で見つけてもらいました。「白銅貨・ハクドウカ」を「シロドウカ」と何の疑問も持たず読んでました。校正で見つけてもらうと、本当に助かります。これから読む人もどんどん若くなる。今のベテラン勢とは知識の質量ともに違うので、校正者の力も今までより、もっともっと必要になるんだろうな。もっとも、今時の言葉をベテラン勢がわからないという反対の場合もありますけどね。私、知識もないし、今時の言葉もわからない中途半端なポジションであります。

|

« ご馳走さまでした | トップページ | ダントツ、名波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/47437380

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の事は棚に上げて~:

« ご馳走さまでした | トップページ | ダントツ、名波 »