« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

自分の事は棚に上げて~

雑誌の録音テープを借りようとしてたら、先輩が、「今回、誤読が多い」と嘆いていました。誤読、気をつけてても、校正の耳をくぐって残ってしまうものです。聞いたら、これはちょっと。雑誌関係の部に入部した時、「読みがわからない言葉、不安に思う言葉は辞書にあたる。人名は思いも寄らない読み方をするので、資料に当たる」 厳しく指導されました。今回は、戦時中の政治家の名前の誤読。私でも名前を知っている有名な人です。文中に何回も出てくるんで、耳にひっかかる。ウ~ム。

あとは、ごく普通の言葉なんだけど、そんな風に誤読したら、意味の通らない文章になっちゃうだろうという所あり。読んでて不思議に思わないのかな。とはいえ、今回読んだ俳句テキストの中で、私、誤読をしてて、校正で見つけてもらいました。「白銅貨・ハクドウカ」を「シロドウカ」と何の疑問も持たず読んでました。校正で見つけてもらうと、本当に助かります。これから読む人もどんどん若くなる。今のベテラン勢とは知識の質量ともに違うので、校正者の力も今までより、もっともっと必要になるんだろうな。もっとも、今時の言葉をベテラン勢がわからないという反対の場合もありますけどね。私、知識もないし、今時の言葉もわからない中途半端なポジションであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

ご馳走さまでした

お寿司屋さんにランチに行って、「良かったら、魚のアラ持ってく?」と聞かれて、喜んでもらってきたことがあります。それ以来、たまにしか行かないんだけど、顔を出すと、アラのお土産つきになりました。何日か前、午前、午後と、図書館で作業の日がありました。午後からの用事は、同期の友達と一緒。お昼は、お寿司屋さんのランチと決めてました。話好きな大将に、「今日のお昼はここと決めてたから、うちのに、おいしいお昼食べてくるねと自慢してきたの」なんて言ったら、「今度は、是非、旦那さんとご一緒に」というところから、話に花が咲きました。

今回いただいたのは、鮭のアラ。さて、どうやって食べようか。身が結構ついてたので、塩を振って、焼きました。そしたら、絶品にうまい。堂々の主菜になりました。脂がのってて、買ってくる鮭の切り身より、こっちの方が何倍もうまい。私が食べるランチ、いつもちらし寿司。お吸い物がついて、他に一品(今回はアラ煮でした)、それから季節の果物。それで750円です。我家はそれに、夕食の主菜まで入ってる。ずいぶんお得な750円です。○○さん、今度伺うのは一ヶ月後くらいだと思うけど、また、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

パソコン不調

昨日のプラウザのキャッシュクリアで、いったんは良くなったのに、また、元の木阿弥。今度は、本格的にフリーズしてしまいました。いざというときの3点押しでも、ちっとも変化なし、仕方なく、電源落として、強制終了しました。強制終了させるなんて、ずいぶん久しぶりです。反応速度が随分遅くなってたんで、とりあえず、パソコンの掃除をしてみることにしました。

まずは、ゴミ箱を空にする。それから、ディスククリーンアップ、スキャンディスク、デフラグ、ひと通りやりました。今まで、全然手をかけてなかったので、こんな一度にいろんな事されて、パソコンも驚いているに違いない。不要な事もやったかもしれません。それからあけてみたら、ノロノロから、普通の速さぐらいにはなりました。昨夜はフリーズもしなくて使えました。どうか、このまま順調に使えますように。私の頭の働きも、ずいぶん遅くなってるから、クリーンアップ出来るといいんだけど、こればかりはねえ。フリーズまでは行ってないと思うから、ノロノロでも、もう少し働いてもらおう。パソコンも、私の頭も、ガンバレ、ガンバレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

プラウザのキャッシュクリア

昨日のココログメンテナンスが終わったら、画面をアップロード出来なくなりました。途中で更新が止まったままになってしまい、変に閉じるしかない。もう、勘弁してよと思いながら、何回かトライしてたら、画像のアップロードについてというお知らせがありました。いつも、メンテナンスの後にはいろいろある。またお詫びかとみてみたら、対処方法が書いてありました。何のことかわからないけど、指示に従いやってみました。まずは、使ってるIEのバージョンを確認。IE7でした。それから、新たに、ぺーじを開いて、指示に従い、一時ファイルの削除をしました。削除に時間が掛かったって事は、一時ファイルが沢山溜まってたのかな。

それから、ココログのページを開いたら、スイスイあきます。この方法で対処できる事は当方で確認すみですと書いてあったけど、ほんとその通り。でも、メンテナンスやると、何で状況が変っちゃうんでしょうかねえ。新しい機能追加するために、システムが変るのかな。このブログ、何もしないで字を書くだけ。いろいろあるオプション、何もしてません。出来たら、そういう人向けの、簡単バージョン・変化なしというのがあるといんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

NHK俳句校正終了

校正、パソコンでやってもらえました。テープとメモリー、両方用意して、出来たらパソコンでとお願いしたのが大成功。できるだけ、この形になるといいんだけど。今から、修正に入ります。修正箇所、思ったより多かったというか、思った通りというか、微妙なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

満面の笑顔

午前中、相方が用事があって帰って来ました。南の窓際に立って話していたら、年配の女性、笑顔を浮かべて、頭を下げながら、家のほうに歩いてきます。「何か、見たことあるような顔だなあ、あの人誰だっけ」。とりあえずというか、こちらも、窓越しに、満面の笑顔で頭を下げてから、玄関を開けました。「南越しにお日さまがよく当たっていいですねえ」と話を始めた女性、よく見たら、知らない顔でした。「ご用件はなんでしょうか」と聞いても、「今、ストレスがある世界で大変ですよね」 ハイ、私は、ゆったり話すあなたがストレスです。重ねて、「ご用件は」と聞いたら、宗教の話が始まりました。ちょっと離れたところをみたら、もうひとり立ってました。

「失礼します」と玄関の戸を閉めたけど、宗教の話に来た人たち、こんな笑顔で迎えられたことも珍しいだろうな。その一部始終を見てた相方、「ああ、あの人たち、○○さんの家にいた。見るからにそういうオーラ出してた」 ハイ、そういうオーラ出してる人を満面の笑顔で迎えたのは私でございます。今日の人たちは年配の女性二人。ひところは小さな子供連れの人もいたけど、ちゃんと最後まで話を聞く人いるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

自己校正中

NHK俳句の録音終わって、自己校正をしてます。デジタル録音なので、修正はテープよりはるかに楽です。誤読は勿論修正するけど、気になるところもトライ。「削除なし」で修正すれば、聞き比べていい方を残せます。デジタル録音のおかげで、ずいぶん、下駄を履かせてもらってるような気がします。必要に迫られて、いろいろやってみると、へえ、そうなんだとわかることもあって面白い。別なファイルのデータの音声インポートもやってみました。1コーナー分、とろとろと間延びして読んでるところがあって、同じファイル上に録音すればよかったのに、別なファイルで作った次第。初めからちゃんと読めばそんな必要はないし、同じファイルに作れば、音声インポートする事もないんだけど。

いやいや、失敗は成功の母です。沢山失敗をしてるんで、お母さんも背後霊のごとく沢山います。今、A面の45分終わったところ。これからB面に入ります。校正用にテープに落として、修正して、またテープに落とさなきゃいけない。テープに落とす時間が90分2回で、180分かかるのが勘弁して欲しい。マスターテープは仕方ないとして、デジタルのままで校正してくれると助かります。一応テープには落とすけど、メモリーも持ってって、パソコンの前に一度座ってもらおうかな。校正も、パソコンでやるほうが楽だと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

由良の戸を~

NHK俳句の録音をしてると書いたら、俳句王国の時間はテレビを見るのか、それとも録音優先か、どっちなんでしょうというメールをいただきました。俳句王国は、初めから見るリストに入ってませんでした。昨日は、「クリミナルマインド」と、「咲くやこの花」のふたつを見る予定でした。録音が気にかかりつつ、ちゃんと予定はクリア。クリミナルマインドの事は何回か書いたのでおくとして、「咲くやこの花」。ちりとてちんの藤本有紀の脚本というだけで、無条件に見ます。それに加えて、成海璃子がいい。隣の鰻屋のちょっかい出してくる娘もいいし。

百人一首も懐かしい。子供のころ、正月には、百人一首やってました。叔母が読み手。取る方では、私が最年少。これは取れるという札は1枚もなかったから、味噌っかすでした。その頃使ってた百人一首、私が貰って、我家にあります。箱にしまったままで、長いことあけてないなあ。子供のころは、何のことやらわからなかったけど、恋の歌が多いんですよね。「行方も知らぬ恋のみちかな」 うむ、そういう気持もずいぶんご無沙汰してるな。そんな迷路に入ったら、大変だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

こうなるといいな

昨日から、NHK俳句2月号の録音を始めました。90分テープ2巻の抜粋版です。文藝春秋、世界、抜粋でなく、完全版で出てるけど、NHK俳句の完全版を出してる所あるのかな。あったら、ぜひとも、データをいただきたいところです。昨日、部会があったんだけど、どうも、私は、他の方と考え方が違うみたいだぞと思って帰って来ました。自分の所属する会への愛着が薄いのかもしれません。あまり、自分の会が作ったものをとは思わない。蔵書にしても、雑誌にしても、いちばん効率のいい方法をとればいい。相互貸借が可能なんだから、自分の会が作ったものにこだわらなくてもいいと思うんだけど。蔵書だけでなく、雑誌のデータも利用できないのかなあ。CD版を、テープに落とすOKがでれば、テープ版を作らなくてもよくなるから、ずいぶん楽になる筈なんだけど(私、文藝春秋読んでないので、部外者の勝手な意見です)。

たぶん、これから、いろんな雑誌が、1冊丸ごと録音の形になって、全国的に連繋プレーになっていくと思う。是非、そうなって欲しいし。会全体として、そういうのに参加していけばいいのに(そういう話し合いがされていて、私が知らないだけだったらすみません)。私に、読む力がちゃんとあれば、個人参加するんだけど、肝心の読む力がなあ。いやいや、こんな事かいてるより、まずはNHK俳句の録音をしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

貧ぼっちゃま

○○ちゃまという言葉、使ったことがありません。昨日、出先で、そんな話をしてたら、その家の娘が、貧ぼっちゃまの話を始めたので、話に花が咲きました。「○○ちゃま」というようにいわれるたびに、頭の中では、「貧ぼっちゃま」の姿が浮かんでたとの事。そう呼ばれたかった当のおばあちゃまや、おばちゃまは、知るよしもなかっただろうな。貧ぼっちゃまの服、前から見るとちゃんとしてるんだけど、後は裸なんだよねとか、亀に乗ってるんだよねとか、いろんな事を話すたびに、ツボに入って大笑い。その家の娘と私で盛り上がって、母親はカヤの外だったので、少々オカンムリでした。

私、貧ぼっちゃまの本、買ったこともないし、連載誌に目を通した事もないんだけど、どこで見たんだろう。何で、貧ぼっちゃまを知ってるのか、自分でもわかりません。この頃、マンガ読んでないけど、どんなマンガが人気あるんだろう。全くチンプンカンプンです。ところで、鳴り物入りで始まって、すぐぽしゃった日経の親鸞は、その後どうなったんだろう。中日連載の「ちびまる子」ちゃんを外せば、いちばん最近に読んだマンガはたぶん、「親鸞」です。このまま、陽の目をみることはないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

珍しく1日留守

午前中は出先で仕事。午後は、その足で図書館へ。録音図書の発送をしたあと、NHK俳句の打ち合わせです。途中でエネルギー切れにならないようにしよう。そんな話を昨夜してたら、「お帰りは何時ごろでしょうか」と、とても丁寧な口調で聞かれました。ウ~ン、たぶん、私のほうが帰ってくるの遅いと思うぞよ。では、行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

夢の中では大胆

昨夜見た夢。大胆この上ないことをやってました。全財産を古切手1枚につぎ込んで、「やっとこの切手が手に入った」としみじみ喜んでました。地の色が紺で、貴族の顔が印刷されている、外国の地味な少額切手。消印も押されてました。どれほど価値のあるものかわからないけど、夢の中の私、全財産と言うのはいくらだったんだろう。全財産をつぎ込んで、明日からのおまんまにはありつけるんでしょうかね。それとも、切手をタネに、一儲けもくろむのかな。しみじみと喜んでたから、そういう展開でもないと思うんだけど。

現実の私は、何の収集癖もありません。全財産つぎこんで、古切手1枚手に入れるなんてとんでもない話です。我家、家計も小遣いも一定額。小遣いで何を買うかはそれぞれの裁量です。でも、相方が、大枚はたいて、古切手を買ったら文句言うだろうな。夢の中では、喜んでる私の後で、相方が切手をのぞき込んでました。相談して買ったのか、一存で買ったのか、その間の事情は全くわかりません。一存で買ったんだったら、とんでもない奴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

Sonic Record Now

今までパソコンあっても、メールか、ホームページを見る程度。あとは仕事でワードやエクセルを少しやる程度でした。このところ、パソコン録音始めたんで、ちょっと領域が広がってます。でも、わかってないのは相変わらず。会でCD焼く時は、Record Nowというソフト使ってます。でも、家でCD焼きたい時はどうすればいいんだ? 音訳ソフトのPrs PROの説明書読んだときに、CDの焼き方載ってたっけ。取説見ながら、設定を始めたら、途中で、Sonic Record Now DXのソフトが立ち上がりました。なんだ、私のパソコンの中にも入ってたんだ。

いろいろ遊んでたら、オーディオCDのところで、MP3のデータを焼けると書いてある。もしかして、これ、MP3のデータが 普通のデッキで聞けるCDになるって事? やってみたら、大成功。ちゃんとわかってる人には周知の事なんだろうけど、乾杯したい気分です。何かしながら聞くと、集中して聞いたのではわからないアラが見つかっていいんだけど、使ってるパソコン、デスクトップ。固定になっちゃうんですよね。これで、CDに落とせば、どこでも聞ける。でも、1枚のCDに70分強しか落とせないのがちょっとねえ。データCDなら、膨大な時間数を落とせるのに。それとも、もっといい方法あるのかな。デージー図書の再生機か、MP3聞けて、メモリー使えるデッキ買えば、一発解決なんだけど、ちょいと軍資金不足であります。なお、蛇足ながら、MP3のデータは、自分で録音した声。それも、自己校正に使うだけだから、何の問題もありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

ヒノキ林

いい天気の日曜日、どこにも出かけず、今度読む蔵書の下調べをしてました。南側のお日さまの光がサンサンと入るところで、背中ポカポカ。温室の中にいるみたいです。手許に置くのは、アクセント辞典、大辞林、ついでに電子辞書も。電子辞書で引く方が早いんだけど、辞書を引く方が好きです。板戸1枚分の影が、本や辞書を置くのにちょうどいい。お日さまが動くにつれて、当方も移動。わからない言葉や、アクセント、一応、調べ終えました。実際に声に出すと、また、調べること沢山出てくるんでけどね。

迷う言葉はあって、「ヒノキ林」、ヒノキリンか、ヒノキバヤシかどっちなんだろう。林業、山を舞台にした話です。広葉樹林、人工林と並んででてくると、ヒノキリンと読みたい。でも、耳で聞くと、ヒノ/キリンになりかねない。林業の方では、ヒノキリンなんだろうな。一応、相方にお伺いを立てたら、「どっちも言わない、ヒノキの山」という答えが帰って来ました。なるほど、ごもっとも。どちらかを選んで、校正にかかったら、修正箇所、結構な量になります。相談日に出向いて、どちらがいいか、聞いてみることにしよう。なお、先日の校正の件は、遅くなったお詫びと、校正者決まった旨の電話が入りました。レールに乗ったということで一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

読まれちゃった

今朝、相方がどこに行ってたかわからない時間あり。階段を上がってきたら、「お前のブログ、はっちょの日記って言うのか」。あらまあ、パソコンの画面、開いたままにしてあったんで読まれちゃったんだ。ブログ書いてることも話してたし、相方の失敗を書く時はちゃんと許可を得てたんだけど、何の興味も示しませんでした。だから、今回、読んだのは、出会いがしらの事故みたいなもんです。トップページが開いてあったんだけど、読んだのは、昨日の「クリミナルマインド」だけで、それ以前は読まなかったみたいです。タイトル名がわかったんだから、携帯からも読めるけど、たぶん、読む事はないと思う。何を書いても大丈夫です。

タイトル名の話になったので、はっちょの日記の説明をしました。あまり特徴ない顔だけど、はっちょ眉毛だからいいかなあと思ってと言ったら、「○○とか、○○とつけるわけにいかないもんなあ」。○○は、あまり書きたくない言葉。思いっきり失礼な事を言ってます。そんな失礼な事を言うと、これから、バンバン悪口を書いちゃうぞ。本人は見ないし、誰かから耳に入ることもないから、悪口書き放題です。でも、投げた石は自分に返ってくる、家の中の事を書きすぎるのも問題だから、やめておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

クリミナルマインド4

クリミナルマインド、FBIの話です。新しく始まったシリーズ、火曜夜11時からと、土曜午前10時からです。夜11時からのを見た日にゃ、お布団入ってもなかなか眠れないのは、初回で確認済み。午前中から見る番組でもないような気がするけど、今日の予定に入ってました。ところが、放送中に、電話やら、玄関のブザーやら。どうしてこの時間めがけて、何件も来るんだ。一番のクライマックスも見逃しちゃったじゃないか。やっぱり、日中はダメかな。WOWOWが入るテレビの方に、ビデオデッキつないでないんですよね。その前に、ビデオで録画するという習慣があまりないんだけど。

今までは吹き替え版で見てたけど、土曜日放映は字幕版でした。へえ、この俳優さん、こういう声だったんだと面白かった。吹き替えの声、近い声にしてたみたいで、スンナリ耳に入りました。快晴の土曜日に、「クリミナルマインド」を見ててもいいんだろうかと思いつつ、たぶん、来週も見るんだろうな。その時は邪魔が入りませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

1億円の寄付金・領収書

昨日、出先で領収証の整理をしてたら、今までどこかに隠れてた秋祭りの寄付金の領収書が出てきました。ありゃま、この金額はいったい何だ。10.000万円。たぶん、寄付したのは1万円。余分な万の1字が入ってるばかりに、1億の寄付をしたことになってます。この領収書で、税務署は通るといいんだけど、印紙も張ってないから無理だな。そこの奥さんに、すごい領収書があるよといったら、合格祈願に行ったときと間違えたみたいです。息子が受験なんで、いつもより多めにしたんだけど・・・・と見当はずれなこと言ってるけど、1億積めば、素通りで入学できる大学、いくつもあるんじゃないだろうか。

この領収書、1万円の領収書として通用するのかな。発行者は、氏子総代だから、万の1字を消すと、氏子総代の訂正印が必要になると思うんだけど。ま、多分、大丈夫だろうと、税理士に回す袋の中に入れておきました。氏子総代さん、1億の領収書でしたと連絡したら、ビックリするだろうな。小さな神社だから、1億あったら、新しい社務所が建っちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

経過報告

先週、ダイレクト録音の校正出したんだけど、校正者決まらず、置き去りになってました。さて、1週間たってどうなったかと見たら、まだそのままありました。加えて、今日、新たに提出されていたダイレクト録音の校正は、ちゃんとレールに乗ったそうな。各週の校正受付の連繋がどうなってるかは知らないけど、まか不思議。どうなってるんでしょうねえ。その間の事情を少し知る人が、「そんな馬鹿な話はない」と怒ってくれました。当事者の私、1冊目のとき、とんでもなく待たされたんで、そう腹も立たず、これからどういう展開になるのかなあと、ひとごとのように思ってます。でも、後から提出した人が先になるというのは、もしかしたら、私、爪弾きになってるのかも。ハハハ、それならそれで仕方ない。何も言わず、待ってる事にしよう。

校正に出した本、いつ完成するかわからないけど、次に読む本の候補が決まりました。前に読んだ作家の2冊目の本です。ないーぶネットを見たら、着手情報、テープ、デイジー、各1件。着手2件なら、受付になるだろう。注文した本、明日、手に入ります。あらすじだけは確認しました。面白そうな本なので、楽しみです。本当は、1冊完成させてから、次の本なんだけど、仕方ない。校正がいつ戻ってくるかなんて、頭の中から飛ばします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

さすが名波

一応、サッカーというカテゴリーはあるけど、このところ全く、サッカーネタはご無沙汰状態。ときどき書いていた頃も、検索にかかる事はありませんでした。ところが、一昨日、名波引退試合の事を書いたら、40を超える検索がありました(40しかないのと言われそうだけど、0→40はすごいのです)。エコパはほぼ満員、エコパに出向いた方は、かなり遅い帰宅時間になったとか。グッズは早々に売り切れ状態だったようです。

テレビ観戦しただけの野次馬としては、収支勘定が気になります。エコパ一杯になるとかなりの入場料になって、出場選手へのペイがあって・・・ま、ヤボは言いますまい。当然、ジュビロが仕切ったんだろうけど、グッズ早々に売り切れなんて、不手際だなあ。試合のDVD希望の声も寄せられているようです。ジュビロの先シーズン公式DVDよりはるかに売れるに違いない。どんな人気のあるチームとの対戦でも、エコパが一杯になることはない。あんなに一杯になったのはワールドカップ以来だというから、「さすが名波」、集まったメンバーも、「さすが往年のメンバー」であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

ひとりでご馳走

祝日と縁のない我家、昨日、相方はいつものように出かけていきました。いつも、お昼はご飯1膳分あるのに、たまたま昨日はご飯一粒もなし。先日、お寺に行ったとき、すぐ近くの和菓子屋で、お餅を買ってきました。冷蔵庫の残り物や、野菜を適当に入れてお雑煮を作ったら、絶品にうまい。お餅、大きめだったので、ひとつ入れただけだったんだけど、もうひとつ食べたい。お雑煮食べたあと、磯辺焼きにして、追加で食べました。磯辺焼きがまたうまいんだ。お餅、すっかり日常食になったけど、このお餅は、ほんとにご馳走です。

お寺に行くと、この和菓子屋さんで、最中や外郎を買ってきます。正月はお餅を買ってくることにしよう。大き目のお餅4個で400円、残りはあと2つ。これは俺の分と、相方が、言ってます。お寺まいりに付き合ってもらったから、食べちゃう訳には行かない。ちゃんと残しておきます。いつもはお寺まいりのついでに、和菓子屋に寄ってたけど、お餅買いに行くのをメインにしてもいいおいしさです。でも、やっぱり、今度、ここのお餅を食べるのは来年かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

エコパ満員

名波浩引退試合、テレビ観戦しました。とても面白かった。出場したのは一時代を画したメンバー(昨日書いた驚きのゲスト、ドゥンガ予想は大ハズレ。試合前に流れてたメンバー通りだったから、驚きのゲストはいませんでした)昨日、エコパに集まった選手の名前を列記すれば,それだけで、今日のブログは終わってしまいます。大きく、くくれば、名波が活躍した頃の代表メンバーほとんどです。

最強ジュビロの頃のメンバーも勢ぞろい。この選手は今、○○所属とか、○○コーチとか言うのを、へえ、そうなんだと聞いてました。芸能人も出たけど、それはそれで楽しかった。現役選手、引退した選手、みんな、名波が直接連絡してお願いしたメンバーだそうな。たまにしか見れないメンバーだから楽しいんでしょうが、もう、2~3試合やってほしいくらいの楽しさでした。中山も、札幌に移籍するんで、ジュビロのユニフォーム昨日で最後。決めるべきシュート何本も外したけど、1ゴールはあげました。最後は名波のボレーシュートが決まって、試合終了。試合後の名波の挨拶が聞けなくて残念だったけど、テレビ観戦だから仕方がない。楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

神様、仏様、神様

正月、どこにも初詣に行かなかったので、今日は、神社に行く予定でした。まず、初めは、家のすぐ近くの神社。毎年、私達の組が、年明けの掃除当番です。これは相方が行ってくれました。毎年、その神社におまいりして、相方の実家の方の神社におまいりします。大きな神社、そのすぐ近くの氏子の神社、火伏せの神社と順番が決まってます。子供のころからの習慣という事で、私も、ずっと一緒について行ってます。

今年は、ちょっと予定変更。昨日の葬儀でお花をいただいたので、墓前に、葬儀の報告も兼ねて、お寺に行く事にしました。まずは、相方のお寺に、我家の庭木を適当に揃えて供え、次に私の実家のお寺に、その花を供えました。2軒のお参りがすんだあと、神社回りをしました。神様、仏様と、同じ日におまいりしていいもんでしょうかねえ。神社で、干支の虎の人形もいただき、今日の予定はクリアしました。あとは、名波の引退試合を見るだけです。神様、仏様、神様、名波様と並べたいところだけど、そこまで名波に入れ込んでないからやめとこう。新聞欄に、驚きのゲストと書いてあるんだけど、ドゥンガかな。その頃の代表全部出るはずだから、あとはドゥンガぐらいしか思い浮かばないんだけど、さてあってるか、どうか。14時半から放送、まもなくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

無事、帰宅

幼稚園児か、大年寄みたいですが、今日の目標は「転ばない」です。2年ほど前、新幹線に乗ろうとして、駅前で転倒。眉間に傷をつけて、何針か縫った前科があるのです。我家の運転手も、ゲンを担いだのか、転倒現場と反対の側に車をつけてくれました。「無事、新幹線に乗ったと携帯で報告するように」と指令つき。駅の階段で、前も見ず、猛ダッシュで降りてくる小学生とぶつかりそうになって、ギョッとしたけど、無事、帰って来ました。

今日出かけた用事は、葬儀参列。葬儀は、土地土地でやり方は違うと承知してても、へえと思うことばかりでした。中でも、人口密度の高い大都市の斎場には驚きました。その規模、やり方、何ともはや。地方都市のやり方でやったら、到底、間に合わないんだろうけど、実に凄まじい。反対に、大都市に住んでる人が、地方都市のやり方を見たら、なんと悠長なことをしてるんだと呆れるんだろうな。私は悠長ペースの方がいいけど、お世話になるのは何年後になるだろう。数年後か、数十年後か、それによって葬儀事情もずいぶん変ってきそうです。まあ、そんなこと心配しても仕方がない。神さまにお任せするので、適当な按配でよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

いろいろ事はおこる

去年結婚した親戚の子が、マンションの階段から落ちて、青あざを作ったそうな。2、3日前から体調が悪かったので、もしやと受診したら、おめでたでした。4週間だそうです。小さい頃からよく知ってる子、何事もなくてよかったです。ダイエットのために身体を動かそうと、階段を登り降りしてたというんだけど、ほんとに気をつけてね。昨日、そんな話を聞いて喜んでたら、その2時間後ぐらいに、赤ちゃんが出来て喜んでた人が、「心音が聞こえなくなったので、今回は・・・」と報告に来たのに居合わせてしまいました。こちらもよく知ってる子。2時間の後先で、赤ちゃん出来た話と、残念という話を聞いて、複雑な気持ちです。

帰宅したら、親戚の訃報がFAXで入ってました(何回か電話いただいたようですみません)。人は生まれ、死んでいくんだけど、こう、身近で、同じ日に起こると考えてしまいます。我家の不祝儀担当は相方なんだけど、今回は私が出かけていきます。不祝儀、土地によっていろいろ違うようだけど、私は当地の事しか知りません。何か失礼があったらすみませんと先に謝っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

予定通りには・・・

毎週木曜日が、蔵書に関しての相談日。校正お願いする分もこの日までに提出し、校正者が決まります。年末・年始、録音した分、何回か自己校正して、昨夜も遅くまで修正。何とか、今日提出にこぎつけました。仕事前に、図書館に寄り、提出。午後からの作業があるので、再度、図書館に行きました。日に2回も行くとは酔狂な事だ。さてと、確認してみたら、ポツンと、私の提出した分だけがそのまま置いてあります。今朝見たテープ録音の分はなくなってる。その場に関係する人がいたので、聞いてみたら、ダイレクト録音の校正者が云々との事でした。

1冊目を仕上げたときは、態勢整ってないから、しばらく、時間を欲しいといわれました。かなり待たされたけど、今回の2冊目はどうなんだろう。テープでの校正も数ある時は、次週回しになることがあるから、今の時点であれこれいうのもなんだけど、軸足はテープにあるってことですね。軸足どころか、両足ともと言ったほうが現状に近いかな。校正なら、テープでも、ダイレクトでも、同じだと思うんだけどなあ。お先っ走りに、ダイレクト録音に切り替えたからこういう羽目になってるんだけど、今更テープ録音には戻れない。もう提出したんだから、あれこれ言っても仕方がない。あとは待つだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

六日正月

今日は、お雑煮を食べたいという相方の母上が、我家へ来る日。この日のために待機していたお節料理もいただき、世の中より、何歩も遅れて、正月気分を味わいました。出力一方になった母上は、機嫌よく話をし、帰っていきました。毎年、「私は何年もお雑煮を食べた事がない、ほんとにひさしぶり」と喜んでます。う~ん、雑煮を食べてないと文句を言ってるのか、久しぶりに雑煮を食べて嬉しいといってるのか、ようわかりません。この頃は、「久しぶりのお雑煮はどうですか」とサラッと流す事にしてます。

お年玉もいただきました。毎年同じ額だけどといってくれたから、それはちゃんと覚えてるんだ。そのお年玉、何に使ったんだろう。全然覚えてません。私のほうが危ないかも。年末から揺れていた、2月末の結婚式は、母上、正式に欠席とあいなりました。まずは良かった。そんな寒いところにいったら死んじゃうから、来てくれといわれてるのに行かない訳にいかないと、日が変るごとに、両極端を動いてました。毎年、恒例の、お雑煮を食べて、母上の話を聞く会も無事終了。さて、1年のスタートという気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

5年前・5年後

朝一番で、運転免許の更新に行ってきました。8時30分の開始前についたのに、駐車場はほぼ一杯。5年前は、コンピューター故障で、とんでもなく待たされたけど、今回はトラブルなく、スムーズにすみました。5年前に比べると、それぞれの窓口、外国語表記が多くなってて、外国の人も沢山いました。勿論、日本語表記がいちばん大きくしてある。視力検査をしてから、証紙の列に並ぶのに、間違えて、飛ばして並んでる人がも何人もいました。そういう人は、差し戻しで、視力検査の列に並ぶ事になる。列の中に間違えてる人がいると、その列は、一気に早くなる。私の前にいたオバチャンもその口でした。

これで、無事故・無違反で済ませば、5年後の更新になります。5年後はどうなってるだろ。電気自動車に乗ってるかな。それとも、自動車なんて不要な交通網が出来てるかな。1月中に、免許更新を終えたかったので、一安心です。眼鏡屋さんで、ちゃんと検眼して臨んだ視力検査、片方づつなら、OKだったのに、両眼になったら、アヤフヤになって、係りの方も、「どうしてなんでしょうね」と首をかしげてました。何とかクリアできたけど、謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

猪突猛進

干支は亥年ではないかと思うほど、年末年始は脇目もふらず、事に集中してました。デジタル編集と、蔵書の録音の2本立て。デジタル編集は元日に、録音は、昨日の夜、終わりました。世間がのんびりしてるときに、どういう訳か、スイッチが入ってしまいました。昨日は、初詣にいこうといわれたので、その気になってたら、箱根駅伝を見るから日延べという事にあいなり、おかげで、録音終了。神様、日延べしたのは私じゃないですからね。いろいろ神頼みしたいところだけど、神社の鈴が落ちて、鼻骨骨折という記事が朝刊に載ってました。どこの世界でも、金属疲労はあるようです。神社が業務上過失傷害の疑いというのが何ともはや。

元日に箒を持つと、一年中掃除をする事になるから、箒は持たないようにと聞いたことがある。私は、デジタル編集も、録音も、両方やってました。どちらを選ぶかとなったら、今年は、デジタル編集の方をせっせとやろうかな。蔵書は自己校正をして提出。それから校正受けて、修正とまだいくつも過程があるけど、まずは録音が終わったので、一段落した気分です。今日はクリミナルマインドを見ることにしよう。2話分見ちゃおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

年賀状

あまりお付き合いの広くない我家、もともと、年賀状出すのも、貰うのも、少しだけです。それに加えて、メール主流の昨今、いただく年賀状、だんだん少なくなってます(それとも、我家の宛名が整理対象になってるのかな)。今年いただいた年賀状、見事に、両面とも印刷です。それだけ、パソコンが浸透してるって事なんでしょうね。手書きの添え書きは何枚かあったけど、時代だなあ。そんなこといってたら、「これからもずっと版画の賀状を作るように」とハッパをかけられました。私も、作るより、ハッパをかけるほうに回りたいけど、我家は、当分このままの路線で行きます。

昔の読み書き算盤、今は全部パソコン。私は、あまり使えてないけど、エクセルでもワードでも、慣れればかなりのことまで自分で出来ます。若い頃、どうやって食べていこうかと考えて、タイプを習ったことがあったんだけど、こんな時代が来ようとは思いもしませんでした。あのままタイプなんていってたら、今頃、食い詰めてました。まあ、賀状の版画は、お遊びだから、版画路線を通しても大丈夫です。なんていってるうちに、賀状、全部、インクジェット用になったりしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

何も飾り物のない殺風景な我家ですが。玄関は、毎年、干支の人形に番をしてもらってます。だいたい、近くの神社の縁起物の干支なんだけど、今年は、10センチぐらいの張り子の虎。はて、これはどこで求めたものなんだろう。全然、記憶にありません。そういえば、若い頃、勤め先から、とても大きな張り子の虎を貰ってきたことがあります。確か、出雲の方がお土産に下さったもの、大きすぎて飾るところがなくて困ってたので、貰ってきたものです。実家の床の間に鎮座してたけど、まだあるのかな。我家も小さくて、飾るところはない。「持っていけ」といわれても困るけど。

それでも張子の虎なんで、大きいといってもたかが知れてる。ガソリンスタンドの屋根の上に乗ってた虎は、途方もなく大きくて大好きでした。前足を屋根から垂らし、迫力ある顔で、威風堂々。三叉路のところにあったスタンドなので、どっち方面から来ても目につきました。行き帰り見るの楽しみにしてたのに、数ヶ月でいなくなってしまいました。あんなに大きな虎、ちゃんとした状態にしておくの大変だものね。虎を見るの好きなのかも。数年前、アムール虎の雌が動物園に来たときは、しばらくいて、エサを食べるところなど、しっかり見ました。雌雄そろったので、赤ちゃん期待なんていってたのに、生まれたという話は聞かないなあ。寅年の今年あたりどうですかねえ。雌の虎、どのぐらいまで繁殖可能なんだろう。何年生きるかも知らないんで、相変わらずいい加減な〆です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

雪だ!

我家の新年第一声は、おめでとうでもなく、おはようでもなく、「雪だ!」
雪国の人には笑われそうだけど、目が覚めたら、天から白いものが降ってるなんて、大事件です。しばらくは窓の外を見てました。ときどき、舞う程度なんで、積るところまでは行かないんですけどね。

「紅白歌合戦」はとんとご無沙汰してるけど、毎年、「行く年来る年」は見てました。昨日はそれもパス。近くのお寺で鳴る除夜の鐘も聞かず、いつもと同じ時間に寝ました。今朝もいつもと同じ時間におきて、格別、新年を迎えた気もしないんだけど、笑いを提供してくれる人が居て、初笑いは済ませました。「元旦って、昔は、下に1本、線があったよな」と言ってる人が居ます。旦の字、今も昔も、線はある。「ねえ、それ、元日って書いてあるんじゃないの」といったら、「ああ、そうか」と向こうも笑ってます。今まで思いもしなかったけど、旦の1本線は、水平線なのか、地平線なのか、どっちだろ。島国日本と、漢字の本家本元の中国では、日の出も、ずいぶん違うような気がする。水平線と言いたいところだけど、地平線の方かな。この話、ブログに書いてもいいかと1本線殿に聞いたら、軽く、OKが出ました。今年も、この調子で過ごす事になりそうです。まずは、年明けて、初更新をしました。明日は何か書くことがあるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »