« ちびまる子ちゃ~ん | トップページ | 面白い展開 »

2009年12月 9日 (水)

浅草六区を抜ける

タイトル、何のことやらわからないと思いますが、今、音訳してる本、2章目が終わりました。浅草六区を舞台にした、芸妓さんの話です。12月中に、3章まで終わると嬉しいんだけど、これから、いろんな予定が入るから、ちょっと無理かな。私、超スローペース、吉原を抜けたと書いたのが11月28日だから、10日間の浅草六区滞在でした。
仕上げるの、早い人は早いんですよね。昨夜電話で聞いた話。NHK俳句、テープコピーするとき、誤ってマスターテープを消してしまったそうな。90分テープ2本のうちの1本。話を聞いただけでゾッとします。エーッと声を上げたら、「午後に読み直して、もう出来上がった」との事。どうして、そんなに早く出来るんだろ。「一度読んで内容わかってるからね」というけど、私、同じのを読んでも、時間かかります。デジタル録音始めたんで、データはパソコンに残ってる。マスターテープ消しても、それだけは大丈夫です。

浅草六区を抜けて、次は落語家親子の話です。難関は落語。「愛宕山」、「あくび指南」など出てきます。噺は聞いた事あるんだけど、落語家の口跡でというのは、到底無理。でも、そんなレベルは求められないから大丈夫です。それでも、愛宕山、あくび指南、ときどきブツブツ言ってたりして~

|

« ちびまる子ちゃ~ん | トップページ | 面白い展開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/46973329

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草六区を抜ける:

« ちびまる子ちゃ~ん | トップページ | 面白い展開 »