« アチャー | トップページ | PK戦見れず、残念 »

2009年12月29日 (火)

カスピアン王子の角笛

午前中、図書館で作業を終え、帰ってきたら、なんだか寒気がする。喉もイガイがしてるし、風邪かしら。こういう時は休息一番。でも、布団に入るほどではないし、コタツにもぐりこみました。ちょうど、「ナルニア国ものがたり・カスピアン王子の角笛」が始まりました。本を読んで出来たイメージが壊れるんで、好きな本の映画は見ないことにしてるんだけど、頭がボーッとしてたんで、何となく見始めました。見終えた感想は、まずまず、面白かった。さほど、イメージが狂うこともなく、大丈夫でした(カスピアン王子の顔が、クリミナルマインドのドクターと似ているような気がしてちと困りました。ふたりの顔を並べたら、全く違うんだろうけど)。

ナルニア国ものがたり、好きな本です。1巻づつ独立はしてるけど、ナルニア国が始まり、終わるところまでの長い話です。いきなり、「カスピアン王子の角笛」見て、話がわかるんだろうか。お節介ながら、カスピアン王子の吹いた角笛はねと説明したくなります。いや、ナルニア国は、アスランはと、そこから始めないと・・・なんて、やっぱりお節介だな。昨日の午後、おとなしくしてて、夜も早く寝たので、風邪気味のところで踏みとどまりました。今朝はすっかり普通です。今日あたりから、家の掃除にかかります。
1時間後追記
まずい。「カスピアン王子のつのぶえ」、手に取ればすぐのところにあったので読み始めてしまいました。角笛、吹いたら、誰か飛んできて、家事を片付けてくれないかしら。こんな事書くと、「角笛吹くのは、危急存亡の時」とナルニア国好きな人に怒られそうです。

|

« アチャー | トップページ | PK戦見れず、残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/47143026

この記事へのトラックバック一覧です: カスピアン王子の角笛:

« アチャー | トップページ | PK戦見れず、残念 »