« 衣更え | トップページ | 夢の話 »

2009年11月 2日 (月)

俳号

「NHK俳句11月号」のテープ仕上げて、明日、校正をお願いします。修正箇所はどれぐらい出てくるかな。初めのころは、よくわからないので怖いものなしでやってたんだけど、最近、基礎知識がないのを痛感してます。NHK俳句のテキストなんで、その番組のアナウンサーの読みをお手本にしてるんだけど、その通りには行かない。きっと変な読みをしてるんだろうな。読みはすぐ上手くはならない。まずは、季語の解説や例句が載ってる歳時記を読み始めました。手許にある歳時記、句には全部ルビが振ってあるので、とても助かります。食堂に、ジキドウとルビがあったりして、驚く事ばかり。ジキドウは、禅寺の建物のひとつだそうです。

句にはルビがあるのに、名前にはありません。名前自体、俳号なのか、実名なのかもわからないし、○○子というのは、は男性もあり、女性もあり、実にややこしい。別に自分で読んでるだけなんだから、調べなくていいんだけど、ついつい気になります。虚子、水原秋桜子などは、私でも知ってるし、山口誓子は男性で、星野立子は女性、このへんまでは大丈夫です。大橋越央子、長谷川零余子は男性なんだろうなあ。移公子も男性かと思ったらイクコと読むとの事、女性なんでしょうね。例句に、水原秋桜子、橋本多佳子、山口誓子、星野立子が並んでるのがあって、○○子コーナーみたいです。私も今の名前のまま、違う読み方をして、男名前の俳号にしようかしら。俳句を詠まないで、俳号を考えてるなんて、ほんとにヒマ人であります。

|

« 衣更え | トップページ | 夢の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/46654123

この記事へのトラックバック一覧です: 俳号:

« 衣更え | トップページ | 夢の話 »