« どうしてだろ? | トップページ | アップルパイ »

2009年8月16日 (日)

枕草子

土曜日夕方のNHKラジオ、「ことば力アップ」を毎週聞いてます。朗読についての基本的な事柄、間だとか、イントネーションを取り上げてた回は、フムフムそうなのかと、とても参考になったんだけど、実地の朗読に入ると、違和感を感じる事が多くなってきました。音訳と朗読は違うという人もいるし、一緒という人もいる。でも、このところの「ことば力アップ」の朗読を聴いてると、ちょっと違うような気がする。

昨日は、「枕草子」。春はあけぼの・・・から始まる分を、ここは、こういう意味だから、こう読まないと、清少納言の言いたいことは伝わらない、今までのように続けて読んではダメというニュアンスの事をいい、朗読サロンの方が、その指導に従い、読んでました。う~ん、そうなのかなあ。指導してるのは、日本語センターの専門委員で、プロ中のプロなんだけど、私は今までのような読み方のほうがいいと思うんだけど。その番組が終わったあと、つづけて「古典講読」でした。古典の世界を朗読で楽しもうという番組。これも、「枕草子」。朗読の名手といわれてるアナウンサーが今まで通りの読み方で読んでました。ことほどさように、よって立つ所は、人によって違うという事なのかなあ。聞いてるほうは迷うばかりです。続けて聞いたので、尚更、その感がありました。
春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて(早暁)だそうです。立秋も過ぎたから、今はもう秋。昨夜、初めて。庭で秋の虫が鳴いてるのを聞きました。リーン、リーンと1匹だけ鳴いてました。

|

« どうしてだろ? | トップページ | アップルパイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45941026

この記事へのトラックバック一覧です: 枕草子:

« どうしてだろ? | トップページ | アップルパイ »