« 事件の扱い | トップページ | さすがに起きた »

2009年8月10日 (月)

電子辞書

今、校正表を前に、修正してるんで、気は早いんだけど、デジタル録音・蔵書完成記念に、電子辞書を買ってきました。電子辞書は、相方が先発で使ってました。なかなか良さそうと、私も買いました。しばらく前に相方のが動かなくなってしまい、「これで良かったら上げるよ」と、私のを進呈。前から、アクセント辞典入りのをほしかったんです。そのとき、あげて、お目当てを買いに行ったんだけど、現物を前にして迷いました。思案して、結局、買わずに帰ってきました。値段が高いこともあるんだけど、いつまで音訳をやるかというのが迷った理由かな。大きく言えば、音訳の世界、どう変って行くんだろうというのもあるし、個人的には音訳向いてないかもとか、そういう本筋とは別に、会に属してれば、いろんなことがあるし(これがいちばん大きかったりして)

でも、最近、小遣い、全然使ってない。ええぃ、買っちまえ。確か、この前買いに行った時は3万3千円ぐらいだったのに、2万9千円弱になってました。もう少し待てば、2万5千円ぐらいになるのかな。いやいや、ほしいときに買わないと。買ってきて大正解だったけど、単語のアクセントなんで、平板型と、尾高型の区別ができないのが難点かな。しばらくは、新しいオモチャを買った子供みたいに遊びそう。音声、バンバン聞いてると、乾電池の減りも早そうです。外国語のネイティブ発音、沢山入ってるけど、とてもそこまでは、たどり着かない、日本語の発音を聞いてるだけで、手一杯です。生まれも育ちも日本なのになあ。方言辞典も入ってて、それも面白そうだけど、遊ぶ前に、修正をやらなくちゃ。

|

« 事件の扱い | トップページ | さすがに起きた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45881885

この記事へのトラックバック一覧です: 電子辞書:

« 事件の扱い | トップページ | さすがに起きた »