« 五行日記 | トップページ | 音声インポート »

2009年8月23日 (日)

刷と版

渡辺竜王の「永世竜王への軌跡」、評判、売れ行き共に良く、3刷に入るようです。本屋で買おうかなと手に取ったものの、とても歯が立ちそうにない。面白そうなところだけ、立ち読みして終わりました。ごめんなさい。立ち読みしたところは。こち亀のところです。ページ開いて、すぐそこに当たるなんて、なんて勘がいいんでしょ。立ち読みしたのはそこだけなので、勘弁してください。

ところで、竜王のブログに、「折りよく3刷が決まったので、昇段した棋士の段を加筆しようと思ったけど、これからもあると思うので、このままにしておく」という一文があったんだけど、刷の段階で、加筆できるものなんでしょうか? 加筆や訂正は、改版のときだと思ってたんだけど。○版○刷は結構気にしてます。蔵書読む時は、原本奥付もちゃんと読みます。著者に許諾いただくときも、明記します。勿論、その本を読むのがルール。許諾の返事いただくときに、新しい版がでてるので、そちらを読んでくださいと、指定される事もあります。
刷で、加筆・訂正ができるのかなあ?ご存知の方、是非、教えてください。

|

« 五行日記 | トップページ | 音声インポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/46000723

この記事へのトラックバック一覧です: 刷と版:

« 五行日記 | トップページ | 音声インポート »