« アレクサンダー・テクニーク | トップページ | 封筒・再利用 »

2009年8月 4日 (火)

気持ちは良くわかる

昨日、夕方過ぎても、新聞がきません。どうしたんだろ。夕刊小説の「おたふく」楽しみにしてるのに、展開がつながらなくなっちゃう。前にも来ないことがあったので、今回が2回目。新聞屋さんに電話しました。お詫びの言葉とともに、「すぐ担当に持っていかせます」とのこと。しばらくして、「ほんとにすみません」と、そう若くはない女性が来ました。研修中だそうです。我家、奥まったところにあって、わかりにくい。入り口に、会社があるので(当方とは無関係)、そっちのポストに入れてしまったようです。とても、素直な初々しい謝り方で、好感が持てました。「これから気をつけてくれればいいから」と夕刊を貰って、おたふくを読んでたら、携帯番号から電話。

「先ほど、夕刊をお届けしたものですが、あわててお持ちしたものですから、新聞間違ってなかったでしょうか」 思わず笑ってしまいました。はい、大丈夫です、ちゃんと日経が届いてます。ちゃんと確認して持って来るのが、基本ではあるんだけど、気持ちはとてもよくわかります。確認したつもりでも、間違ってなかったかしらと思うと、気になって、そのままにはしておけなかったんだろうな。不思議なことに、一度ミスをした客筋は、またミスを重ねるんですよね。気をつければ気をつけるほど。新聞配達ではないけど、どうして、このお客さんばかり、間違うんだろうと反省したことがあります。朝刊はちゃんと配達されました。朝刊と夕刊、配達する人違うのかな。夕刊はちゃんと届くでしょうか。「おたふく」、テキヤとの話し合いが上手く行くかどうかも気になるし。

|

« アレクサンダー・テクニーク | トップページ | 封筒・再利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45830835

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちは良くわかる:

« アレクサンダー・テクニーク | トップページ | 封筒・再利用 »