« 梅雨のずる休み | トップページ | パソコン依存 »

2009年6月16日 (火)

○子ならぬ、○男

この節は、振り込め詐欺やら何やら、電話も物騒。電話かかって来ても、「ハイ」と出るだけで名乗らないようにしてます。昨日夕方かかってきた電話、「○○○男」さんのお宅でしょうか」 私の名前、○子が、○男になってます。イタズラ電話のようでもないし、どんな用件だろう。名前間違いについては何も言わす、どちらさまでしょうかと聞いたら、地元の有力銀行からの電話でした。銀行さんがそんな間違いをするとはねえ。あきれてものも言えないけど、なんせ、融資でお世話になったことがある身、その頃の記憶が染み付いてるので、銀行には強い態度を取れないのであります。口座開いてる支店とは別の店からの電話です。「○○支店に口座開いていて、そちらでお世話になってるんですよ」と、穏やかに電話を切りました。

そう若い声でもない、30代後半ぐらいかな。男性でした。彼は、たぶん、今もって名前を間違えたことに気づいてないだろう。それとも、彼の手許にあったリストには、私の名前、○男と載ってるのかしら。何の名簿でおかけになりましたと聞いたほうが良かったかな。あの家の女房にゃヒゲがあるなんて風評が立って、誰かが、○男に、変換しちゃったのかしら。フム、昨日の電話は、もう少し遊んだ方が良かったかな。

|

« 梅雨のずる休み | トップページ | パソコン依存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45349120

この記事へのトラックバック一覧です: ○子ならぬ、○男:

« 梅雨のずる休み | トップページ | パソコン依存 »