« 菖蒲 | トップページ | 時代もの »

2009年6月 7日 (日)

麦の秋天海駄菓子をふとつまむ

昨日の俳句王国は、川越からの放送でした。兼題は「森林浴」。主宰は金子兜太でした。相変わらず、兜太節炸裂。兼題が終わった後、いつもは自由題になるのですが、昨日は、川越への挨拶句を一句ということになりました。タイトルは、その中の句。句の披露の前に、川越の観光スポットをいくつか紹介してました。時の鐘、天海僧正が開いたという寺の五百羅漢等の映像。駄菓子屋さんが並ぶ菓子屋横丁の話も出ました。

「麦の秋・・・」の句、アナウンサーが紹介し、何人かの選に入りました。みんな「天海駄菓子」と続けました。天海駄菓子という名前の駄菓子があるんだ。フムフムと聞いてたら、最後に選にとった方は、「天海 駄菓子をふとつまむ」と読んでます。
主宰 金子兜太氏の句でした。「天海、駄菓子をふとつまむだよ。さっき変な読み方したから、そんなんじゃアナウンサークビだと思ってたんだ」との事です。へえ、そういう句だったんだ。たまたま、作者がそこにいて自解をしたからいいけど、こういう間違いあるんだろうな(アナウンサーの方、ずっと俳句王国の司会をしてるベテランです)。やっぱり十七音の俳句は難しい。NHKテキストを音訳したのを聞いたら、入選句の作者が、そういう読み方をしないでくださいと思うかも。何も言われない先に、「すみません」態勢です。
追記
サッカー日本代表、ウズベキスタンに勝ち、ワールドカップ出場を決めました。こんな日も、メインで書かないんだから。サッカーのカテゴリー消したほうがいいかな。

|

« 菖蒲 | トップページ | 時代もの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45256436

この記事へのトラックバック一覧です: 麦の秋天海駄菓子をふとつまむ:

« 菖蒲 | トップページ | 時代もの »