« ブログの効用 | トップページ | 俳句テキスト音訳終了 »

2009年6月 2日 (火)

久しぶりに100アクセス超(結い親鸞その2)

「結い 親鸞」の感想を何気なく書いたら、アクセス伸びて、驚いてます。1日で100アクセス超える日が続いてます。こんな事は、将棋のソフトとの対決を書いた、ボナンザ戦以来かな。書いて半日ぐらいは、「結い 親鸞」の検索、グーグルトップで、なかなかいい気分でした。今は3番目。トップが、本願寺のページ。2番目が、作者の小池一夫のページです。一時的にせよ、それより上だったなんて、すごい。今、3番目だというのもすごいし。前にも書いたんだけど、グーグルの順位、どういう基準で決まるんでしょうね。不思議千万。

アクセスのうちには、リモートホスト、nikkeiの方も何人かいらして、関係者の方だろうなとニンマリしました。劇画をあれだけのスペースで載せるのは初めてだから、どんな評判か気になるものね。ネット上での反応、どれぐらい参考にするんだろう。このブログは何も仕込まないで、正直な感想を書いてるけど、仕込もうと思えば、いかようにも仕込めるものね(そんな面倒なことをしても利はないのでやりませんが)。確か、有吉佐和子が、連載小説を打ち切ったことがありました。遊女が主人公の小説で、作者本人の事情と陳謝してたように思います。結い親鸞は、評判がどうであれ、走るしかない。今後の展開を楽しみにします。ちなみに、本願寺のページに載ってたのは、連載の告知でした。何らかの抗議ではと思った私は、全くの早とちりでした。
6月5日追記
有吉佐和子氏の連載小説、途中で打ち切ったのではなく、予定より早めに終了でした。毎日楽しみにしてたのに、思わぬ終わり方をしたので、ガッカリした記憶があって、その辺で思い違いをしたようです。今回の「結い親鸞」の休載で、だんだん思い出しました。失礼しました。

|

« ブログの効用 | トップページ | 俳句テキスト音訳終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45210051

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに100アクセス超(結い親鸞その2):

« ブログの効用 | トップページ | 俳句テキスト音訳終了 »