« スイッチ・オン | トップページ | 勇み足をするところだった »

2009年6月26日 (金)

外国への送金

昨日、銀行で待ってる間に、聞こえてきた話です。少し離れたところに、女性がひとり座ってました。そこに、銀行の上席らしき男性が出て来て、「○○の方ですね。○○国への振込みですが、どんな用向きの振込みですか」と聞いてます。へえ、そんな踏み込んだことを聞くんだ。聞かれた女性は、「○○の研究のために使う○○という材料の代金です」と詳しく答えました(会話の内容は聞き取れたんだけど、一応伏字にしておきます)。ちゃんと答えが返ってきたのに、それからも、何回も聞きなおして、女性も、何度も同じことを言ってました。「これからも送金するんでしょうか」とまで聞いてました。「本部に報告しなきゃいけないものですから」と言訳してたけど、そんなの、客の勝手だと思うけどなあ。どれぐらいの額を送金すると、こんな風にチェックを受けるんだろう。目は週刊誌を追ってたけど、もっぱら、耳の方が働いてました。銀行の人も、何も気にしないで、普通の声量で話してたけど、他の客の耳に入るのはまずいんじゃないでしょうかねえ。

ひと通り話が済んで、終わりかと思ったら、「もう、ボーナスは出ました? ご予定は?」と、そのまま営業に入ってました。外国への送金も頼まない、ボーナスを支給されたようにも見えない私は、何のチェックも、勧誘を受けることもなく、いつもの用事を済ませて帰って来ました。

|

« スイッチ・オン | トップページ | 勇み足をするところだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45451026

この記事へのトラックバック一覧です: 外国への送金:

« スイッチ・オン | トップページ | 勇み足をするところだった »