« 蛇の衣 | トップページ | 本を注文 »

2009年6月21日 (日)

自分用のマニュアルを作ろう

ずっとその傾向はあるのですが、最近とみに、理解力・記憶力が落ちてきました。テープ図書のデジタル化作業、口頭で何回も教えてもらってるんだけど、いまだ呑みこめてません。文書で、マイスタジオのマニュアルを貰ってはいるんだけど、これもすんなりとは頭に入ってこない。デジタル化作業の手順だけを拾い出したマニュアルがほしいなあ。只今、私、ヒマ人間。なければ作ればいいんだ。手順を思い出しながら、自分の言葉で作れば、私にとって、一番わかりやすいマニュアルになるものね。デジタル化作業、途中からアヤフヤなんで、ともかく、わかっているところまでの手順を書き出して、ワードで作り始めました。ワード使うの、何年振りだろ。あらまあ、ワードで書類作るのもおぼつかなくなってる。休みの日に、自分の時間でやってるから、時間かけ放題でもいいようなものの、これが仕事だったら目も当てられない。新しく仕事に就くのは、どだい無理と痛感しました。

何とか、自分のわかってるところまでは形にしたんだけど、CDに焼くところから、もうわかりません。自分のパソコンに入ってないソフトを使ってるんで、今度の作業のときに、教えてもらいながらゆっくりやるしかないな。自分ではわかってると思ってたところでも、二、三、不明なところが出てきました。自分用のマニュアルができれば、「すみません、教えてください」とお願いするのも少なくなると思うんだけど、出来上がるまでは、「すみません」を連発することになりそうです。呑み込みが悪いデジタル部員、お荷物になってる気もするけど、気にせずに、まずはわかりやすいマニュアルを作ってみます。注意力散漫を自覚してるので、注意すべきことを網羅したマニュアルになるはずです。そんな細かなことまで書くのと呆れられるかな。

|

« 蛇の衣 | トップページ | 本を注文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45406954

この記事へのトラックバック一覧です: 自分用のマニュアルを作ろう:

« 蛇の衣 | トップページ | 本を注文 »