« 相互校正 | トップページ | ほんとに不便 »

2009年5月19日 (火)

高遮音性の防音室

たまには威勢のいい話を。今日の日経新聞の記事。ヤマハとNHKが、国内最高の遮音性を備えた防音室を共同開発。六月上旬から販売するとの事です。有効面積6平方メートルで、千四百万ほど。今までの防音室は、設置に1ヶ月ほどかかっていたけれど、これは1週間程度で設置できる。移設も可能だそうです。録音時、周りの騒音にお悩みの向きは、検討していただければ・・・・って、この値段は、勿論、業務用防音室であります。

当地では、数年前に、図書館が新設されました。それに伴って、録音図書部門も、その図書館に移りました。録音室も6ブースあるというので、すごいと思ってたら、隣の声が筒抜け。扉は、いかにもそれっぽいものがついてるけど、壁がすかすか。防音機能はありません。何が録音室なんだ。どうしてこんなものができちゃったのか、もう少し何とかしてくれと頼んだようだけど、検討中なのかどうか、目立った動きはありません。図書館長がお客さまを案内して説明してる事、よくあるけど、ここが録音室ですって言ってるんだろうな。高性能でなくていいから、せめて、録音室と言えるぐらいの隣の声が聞こえない程度の部屋にしてくださいよう。
最初の威勢のいい話に戻ろう。上記の高遮音性の防音室、1号納入は、六月上旬、NHK放送センターだそうです。千四百万余かかった設備から、どんな雑音なしのクリアな音が流れるか楽しみにしてます。

|

« 相互校正 | トップページ | ほんとに不便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45061764

この記事へのトラックバック一覧です: 高遮音性の防音室:

« 相互校正 | トップページ | ほんとに不便 »