« 音訳ソフトで遊ぶ | トップページ | 記憶はアヤフヤ »

2009年5月16日 (土)

大きなお世話だけど

昨夜、途中からですが、森光子の特別番組を見ました。ファンというわけではない。ちょっと意地悪な気持ちから見ました。しばらく前に、滑舌や、話し方に違和感を感じたことがありました。2000回を迎えるという舞台は、どんな出来かなという好奇心からです。
正直な感想を書くのはやめとこう。テレビでちょっと見ただけでは、舞台の出来が判るはずがない。チケット買ってるわけでなし、関係者にしてみれば、大きなお世話だろう。若い頃、「あいつより上手いはずだがなぜ売れぬ」とよんだそうだけど、同業者は、彼女の舞台をどんな風に思ってるんでしょうかね。高いチケット代を出してる客は、マイナスの部分も含めて、全部ひっくるめて、満足して帰るのかな。ずいぶん前だけど、テレビ中継で、「放浪記」見たことあります。今、山本陽子のやってる役を、奈良岡朋子がやってた舞台です。放浪記は、その時の印象で十分です。今の放浪記をみたいとは思いません。杉村春子の「女の一生」は、舞台見ました。もう、結構な年令だったけど、見てた私は若かった。その舞台を今見たら、どう思うのかな。

それにしても、国民栄誉賞を出すかどうかは誰が決めるんだろう。国民栄養賞受賞と聞いても、横目で見てるだけで、誰が貰っても関心はないから、別にどっちでもいいんだけど。今、一応、受賞者一覧を見てきました。やっぱり、どんな選考基準なのか、さっぱりわかりません。

|

« 音訳ソフトで遊ぶ | トップページ | 記憶はアヤフヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/45031917

この記事へのトラックバック一覧です: 大きなお世話だけど:

« 音訳ソフトで遊ぶ | トップページ | 記憶はアヤフヤ »