« 一件落着 | トップページ | 車を買いに行ったら… »

2009年4月 8日 (水)

花待てば花咲けば来る虚子忌かな

タイトルは、NHK俳句四月号・巻頭名句鑑賞に載ってた、深見けん二の句です。今日、4月8日は虚子忌だそうです。こういう句が詠まれる師弟関係もいいなと思います。虚子門の方たちも、もう、お年を召した方が多いんでしょうね。

虚子忌は、別の言い方があるのかな。○○忌、いろいろあるけど、誰が命名するんだろう。関係者か、ファンの人たちか、マスコミなのか、どうなんだろう。誰が名づけるにせよ、年月が経つと、○○忌という言葉だけが生き残るんでしょうね。すぐ、浮かんでくるのは、河童忌、桜桃忌、檸檬忌、菜の花忌、糸瓜忌、これぐらいかな。正岡子規の忌は獺祭忌(だっさいき)ともいうと、最近知りました(いわれを説明しようと思うと長くなります。興味をもたれた向きは、検索してくださいな)。

ところで、タイトルを変換したとき、誤植俳句ができました。
「花待てば花咲けば来る挙式かな」
虚子先生、俳句の出来としては、どんなもんでしょう。

|

« 一件落着 | トップページ | 車を買いに行ったら… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/44602887

この記事へのトラックバック一覧です: 花待てば花咲けば来る虚子忌かな:

« 一件落着 | トップページ | 車を買いに行ったら… »