« 最強への道程 | トップページ | 慶弔会・費用 »

2009年3月29日 (日)

声と耳

今週は3月5週。NHK俳句・短歌ともに、通常の番組ではなく、特集版でした。俳句は「四季の名句」 短歌は「つながる~若き歌人 魂の交流」でした。いづれも、テレビではなく、ラジオの音声で聞きました。今更言うのもなんだけど、アナウンサーの声はちゃんとコントロールされてるんだと思いました。短歌のほうで、歌人と交流のあった方の話が出てきたんだけど、内容が聞き取れない箇所がいくつかありました(私の耳のせいかもしれないけど)。テレビだと、話してるお顔を見るんで、何となくわかるんですよね。

NHK俳句テキストの音訳を年に何回かしています。なんせ俳句のことがわからない素人なので、俳句の番組を出来るだけ見るようにしてます。自分の読みがこれでいいかどうかは尚更わからないので、先だって、録音したテープを大先輩に聞いてもらいました。感想は、「俳句のテキストなんだから、俳句をパンと読まなきゃいけないのに、あなたのは、俳句より、評の方が目立った読みをしてる」といわれました。俳句はゆっくり目で、そのあと、評を普通の速さで読むんでそういう感じになるのかな。今度の担当までにはしばらく時間があるので、試行錯誤してみます。内容がちゃんと届く読みと、読みについて適確な判断が出来る耳が手に入るといいんですけどね。

|

« 最強への道程 | トップページ | 慶弔会・費用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/44498574

この記事へのトラックバック一覧です: 声と耳:

« 最強への道程 | トップページ | 慶弔会・費用 »