« 生活のリズム | トップページ | 現場検証 »

2009年3月24日 (火)

テープダビング

同期の人が、句集を音訳すべく、登録しました。試聴してもらったらいろいろ注意を受けて、悪戦苦闘している様子。「NHK俳句の番組を録音したテープがあるけど聞く?」と声をかけたら、貸して貸してということになりました。30分番組なので、何本か聞くと、面白いことは面白いんだけど、かなりの時間を使うことになりまです。2本分だけはそのまま渡すとして、あとは俳句を読んでるところだけ、ダビングする事にしました。自分のやってる蔵書もなかなか前に進まないのに、人様の心配をしてるときではないんだけね。お節介オバサンになってます。

でも、番組をテレビを見てるときと、録音したのを耳だけで聞くのと、別の番組みたいです。いかに目から入る情報の比率が多いかということですね。入選句、活字で出るので、アナウンサーの声より先に視覚で捉えます。耳からの情報が後追いになります。録音したのを聞くと、こんなにくっきりはっきり、句を読んでたんと再認識しました。目で見てると、スタジオに飾ってある花とか、選者やゲストの服装とか、いろいろ目は動くから、どうしても散漫になる部分はあるしね。

同期の方、句集なんで、90分テープ1本にゆうに収まるんだけど、大変だろうな。私の方は小説。テープ換算にすると、3本終わったくらい。1冊の半分をちょっと越したぐらいです。さて、早く完成するのはどっちだろ。

|

« 生活のリズム | トップページ | 現場検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/44450977

この記事へのトラックバック一覧です: テープダビング:

« 生活のリズム | トップページ | 現場検証 »