« 声と耳 | トップページ | 新聞変更 »

2009年3月30日 (月)

慶弔会・費用

しばらく前にご住職が亡くなり、昨日は慶弔会でした。午前中が新住職の入山式、午後が葬儀。初めの予定では、費用は3千万を超えるものだったとか。「このご時勢に、檀家でその費用を全額持つなんてとんでもない!」 いえ、私が言ってるのではなく、護持会会長からきた文書にあった言葉です。いろいろ話し合いが持たれて、費用は6掛けぐらいに収まったようですが、しかるべき金額の割り当てが、檀家に来ました。払い込み用紙が来て、何日までに振り込んでくださいという方式です。お寺さんはこういう方式を取れるんだ。葬儀のあとの香典の集計を何回かやったけど、大変な作業でした。いずれ、不祝儀はあるんだから、お寺さんに倣いたいところだけど、普通の家では、この方式は無理だなあ。お寺さんの方式を檀家が取れないというのは、摩訶不思議です。

振込の額は、位によって、金額が示されてました。檀家の位というのは何なんでしょうね。この際、位を下げてほしいという要望も、何軒かあったようです。確かに結構な金額でした。今のところ、そういう費用は母上が出すので気にしないけど、こんなに包むんだという額でした。こんなことを書くと、お寺さんを大事に思ってないのがばれてしまうけど。お寺には良く行くし、お花が枯れてたら気になるけど、自分の時は、海に撒いてほしいとお願いしてます。別に海じゃなく、山でもいいんだけどね。海や山に撒かなくても、もっと簡単で費用のかからないな方法もあるんだけど、話が直接的なほうに行きそうだからやめときます。昨日は引出物もありました。慶弔会や引出物について正直な感想を書くのもやめとこう。不謹慎なことを沢山書きそうです。

|

« 声と耳 | トップページ | 新聞変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/44506340

この記事へのトラックバック一覧です: 慶弔会・費用:

« 声と耳 | トップページ | 新聞変更 »