« 収支勘定 | トップページ | のんびり時間 »

2009年2月12日 (木)

面白いの・面白くないの

芥川賞受賞作の「ポストスライムの舟」、読み始めた時は、とっつきやすそうな文章と思ったんだけど、読み進むうちに、どこが面白いんだろうと思い、読んでました。やっぱり、芥川賞とは相性が悪いみたいです。選評読むと、とても褒めてあるから、私にはわからないってことなんでしょうね。今年の、「悼む人」、「利休にたずねよ」はどんな作品か知らないけど、毎年、直木賞受賞作のほうが面白く読めます。そういいながら芥川賞受賞作が載ってる文藝春秋を買ってるのは、文藝春秋の仕掛けについうかうかと乗ってるってことだなあ。

先日の中日新聞のコラムに、毎年、誕生日に本を1冊買うことに決めてるという記事がありました。それをズラッと並べると、その年、その年のことが浮かんでくるそうな。この一年、誕生日にいちばん近い日に私が買ったのは、立川談春の「赤めだか」です。とても面白かった。一気に読みました。かといって、この一年が赤めだかでくくられても困るけど。「赤めだか」を読んだのに、肝心の談春の落語を一度も聞いたことがないなあ。談春が、小さん、米朝に教えてもらったというふたつの落語を聞きたいもんです。いや、それより、談志が「俺より良かった」と言った「包丁」を聞きたいなあ(赤めだか、友達に貸してしまい手許にないので、細かなところで間違いがあったらごめんなさい)。「赤めだか」はとても面白かったけど、談春の落語と赤めだかを比べると、さて、どちらが面白いんでありましょうや。

|

« 収支勘定 | トップページ | のんびり時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/44039191

この記事へのトラックバック一覧です: 面白いの・面白くないの:

« 収支勘定 | トップページ | のんびり時間 »